僕にまかせてください — さだまさし

きみはその手に花をかかえて
急な坂道(さか)をのぼる
僕の手には 小さな水おけ
きみのあとにつづく
きみのかあさんが眠っている
ささやかな石のまわり
草をつみながら振り返ると
泣き虫のきみがいた

両手をあわせたかたわらで
揺れてるれんげ草
あなたの大事な人を僕に
まかせてください

きみがとても大切にしてた
藤色のお手玉
あれは昔きみのかあさんが
作ってくれたもの
そして僕が大切にしてる
日だまりのような人
それもそっと きみのかあさんが
残してくれたもの

集めた落ち葉に火をつけて
きみはぽつりとありがとう
彼岸過ぎたら 僕の部屋も
あたたかくなる

両手をあわせたかたわらで
揺れてるれんげ草
あなたの大事な人を僕に
まかせてください