タカラモノ – さなり

きらきらりと輝いてた
ありふれてる気持ちでいっぱいだ

景色が変わって見えた
何かが生まれ何かが消えた
知らなかったとしか言えないよ
インパクト 消えないよ
理屈抜き 説明なんて無理
ただ好きなんだカスタードプディング
みたいな話 君が○○
また言えないか「月がキレイだ」
掴めそうで掴めない 夢の向こう
すごくすごく 積もる思い
僕の持つ言葉が足りなくなるくらい
伝えたいことがあって
ちょっと困って また黙って
当たり前なのに当たり前じゃない気持ち届けたくて

たったひとつ言えないタカラモノをみつけたんだ
夢をのせた君は

きらきらりと輝いてた
ありふれてる気持ちでいっぱいだ
僕のことももっと
好きになったような気がしたんだ

暗闇の中の空で
今だけの夢を乗せて
向かっていくんだ

かわりなんてないことは確か
「絶対に」なんて言葉足した
「永遠なんてない」大人たちが
言ったって僕は笑い飛ばした
悲しみのないストーリー
書けなくなった日曜日
穴の空いた日常に
あの時の君の笑顔 流れ込む

与えてくれていて いつのまにか消えた
僕のいっぱいのあの時の思いが
寂しさを笑って 会いたいを隠したんだ
忘れる前にさよならしないで

ありふれた気持ちが 気づかない内に顔を出した
僕の心もそっと

きらきらりと輝いてた
ありふれてる気持ちでいっぱいだ
僕のことももっと
好きになったような気がしたんだ
ねぇ流れてくる音の中で
また探している
砂にならないように そっと
星に願いを込めて

暗闇の中の空で
今だけの夢を乗せて
向かっていくんだ

憂鬱も焦燥も時が戻してくれる?
それも青に焦がして

ゆらゆらりと揺れる心を捨て伝えよう
気持ちは一つしかない
君のことももっと
好きになったような

きらきらりと輝いてた
ありふれてる気持ちでいっぱいだ
僕のことももっと
好きになったような気がしたんだ

暗闇の中の空で
今だけの夢を乗せて
向かっていくんだ