胸の煙 – ずっと真夜中でいいのに。

もう若干ジェラ付き
指の中 生乾きsmoky cloudy
縺れていって 大好き
口の中 仲直りpinkie promise

どうして 予定調和に過ぎない無意味たち
君は知ってる。
こうして 指に触れては よじれてく熱も

確かに きっと不確かに
すぐ乱れていった
報われた 大袈裟なくらいじゃ
ありのまま 惨めな解放だ
辛いより もっと辛いより
すぐ堕ちていった
抱きしめて 喚いて
鳴いたりはしなくなっても
静かな波だわ waaaaa

もう辛さに集中 入り込める
気持ちよく 中止準備
もし振られてた想定 入り込める
出会った瞬間に している

煙撒いてくる 待って
唯一話せる デリバリー
とっくに溶けるように
頭に浮かぶまま
在り来たりなの 待って
言い換えたキスならヘルシー
とっくに溶けるように
胸の奥砕いて

どうして 予定調和に過ぎない無意味たち
君は知ってる。
こうして 口に含んでは誰も選べない

確かに きっと不確かに
すぐ乱れていった
報われた 大袈裟なくらいじゃ
ありのまま 惨めな解放だ
辛いより もっと辛いより
すぐ堕ちていった
抱きしめて 喚いて
鳴いたりはしなくなっても
静かな波だわ

どんな自堕落も 乗りこなせる
しっかり真面目に 苦しんだけど
割り切ったり でも求めたり
続ける範囲内じゃ 壊せない
声を発するまで 精一杯で
始められない

確かに きっと不確かに
すぐ乱れていった
報われた 大袈裟なくらいじゃ
ありのまま 惨めな解放だ
辛いより もっと辛いより
すぐ堕ちていった
透明で冷たくて
見透かされてばかりだけど
暖かい涙は
楽しめてゆくから