苺色夏花火 – すとぷり

花火が夜を照らした
また来年も君といられるかな

(3、2、1、はい!)

鍵かけて閉じてた退屈な日々それが日常だった
その声が姿が連れ出したんだ簡単に鍵壊して
がんばろうだなんて小さな言葉でも
君の言葉が光をくれた
大事な日も
くだらない日も
同じ景色を
見させて欲しい

初めて 隣で見た 空に咲く花
大きな音 びっくりして 笑う
はしゃぐ君の その笑顔に
目を奪われちゃってどうしよう
伝えたい すきの気持ちを

毎日が
全部が
うまくいくとか
そんなことはないけど。

君の 知りたい 景色をその 近くでさ
同じ気持ちで 見たいな だから
向かい風も
ガタガタ道も
手を離さずに
歩きたいよ

飽きることのない景色
またきみと見ることができた
全てが愛おしくて  胸の音がうるさくて
花火の音も 周りの声も
もう遠くて わからない

「隣で笑い合って」
「隣で泣いたりして」
「たまには喧嘩もして」
「でも仲直り」
「隣でまた来年も」
「隣であの景色を」
聞こえないように呟いた

さいごの大花火 釘付けになる
その横顔 ずっと忘れたくない
照れくさくて言えなかった
花火の音に掻き消されるよに
ただそっと そっと声にした

「愛してる」
ずっと君の隣で