Na Na Na所詮 男と女なんて いつかは終るさ終るまで どうすごすかが 大切なことさ最後は悲しい結果になってもそれより楽しい事が いっぱいあっただろう(結果だけ見るなよ!)男なら 未練を残すな!前だけを向いて歩いてけ!日本じゃなきゃ 海を渡ってけ!地球じゃなきゃ ロケットにのってけ!そこにきっといいことが あるはずさそこにきっといい人が いるはずさNa Na
ひこうき雲を たどっていたらさっきまで 何で 悩んでたのか わからなかった川のほとりに 落ちてたボール拾い上げたら 空気がなくて また遠くへ投げた世の中は 猛スピードで俺らは もう くたくたでだから 自分の速度で一歩ずづつ 踏みしめて 歩いていく空に向って
いつもボクは思ってた「雨はキライだ!」としとしと雨もどしゃ降りも「なんで降るんだ!」とよりによって傘など 持ってない時に降るんだもん仕方ないからぬれて とことんビショビショになったらなんかスッキリした!なぜだろう 今日は そんな雨が好きになっていた(さよならBlue)雨が上がった お空には 虹がかかっていた(Theres a Rainbow in my Soul)いつもボクは思ってた「雨はどこへ
大きな壁に 囲まれてるとふと気付いた時は 空を見上げてる雲が流れてる 渡り鳥の群れそれを見ていたら 逃げ出したくなる今 翼を広げ 自由を目指し飛んでいくのさ 俺の前には風が吹いてる風のない世界で 生きていくには自分が動き出して 風をつくればいい群れの中にいる 自分を見た時違うと気づいたら 飛び出せばいい今 翼を広げ 自由を目指し飛んでいくのさ
でっかい夕陽が 沈んでいくよ俺たちの影をのばして 真っ赤にそまったこの土手の上で 空を見上げたら赤とんぼくたくたになったこの体 一日中ひきずり汗にまみれつるはしの柄に とまった赤とんぼとろうとして逃げられた想い出すガキの頃 ただただ無邪気であの頃に戻れるなら 戻りたいよ 戻りたいよ澄んだ瞳のままででっかい夕陽が 沈んでいくよ俺たちの影をのばして 真っ赤にそまったこの土手の上で 空を見上げたら赤とん
手紙が着いた 少し震えた字の涙でにじんだ お前からの手紙部屋にさし込んで 月あかりの下で俺は何度も 何度も 何度も手紙 読みかえした書いては消された その文字のアトに本当は言いたくて 言えなかった事がうっすらにじんでた手紙が着いた 少し震えた字の涙でにじんだ 懐かしい文字が二人で過ごした 楽しかった日々の時を綴ってる もう来る事ないお前からの手紙(台詞)あの時 俺は
あの草のかおり あの土のにおいあの太陽のひかり あの風のやさしさこどもの頃に ボクが描いた大きな夢どんなスゴイ事も 出来ると思ってた手にとるもの全て ボクの大事な宝物さまくら元において そいつの夢見てた今ボクは都会の片隅を手探りで歩き時には 強い風に おびえてため息ついてる でも鏡にうつったボクはあの頃のボクと同じさ川の流れに 沿ってどこまでも歩いてたその一歩一歩が ボクを大きくした今ボクは都会の
あの頃の僕たちは 太陽の下をかけまわりふり向くひまもないほどに 目の前の風を感じてた親父とやったキャッチボール ほめられるとただただうれしくて太陽のまぶしさに 目をこらして見た親父の背中ボロボロになった 緑のベースボールキャップ大事にしてた 軟式ボールとグローブ、金属バット汗だくになって遊んだ 広場のやぶれた金アミ今でも 心に しまってるあの夏の日々と 親父の笑顔が 僕を大きくしてくれたあの夏の日
淋しくなんかない!弱虫なんじゃない!恐れることはない!みんなひとりで生きてない!君はもう ひとりなんかじゃないだって目の前に僕がいるからだからもう うつむくことはないきっと涙もかわいてるからWow… なんとなく適当に生きてりゃどんな失敗もスルリと通り抜けるだろうだけどどんな時でも一生懸命に生きてる君だから カベにブチあたる!ただひたすら 自分を信じてありったけの 勇気胸に抱いて目の前のカベを うち
子どもの頃の 夢を見ていた僕に 聞いてみた大人になった 僕の生き方は どうですか?なんとなく流されながら 自分を見失い「どうせそんなもんだ」と言って 何かと言い訳つけて 逃げて ためらって 怖がってあの日見た夢を遠ざけてないか熱いこの想いを ずっと ずっと ずっと ずっと 胸に!かぎりない力を ぐっと ぐっと ぐっと ぐっと 込めて!一心不乱に前だけを向いてその手で夢をつかみとれ!子どもの頃の 僕
空に (空に) 今夜も (今夜も) 星が出て僕の (僕の) 夢を (My Dream) 叶えてくれるムーンライト ムーンライト今夜もいい夢見ろよ月の (月の) 明かりが (明かりが) 射して来て僕に
君の声が力になる!君の笑顔が力になる!今までの僕は いつもひとりで生きてると 思ってた大きな声で叫んでみても誰も振り向いてくれないと思ってたんだ許せない事があってもテレビのニュースに怒ってもやりきれない心のモヤモヤも全部ひっくるめて力にすればいい君の声が聞きたいから君の笑顔が見たいから何もかもを抱きしめたらそれが僕の力になる!今までの僕は いつも勇気を出すことを恐れてた何が目の前に起きても誰かがや
ずっと星を眺めてたら 涙にじんでぼやけてきた今ごろ街はネオンライトに 包まれているのかな…遠いところにいるお前と 今俺がこうして見てる星を二人で今夜眺めていると ずっとずっと信じてるああ、「クリスマスなんて…」と言ってた俺が今夜がらにもなく何だかとてもセンチにそんな気持ちになっている星のかけらを線で結んで 夜空にクリスマスツリーを作ろう!今年もサンタクロースに ああ、なれなかったよ…ガキの頃は枕元
広い大地の上で 僕らは生きている動物やお花や虫さんと 一緒に生きている青い空と雲と 山と川と海と当たり前の日常を 素晴らしく思える心を持とう!太陽に手を伸ばし 思い切り背伸びして空気一杯吸い込んだら よーし、また歩きだそう!思い切り生きてやろう!(セリフ)「ヒロ、気持ちエエなぁ」「ホンマでんなぁアニキ!」「ほんだらこの調子でいくでぇ」「へい!」「ワン・ツー・さん・はい」みんな笑顔に包まれて この世