銀河鉄道の夜 – さだまさし

ふるさとを遠く離れ
振り返る幼き日々
遙かに霞む島影
懐かしき我が家

いつかまた巡り会える
恋し友よ初恋よ
老いしこの胸の果ての
忘れがたき人

星空を覚えている
降りしきる銀河の音
ほんとうのさいわいは
どこにあるのだろう

ふるさとは記憶の果て
微かに綻びつあり
なれど思い出は尽きぬ
銀河鉄道の夜

いつかまた巡り会える
恋し友よ初恋よ
老いしこの胸の果ての
忘れがたき人

小さく君の名を呼ぶ
既に君は韃靼の
地平に沈む夕日に
巡り会えただろうか

ふるさとは記憶の果て
微かに綻びつあり
なれど思い出は尽きぬ
銀河鉄道の夜