裸足の妖精 – さかいゆう

シャワーでは落ちない アザのようなヨゴレ
毒になってカラダ巡ってく 悪意のない言葉たち

在り来たりな不幸 たぶんちょっとした不幸
夜がどんどん大きくするから またソーダ水で薄めた

サイレンス 君のサイレンス 愛のサイエンスかも

君は裸足の妖精 心に忍び込んだ
理由を言いたくない 僕の涙に
そっとキスをしてくれた

瞳で好きと言う 呼吸で傷を癒す
君はまさしく僕の救世主 言葉一つ飲み込んだ

サイレンス 僕もサイレンス 手を握るだけで

僕は裸の王様にもなれない臆病者
逆毛を立ててしまう 僕の背中に
そっと頷いてくれた

君に触れるほど抜けてく 心の棘が ほら

君は裸足の妖精 心に忍び込んだ
理由を言いたくない 僕の僕の涙に
そっとキスをしてくれた
そっとキスをしてくれた