青い鳥、放つ – おかゆ

アンタの代わりに 飼い始めた
幸せ運ぶ 青い鳥
黒い瞳に 映る私は
化粧もせずに 酷い顔
籠の鳥だと 思ってたのね
もういいの 私から 逃げても

空に放つ もうすぐクリスマス
幸せの国へと 今すぐ旅立って
黒い鴉になる前に
私なんかの 側に居ない方がいい

普通の暮らしが 幸せなのね
アンタが消えてから よくわかる
当たり前の日々は 続かないと
アンタを失くして 気付いた
心の隙間を 埋めるものは
これからの 長い時間だけ

空に放つ もう帰って来ないで
誰かの元で 幸せに暮らしてね
黒い霧が 立ち込める前に
早く見つけて
安らげる 幸せの場所を

空に放つ もうすぐ白い冬
寒さに凍えて 飛べなくなったなら
知らせて すぐに暖めるから
誰かの元へと 自由に飛び立てるように