虹周走 – ジン

星達が光と共に消え始める
見上げた空には ひとすじの風
草が舞う 花が笑う

そこで微かに泣いていたのか
僕は立ち止まり手をかざした
瞳に映る彩色の物語を…

途絶えた心と言葉の光を探し
虹の弧を描く
空の唄 言の葉
身近な感動
そして、生まれ変わる。
今、ここで。

人の声が放つ一つの答え
悩んで泣いて 笑って歩いて
見つけてく

そこで確かに泣いていたのか
僕は かすむ空と声の叫びを聞き
消えた感情の物語を…

虹にかかる最初の形を見て思う
確かな心
手の中で消えてった最後の意味を
僕が、この手で創る。
曲がらぬ音を—

そこで確かに咲いていたのか
手に育つ命の証に応えたいよ
道無き道を歩む人々は…

伝えた未来と言葉のカケラを握り
虹の弧を描く
青の唄 言の葉
そしてこの感動

きっと、
走り続ける。

この空を、
飛ぶ。

虹の唄を

僕は唄う。

コメントを残す