Monopolize – ころん

裸足で佇む水際の温度に
絡まる想いがまた熱を帯びてく

迷う故に持て余した
感情の間から
覗く僕の悲しみさえ
抱きしめてしまえたら

そっと優しく刺す様に
何度も胸を貫いた
痛みの声を知りたくて
君へと手を伸ばす

例えば誰かが消えてしまうとして
最後の想いに何を言えば良いでしょう

当たり前を通り過ぎて
見ていない振りをして
伝い落ちる真実さえ
誤魔化してきたのかな

確かに残る後悔が
何度も君の名を呼んで
閉じた世界の正しさと
生きる意味を探す

苦しくなるのが恋であるなら
僕はそれで構わないから
溢れ出すこの涙もまた
愛しいと思えますように

そっと優しく刺す様に
何度も胸を貫いた
痛みの声を知りたくて
僕は僕になった

ただ一言を懸命に
心の臓から叫ぶんだ
誰かの中で死にたくて
息を吐いて愛を込めて
君へと手を伸ばす