君をずっと待ってたんだ下校の時刻 過ぎたけど部活 終わった教室で今日こそは…って 思ってた窓から見えるグラウンドあいつと君とがラブラブで…初恋は実らない迷信じゃなかった一瞬で消えた蜃気楼みたい初恋は実らない告白の手前で胸の奥がきゅんとして大人になるそっと 閉めた白いカーテン見てはいけない 見たくない人はみんな 失恋して傷つき方を学ぶんだ誰かを好きになった時振られた痛みが役に立つ実らない恋もいい片思
あの雲はかたつむりのろのろと空を歩く急いだってしょうがないんだ自分のペースで風のままに…なぜ 人は誰かと比較をしたり競争するの?なぜ 人はみんなと同じゴールをめざしているの?雲だっていろいろある人だっていろいろいる顔やかたちが違えば別の道フラフラフララフラフララ…生まれて生きて死んでく遠まわりこの雲はアンブレラぱっと開いたかたちかな?お天道様が見えなくなってそろそろ雨が降るのでしょうか?そう 時は