おむすびクリスマス – さだまさし

君はもう忘れてしまったかしら
二人だけのクリスマス・イヴ
あの頃僕等 お互いの愛のほか
何も持たなかった

それでも僕等は精一杯に
生きようとしてたね
ケーキのかわりに君がこさえた
おむすびの塩が胸にしみた

おむすびクリスマス 忘れない
笑い乍ら 泣いていた君を
おむすびクリスマス 本当は
とても幸せだったと あとで気づいた

あれからいくつもの年を重ね
別々の人生
それぞれがそれぞれの愛に包まれ
迎えているクリスマス・イヴ

ひとりでおむすびをほおばる僕を
とても不思議そうに
みつめる小さな瞳にいつか話して
やる日が来るかしら

おむすびクリスマス 忘れない
笑い乍ら 泣いていた君を
おむすびクリスマス 本当は
とても幸せだったと あとで気づいた

コメントを残す