UNCAGE – くろくも

破れば最期 世界の常識
鳴り止まぬ警鐘 他人の群れ
仰せの通りに どうぞ下がりましょ
その白線の内側まで

今重なる 因果の先へ
絡まった隙間から手を伸ばした
泡のように消えて 水のように揺らぐ
暗闇が私の色に染まった
今瞬くプラネタリウムを
貫くこの喚声に浮かべて
今更戻れないの

終わりの無い迷路 孤独の代償
例えば阿弥陀籤の様な
渋谷の灯りが 私を嗤笑った
また独り 夜に消えて行く

確かめる様に 今歌を唄う
ここにいる意味を教えて

名前だけじゃ まだ足りなくて
自分が自分である証明を
誰も私を忘れない様に
誰ももう見失わない様に

今重なる 因果の先へ
絡まった隙間から手を伸ばした
泡のように消えて 水のように揺らぐ
暗闇が私の色に染まった
今瞬くプラネタリウムを
貫くこの喚声に浮かべて
今更もう戻れないから
私の声を聴いて