上海小夜曲 – さだまさし

ひとり来た思い出の上海
今もなお きみを想う
黄昏 行き交う見知らぬ女
どこかきみに似ていた

街路樹に さざめく風
肩寄せて歩くふたり
水面に映る灯り
すべて夜霧に消えゆく

生命さえ重ねた恋はもしや 嘘かと問えば
去りゆくは人の運命と ふと汽笛が鳴る

コメントを残す