言葉と音の波間に耳を傾けながら 君のアイデアが僕に溶けるのさ 意識が交わり繋がれば立体的な夢心地に ふたりの中に広がる世界で未来が跳ねて空を舞う 僕達だけのSurround Island
あぶないほどにはしゃいでるよ閃きが青い空もおどらせて胸を鳴らしはじけた 陽射のように照らしてるよ微笑みが白いヤミを吹き飛ばしときめく波が押しょせる きみのNEW AGEな魅力がぼくの心ぬりかえた言葉が追いつけないほどの美しさで まるで流星だ燦然と一直線につらぬいたあたらしい恋たかまる世界へ とまらない思い勘違いの逃げ水も蒸発させてしまうくらいのぼせてるよ灼熱さ いままでのパラダイムプラスティックな戦略も古い地
ワクワクすること刺激的キラキラとかすめたしたり顔のきみが僕のほうふりむいた 彼女のあたまのなかで咲きほこる花園を僕のあたまのなかに送りこんでおくれよ!!!!! たたた、たったふたりだけの素敵な景色を浮かべてもまわりの誰にも知れない 僕らの楽園は 彼女の愛にあふれた色彩がのびあがって僕のあたまのなかでパレードをはじめてる!!!!! (((IMAGINATION)))は・じ・け・と・ん・だ・ (((IMAGINA
夜景のなか一片の青い空が落ちてきたんだ 誰にも掠めとれないほどのはじまりがきみへとめがけておりてくる 淑やかなきみの指先が晴天のかけらにふれたとき ぼくらの未来は電光石火で煌こうと放ちだしたんだ Signal Signal 鳴らすふたりは Dancing Lights Sing Night めぐるふたりの Physical Physical あふれるようなあつい年月で ゆらぐデジタルの泡水平線のぼるネオンの太陽まるで踊るニュー
あなた 右脳から心臓へ迸る閃きからほのかにうまれた希望の泡沫が波をうつくちびるに貼りついたまま放たれない言葉ゆびさきに止まったまま飛びたてない決意動かすのは老若男女たとえ歳をかさねていったとしても消えない若々しいそのNew Age あなたを色めかせたあのときの音楽が映画が絵画が文学の面影が琴線だあのときの感触がスパークすれば琴線の付箋は呼応して希望の泡沫をふくらませてゆく全身に染みわたるこのシーケンスが
てか、ボ..クらは..住みなれたこの街から移..動..するしか..ないこともないがたったひとり..きみのためだったらど..こにでも..いくよソウルミュージックさながら BOYSみたいにとっぽい帽子が てか、さっ..きまで..きみがキスでとどけたドッ..キリみたいな..あの濃厚な味がの..どぼとけで..ほろ苦くなってて残..酷な..味だソウルミュージック悪魔だ BOYSみたいに いしきつなげたら あたりかまわ
放課後のような街角を泳ぐネオンテトラだろぼくらは 四、五年前なら語れた希望も背広の前では儚げさ にしても ねたましいほどに気にしないきみはまだまっすぐ白いキャンバスに筆を走らせる 「芸術が人生にビジネスを迫ったらあなたはおりるべきよ」とそんなこというなんて 悲しいよ きみはぼくがまるでメフィストと契約したかのように冗談交じりで責め立てるけど きみのその瞳 その口許に宿る美しさの前じゃ誰だってすべてささげたくなる
最近はね、どうなんだろ?きみの心読み込めなくて頭ん中のハムスターがただ空回りしてるだけなんだ浮かれちまった悲しみにぼくらの青春は一瞬でまみれた 来週のね、わかればなしぼくの誕生日も近いよね恥ずかしげに手渡されたオーダーメイドの腕時計が先週に部屋から消えたのはこんなぼくらから逃げだしたのかもねでもね今も未練がましくテレパス送ってるのさ アイラビューそれはやっぱりきみにだけ知られずに空中分解して風に溶けて
たらした汗も溶けてくアイスクリームも落ちてくぼくの心もすべてきみの半径1mで起きた夏の出来事さ これから他人同士としてふたり季節をこえるつよさを探さないと給水塔の影のように長く遠くきみがはなれてゆくから もうふたりの足元から透けるように半径1mの夏が消えてなくなったそしてふたりはおたがいを知らぬころの半径1mの夏を歩いた
いま、唇からもれた聞こえないほどの呪文驚いたのは誰よりもそれを唱えたきみだろう 途ぎれるわかれの水際に魔法終わらせたくなくて「わすれて」とあわてるきみを思わず抱きしめたのは やさしさのなか愛しさがまざってぼくを泳がせた帰りたくないふたり想いを込めて夏の星座へ つなぐ手に通わせたこころの奥底はせつなさを羽ばたかせことばをつのらせてる さあ飛びたて白鳥よ夜空へ ふれた手の約束をこころの奥底にせつなさを散りばめた
