消えろ – じん

さよならを言った 今日が最後だ
首を絞めるようなこと ばっかりした

間違った気がした 寒気がした
僕を呪う声が リフレインした

「嫌だ」

まるで映画の ワンシーンみたいだな
死んだような空に 恋い焦がれていた

そうやって手を伸ばして 空を掴んでは
壮観なビルの上 街を舐める

あぁ 僕らは 綺麗じゃないのに
汚れ方を知ってる フリだけして

殴られ 奪われ 諦めながら
悟ったような 笑みで

さよならを言った 今日が最後だ
痛がりな僕を 殺してみせた

間違った気がした 吐き気がした
冷たく呪う声が リフレインした

うるさい
うるさい
うるさい
うるさい

誰だ 誰だ

消えろ

飾って 騙って 見放して 奪い取る
疑って 嫌って 望んで 愛を乞う

変わって 染まって 歪んで 荒んでいく
呪って 呪って 呪って 思い出す

あぁ 僕らは いつになったら
痛みを 失くしてしまえるのだろう

収まらない吐き気を 流し込みながら
笑うだけの 日々に

また今日も死んだ 真っ逆さまだ
沈痛なエンドロールが 様になってた

「死にたくて 死んだわけじゃないんだ」と
胸の奥の方から 痛みがした まだ

あぁ 僕らは なんだって何度も
心を殺して 済ますのだろう

死んだような青空 壮観なビルの上
ラストシーンの中で

さよならがずっと 言えなかった
初めっから僕は 飛べなかった

生かされた気がした 吐き気がした
優しく呪う声が リフレインした

消したい
消したい
消したい
消せない

なぜだ なぜだ なぜだ

誰だ 誰だ

消えろ

コメントを残す