桐の花 – さだまさし

鈍色の空を 低く飛ぶ鳥が
短く啼いてゆきます 真昼の雨
遠くで季節のかわりゆく音を
独りきり聴いている午后
手紙を書きます 少しつらいです
離れて暮らしてる あなたが見えない
私元気です 本当は嘘です
書けない言葉を 読んでください

咲いてよいのか 枯れてよいのかわからない
うらみがましい文字になるのがやるせない
窓の外 宙高く 音もなく 桐の花

浅薄な色に やせてゆく心
あなたにはけして 見せたくない顔で
カステラの色に 珈琲の湯気に
いらだつ自分がせつない
例えばあなたに 裁かれるのなら
疑いもせずに うなずけるはずです
忘れていいです 今のは嘘です
抱きしめてください 嘘でもいいから

待てというなら 二千年でも待ちましょう
去れというなら 夕暮れ迄に消えましょう
ひとことで かまわない 返事を ください

咲けというなら 二千年でも咲きましょう
散れというなら 夕暮れ迄に散りましょう
窓の外 宙高く 音もなく 桐の花

コメントを残す