長崎BREEZE – さだまさし

路面電車の窓から
想い出が風の様に おだやかに吹いてくる
海風を孕んだ あじさい色の空
君を愛して過ごしたこの町

停車場を幾つか数えて
やがてゆるやかなカーブ かすかに車輪が軋んで
気づかぬうちにポイントを乗り換えていた
あの時もあとで乗り違えたことに気づいた

長崎BREEZE 優しすぎる風が
長崎BREEZE あの日も吹いていた

沖をゆく船の窓のきらめきに
軽いめまいを感じ
最后の言葉をききとれなかった

待たせるのはいつでも僕で
南山手坂の途中 赤煉瓦の小さな店
ステンドグラスの窓辺で君はいつも微笑んだ
来ると信じた人を待つなら辛くないわ

お互いの愛の形が
本当は初めから少しだけ違っていたんだろう
丁度子供がシャツの釦のひとつ目を違えて
最后になって気づく様にね

長崎BREEZE 待ち疲れるなんて
長崎BREEZE 思いもしなかった

喜びと悲しみは隣あわせ
愛と憎しみは背中あわせ
そんなことにも気づかずにいたあの頃

長崎BREEZE 過ぎ去った季節は
長崎BREEZE 全てが美しい

君に良く似た子供の手を引いた
君に良く似たひとと
坂道で今すれ違った

長崎BREEZE 優しすぎる風が
長崎BREEZE あの日も吹いていた

コメントを残す