Hocus Pocusさよならするならもう沁みることばを投げあうのはやめておこうよセンチメンタルなフレーズにぼくらはいつも弱いんだから Hocus Pocusさよならするならもう沁みる傷口なめあうのはやめておこうよセンチメンタルなフレーズはぼくらをつなぐ呪文なんだからさ 今日で何回目だよこんなムードになってるのは 「これだけは言わせて」とそれが口癖になってきてる せっかくおしゃれにきめたのにふしぎなメロディた
裸足のままで熱い地面に飛び上がる様この場所へ駆けて来い 君からもれる体の呼吸全て笑い声の様に見えた ひらひらゆれるシャツからのぞく生きた素肌が眩しくて見れないよ どこに いても 考えてる 辿り着いたらここで溶け合おう 甘い時間を掴みキスをしよう 何時もなら恥ずかしい時間が二人に味方する 信じられない二人にサマータイマーは味方する小さく弾んだ世界がテントのように広がって 飛び込んだ僕らまきこんだ 二人が押したサマータイマ
ジュジュジュジュには何も分からない 世界がこの手をこぼれていくたび心がちょっと痛むだけさ ジュジュジュジュとはうまく踊れない 世界はいつも君を振り向かずにすっと通りすぎてくだけさ 君がいない ジュジュジュジュには何も聴こえない 世界がこのまま眠り続けても心はちょっと痛いままさ ジュジュジュジュにはうまく話せない 世界がこのまままわり続けても心はちょっと痛いままさ 君がいない ジュジュジュジュには二度と悲しましたりしな
君が夜を呼べば空に月が灯り暗い夜の街で耳を研ぎ澄ました 人をかき分けて網をくぐり抜け見果てぬその夢に君の手を引いてく RIDE ON そうまさに読みかけの小説を目の前に広げた様飛び出しそうな心目と目を合わせながら じれったい 見えっぱり捨てたいと頷き越えたい夜のライン二人の足が 飛び越えて塗りかえた足音を響かせて Knock Out 「導いておくれ夜のライン」 まるで未来模様ネオンもぎりとってカラフルなデコレーション
降り出した雨が建物を叩き騒がしさを増して音の壁を作る その静寂の最中君は胸の中の駅を僕に挿して距離をからませる 気まぐれなほど今にも走りそうな二人だけのゲージ向かったり外れたり行き交う 時折夜を覗かせて君はシルエットになる その時耳を澄ましても僕の影はひとつだけ そう、降りだした雨が再びからませる二人だけのゲージ向かったり外れたり 気まぐれなほど今にも走りそうな二人だけのゲージ向かったり外れたり行き交う
君の目にうつる夏は何時も広く晴れわたり眩しく射すかげろうを僕の胸に焼きつけた そう オーライ足もと伸びる影がアスファルトで揺れてらキラリとひかり浴びた君の顔が笑えば 夏のにおいにそそのかされてゆく オーライあたたまったからだを水を浴びせ冷やしてリディムの音にあわせ君の声が歌えば 夏のかおりにそそのかされてゆく あまい陽ざしに呑みこまれ夢みる 君の目にうつる夏は何時も広く晴れわたり眩しく射すかげろうを僕の胸に焼き
ベランダからよく見える建設途中のビルは反響して音を立て胸を蒸し暑くする ゆれ動く蜃気楼はまるで今の心模様目を閉じて思い出しぼくらは過去をたどる あの日の1ページふたりのストーリーはお互いのノイズが邪魔でフキダシが余白のままさ そんな曖昧模糊じゃ次のシーンめくってもパラレルワールド生じぼくらは離れてく 必死に記憶を掘り下げて解像度上げていってもあの時目を逸らしてて真実が見えてこない 思い出は落書きの様輪郭を捉
届かぬ距離を込めたあきらめをマフラーで隠した唇が唱えれば転がる時空の壁をすり抜けて瞬間移動で僕は会いに行くよ だなんて言葉の先に君は魔法を見る程の日々さ やるせない姿に手を伸ばし君の刹那にテレポーテーションしても 僕らのセンチメンタルな強がりは何時までも噛み合わず何時もあと少しの所で冬の寒空が巻き上げてゆくだけなんだ 君の心が光の速さで消える前に僕は冬の刹那にテレポーテーションして取り戻すのさ うつろう季節
真夜中にふと、ひとり君への思いに耽る この先も君を幸せに出来るかと 二人が合わせた息の数を刻んだ深い溝にそっと大切に針を落とせば隠れてた君の魅力が鳴り出した 君を喜ばせる事を忘れず… とてもシンプルな話だがこれが難しい目標なんだ 二人が重ねた年の数を刻んだ深い溝にそっと大切に針を落とす事を思い出し僕はレコード鳴らすのさ 君と笑い明かす日々を続ける… とてもシンプルな話だがこれが難しい人生
