咲いてはかない 風花は消えるさだめの 雪の花まるでふたりの 恋のよう抱いてもすぐに 消えてゆくどうかどうかどうか お前だけだと嘘でもいいの 言ってください…帰るねぐらは いらないと渡り続ける 冬の鳥そんなおとこの 生き方に温もりなんて 邪魔なだけきっときっときっと 逢いにくるよと嘘でもいいの 夢をください…ふたり寄り添う 足跡を消して咲きます 雪の花心引き裂く 痛みさえ想い出だよと 言えますか泣い
雨の舟宿 忍び逢い胸に涙の 露しずくつらい噂に 流され泣いて泣いて明日(あした)は 他人の二人添えぬ運命(さだめ)の 恋の川川の岸辺に 寄り添って暮らすことなど 夢でした秘めた恋なら なおさら燃えて燃えて哀しい 女の心抱いて下さい もう一度白い障子に また揺れて泣いているよな 川柳(かわやなぎ)二度と逢わない 心に決めて決めてあなたを 見送る私別れ急かせる なみだ川
他の誰かと 寄り添い歩く髪の長さも 短く変えた うしろ影今さら君に 会えるはずない迎えに来るのが 遅すぎたよね哀しみが 降りしきる 霧雨の街つらい気持ちも わかってやれず甘え過ぎてた 君の一途な 優しさに幸せひとつ やれないままで男の弱さを 許して欲しい淋しさに 立ち尽くす 霧雨の街二人の月日 戻るはずない迎えに来るのが 遅すぎたよね想い出が 降りしきる 霧雨の街
もしも世間に 知れたなら別れる覚悟の 私ですつらい噂が たたぬよに息を秘(ひそ)めて 待ちわびる咲いて実らぬ 山吹の花に重ねる 恋ひとつふたり暮らせる 約束は望みはしません せがまない無理を言ったら 嫌われる今はいいのよ このままで色も優しい 山吹の花に聞かせる ひとり言(ごと)風の音にも あなたかと浮き立つ心が 哀しくてにじむ涙を 唇で拭いてください 今すぐに八重に咲いても 山吹の花も淋しい 露
今は冷たい 風さえもいつかは背を押す 風になる何度も夢に つまずいて何度も心が 傷ついてそれでも今日まで 生きてきたこれからも これからも 迷わずに歩くどんな時も信じたい ひとすじ風の道いつも変わらぬ あの人の笑顔の優しさ あたたかさひとりじゃ何も できなくてひとりじゃ明日(あした)が 遠すぎて心を寄せ合い 生きてきたこれからも これからも 迷わずに歩くどんな時も信じたい ひとすじ風の道も一度夢を
愛しても 愛しても 届かないいつか口紅(べに)さえ 色褪せて 夜が更けるあなた二人は 終わりでしょうかあぁ 今夜も待たされてそれでも信じたい ばかですねこの胸を この指を あたためて欲しい淋しくて 淋しくて 涙ぐむ逢えば優しく 抱きしめて くれる人あなた私と 遊びでしょうかあぁ 何度も泣かされてそれでも逢いたくて 直す口紅(べに)ため息を 悔しさを あたためて欲しいあなた明日は 逢えるでしょうかあ
ガラスの窓に 降る雨が今夜も想い出 連れて来る赤い唇 震わせて涙で送って くれた女(ひと)……胸に面影 また浮かぶあれから何年 過ぎたのかひとりとまり木 酒に酔いゆらゆらあの日に 戻る夜幸せやれる あてもなく一緒に来いとは 言えなくて馬鹿な男の 身勝手を悔やんでみたって 遅すぎる……にじむため息 この俺を今でもおぼえて もう二度とゆらゆら灯りが うるむ夜胸に面影 また浮かぶあれから何年 過ぎたのか
許して欲しい ばかでした寄せ来る波が 胸を打つ誰より大事な 人なのに気づいてみても 遅すぎるあぁ あなたにもう一度 逢いたくてたずねて来ました 最果て北の町あなたの噂 隠すよに港に霧が また揺れるあの日の別れの うしろ影こぼれる涙 抱きしめるあぁ あなたにもう一度 逢いたくて心が震える たそがれ北の町ここから先は オホーツク女の夢も 行き止まり私の事など もう忘れ見つけてますか 幸せをあぁ あなた
ありがとう これからも(これからも)ありがとう いつまでも(いつまでも)夢を信じて どこまでも人は誰もが 淋しがりひとりきりなら つらすぎるそんな時には いつだって優しい笑顔を くれる人ひとつふたつと 笑顔が増えて出逢いが 何より宝物ありがとう これからも(これからも)ありがとう いつまでも(いつまでも)夢を信じて どこまでも思い通りに 行かなくて明日が見えない 夜もあるそんな時には いつだって心
舞い散る花びら 見上げれば月日の速さ せつなくて私が生まれた お祝いに桜を植えて 桜を植えて くれた人ふるさと 山脈(やまなみ) 春霞(はるがすみ)あなたの眼差し あなたの笑顔ずっとずっと ずっと忘れない小さな花びら 手で受けて御無沙汰続きを 詫びるだけ「思った通りに 生きてみろ」桜の下で 桜の下で 言った人ふるさと 木漏れ陽 春の風あなたの真面目さ あなたの強さきっときっと きっと忘れないふるさ
あなたを今日で あきらめる決めてはみたけど 逢いたくて泣いて焦がれる 胸の内好きと告げたら 罪ですか叶わぬ恋とわかっていても そばにいたい瀬音哀しい 片瀬川愚かなこの恋 叱るよに川風心に 吹き抜けるあなた好みの 長い髪夢を見るのは 罪ですか二人の運命(さだめ)なぜすれ違う ひとり泣いて飛沫(しぶき)冷たい 片瀬川私の気持を 知りながら気づかぬふりする 意気地なしにじむ吐息の やるせなさ好きになるの
激しく 雨が降りしきる二人の別れ 急(せ)かせるように理由(わけ)など聞かない 聞いたならなおさら惨めに なるだけね泣いてください 私のために嘘でも涙を 流して欲しいあなたの 胸に誰かいる抱かれるたびに 感じていたの男のずるさを 許してもいつかはあなたを 恨むだけ泣いてください 私のためにいい人だったと 思えるようにひとりで 生きて行けますと強がり言えば 心が寒い大事に育てた はずなのに幸せどうし
吐息に曇る 手鏡に書いてまた消す あなたの名前やつれて痩せた 指の先一人の夜は 長すぎて他の人など 愛せないあなた恋しい…窓に涙の おぼろ月別れが来ると 気づかずに肩に寄り添い 甘えた月日梳(と)かした髪が 揺れるたびあなたの匂い こぼれます信じられない 今もまだ声が聞きたい…夢は儚(はかな)い 未練月今頃あなた 誰といる眠れぬままに 朝が来る他の人など 愛せないあなた恋しく…西に傾く おぼろ月
あなたと買った花火 あの夏の日はもう遠く狭いベランダでひとり 想い出に火をつける心でちりり 線香花火夕陽のように 燃えました心でちりり さみしい花火燃え尽きないで 落ちました忘れても忘れても 忘れられないどうして愛は消えて まだ哀しみは燃え残るずっとふたりだと言った 約束に火をつけるさよならちりり 線香花火私のように 燃えましたさよならちりり さみしい花火燃え尽きたいと 泣きました逢いたくて逢いた