FREAKS – じん

ずっと見ていた 東の空に浮かんだ 何かを
泣いていた夜を 笑わせるみたいに 照らした姿を

僕は憧れる 「あの太陽みたいな 人気者になりたいんだ」と

現実はどうか 醜い姿に 湧いたアイロニー
開幕ブザーを 蹴飛ばすように 声が響いていく

「お集まりの皆様! 今夜も不気味な友達に会いたいんでしょう?」

大失敗をした カミサマは 「ごめんなさい」もしないで
知らんぷりしてるんだから ひどい話だよな

今晩もまた 安い嘘で 飾られたステージで
迷ったまま歌った

シャレにならないよな

虚しくって泣いた この気分はなんだい
醜い声 振り絞って 僕は問いかける

揺れる太陽は 一層 この目を焦がして
何者にもなれない僕を 笑う

今日も見ていた 鏡の奥の歪んだ姿を
「失敗だな」って 「金にならない」って 言われた姿を

僕は諦める 「あの太陽はきっと 一生届かないんだ」と

大失敗をした 大人たちは 「ごめんなさい」もしないで
気づいたら居なくなっていた ずるいもんだよな

わかっているのに なぜ僕は 誰もいないステージを
眺めたまま ずっと ここにいるのかな

悔しくって泣いた この気分はなんだい
醜さを呪ったって 答えは一緒さ

暮れる太陽は 一層 心を焦がして
何者にもなれない日々を 責め立てる

大失敗のステージの隅に 君が立っていた
ゴミになったチケットを 握りしめていた

「なんで 続きをしないの?」と 君が笑って言うまで
気づかなかったなんて シャレにならないよな

歌いながら泣いた この気分はなんだい
醜い声 張り上げる 不細工なまま

死ねないなら いっそ その手を掴んで
何者にもなれない僕の

輝き続ける嘘の 向こう側まで

連れて行ってしまおう

きっと 続いていくんだろう
僕の呪いを 君が「希望」と 呼ぶのなら

コメントを残す