あぁ、泣き空を君が駆けてけば虹を掲げにさぁ、降り出そう僕のスコール あぁ、青空を虹が架けてけば君を眺めにさぁ、飛び出そう僕のスコープ てりかえしうつしだす七色の彩りは浮かれ咲き乱れ落ち僕達の街に届く 待ってたような気がするかつてない事だから待ってたこの街に明後日が降りそそぐ
ダブついたままの青春がいつの日も恋を急かすから齧りつきたいよ毒々しい甘い添加物のSyrupさえにも Candy Says“刺激を荒だてて” 知覚過敏なきみの肌が赤い添加物を纏って淡い邪な陽炎を砂嵐のなか躍らせた “声も出せないほどの冷たい深海に連れこんで” なんてさ ぼくに言うなんてきみはいかれてる ギラついた眼男がいつの日も心を砕くから現実に毎夜なぶられて甘い添加物に手をのばすきみは Candy Says“一秒抱
とめどなく溢れることばのせいだろきみの思考回路にできないConnect間違いの接近はすれ違いざまに濡れて使えないCardをぼくにScanするから 感電さ完全な停電で回路が消滅さ 喧騒のあと静寂がおとずれていつも絶望さ たどれない幾千ものきみと交わしたことばの裏にかくれた少年たち とめどなく流れる感情のせいだよきみの心象風景がにごってゆくのはじまりの点滅は赤い信号とともに朽ちて使えないCardがきみにSca
朝焼けの藍色を指先でつまんで除きEndless Redに変えた君とはまだ終われない 暗がりのPin Hall月明かりは照らすつま先でたおす抑圧のPin Heel まるで誇らしげに軸足はずれずRhythmは忘れずにね静寂で踊るのさ ぼくらいまもそういまも極極のFittingがRuleで言論すらTuneの息づかいとぎれとぎれ とぎれずに 飲み干してとFailな愛を注がれて大丈夫よとFakeな愛を注がれて 絶望が待ってる
とめられないんだ とめどなくあふれて狂う きみのわがままの美しさにぼくは三秒間だけ (Stop motion…) 見惚れていたんだ それは秘密の話さ今となっては ぼくらは理屈によって色気を奪われてしまったそんなぼくらの横を後ろから全速力で追い越してゆくSpring Boardに向かったきみにぼくらは一生くたばりながら見惚れているんだろう それは秘密の話さ今となっては
「場違いなせりふだってよ…きみのことばが」 「ゆく波くる波荒波だってよ…世間はさ」 はじらいながらのYesが好きだってよ男はさ」 「自由にも節度がいるんだってよ世間はさ」 …心そこにあらず、そりゃそうさ …心そこにあらず、そりゃそうさだってさ Hibiscusの色に誓いをたてたら Hibiscusのように愛しあうふたりは いまもひまもいきもできないくらいに無限夢中のなかで Hibiscusの色に誓いをたてたら Hib
うむ、Lady押し寄せてる広げたてのひらにChance到来運命が引き寄せてる群がる街角にChance到来 ギクシャ、クしてた天気模様あっけらかんに晴れあがるよそいきの帽子かぶってんのに頬杖ついてひとり窓際 誰彼か待ってんの?眺めてばっか窓の外ふわりと浮かぶシャボン玉がきみの指先とまった刹那 ぱちんと弾けはじまりのReturn key押したら“出番です”Be BopのBeatがきみの服にFlamingo色の夏
発育している途中だと信じてたひみつの隠れ家だとも思ってた 木漏れ日はいつも瞬間でふたりの間すりぬけてくそのときにかぎっておたがい背中をむけてみてなかったり もう一度木漏れ日をまってすごしてるもう二度と瞬間なんてさ一度きり 永遠のはてに手がのびたとききみの顔が歪んでみえた時間にさらわれ輪郭となり思い出にとけて湾曲した どちらかが言いださないかぎりどちらもここで終わってしまうTime Capsuleの亀裂からS
梔のままぼくら沈んでく 「見知らぬままがよかったのかしら」ってそれはないよ またこれだはじまりに突然襲われておわりが忽然と連れさった貝殻となったことばだけ乾いた砂上に残したまま耳元にあててせがんでも潮騒の影もきこえない熟しても 残酷さ 思いの泡はひらかなくて “You need to get out of the wer words,to surface from that dripping wet
乾ききった風が荒れた喉かきむしってPocketのなかの焦燥に「この先で待ってるわ」と書き残す 涙ひとつ飲みこんで荒れた喉を潤してPocketのなかの約束に「その先でかならず」と握り締め もういつも思い出して “So, I just called for your name many times”せめてきみの寝顔を “I read over your email many