守り詩 – おと.

うさぎのような目をして 君は笑っていた
誰にも 見えないところで 何かを守ってた

漂う世間の悲しみに 呑まれないでいて
君は君のことを想って 泣いていてくれよ

僕がラブソングを歌うのは
君がいつも1人で
誰かを想いひっそりと泣くからで
君は世界を愛して
僕は君を愛して
優しい雨を降らすんだ

乾いた風のなかでも 君は笑っていた
どうかこの心だけは 傷つけないでいて

彷徨ってた 漂ってた
溢れだしてた 零れ落ちた
愛が、夢が、君を弱くする
君のことは誰が愛し、
君のことは誰が守るんだ?

僕がラブソングを歌うのは
君がいつも1人で
誰かを想いひっそりと泣くからで
君が世界を愛して
僕が君を愛して
優しい雨を降らすんだ