あの頃 – さよならポニーテール

あの頃と言えば
ぼくらの中で起こることだけが
世界のすべてだったよ

きみが笑えば ぼくも笑った
でもね肝心なことは言えないままで

きみが願うことのすべてを叶えてあげたいんだ
その笑顔がぼくの光だから
みんなで騒いでても横目で見てたんだよ
気付いて欲しかったのにさ
目が合えばごまかした
なんでだろう…

夢みたいなことを
朝まで語ればそれだけでもう
手にした気分になれたよ

青い空へと つづく坂道
まるで明日をつかむような気分で走った

描く未来のなか隣にいつもきみがいるんだ
人はひとりきりじゃ弱いから
きみがいる毎日があたり前だったから
いつか離れてしまうなんて
想像もしなかった
昨日まで…

誰もが大人になる
季節は巡り
離ればなれに旅立つ
いつまでも手をふりつづけたよ

きみが願うことのすべてを叶えてあげたいんだ
その笑顔がぼくの光だから
みんなで騒いでても横目で見てたんだよ
気付いて欲しかったのにさ
目が合えばごまかした
なんでだろう… なんでだろう…

コメントを残す