もうこの胸の時めき押さえきれなくて駆け出してしまいそう熱い夏の恋ざわめいた教室で少し触れた肩は運命的隠してた片思い秘密の恋が好き教科書の落書きはあなたのためクラスメイトだもの言えない超えられない恋のまま…もうこの胸の時めき押さえきれなくて駆け出してしまいそう抱き締めてほしいあなたに見つめられて強がりな私を脱ぎ捨ててく“好きです”とつぶやいた初めての約束頬寄せたあの時を忘れないで記念の写真にも微笑む