朝日楼(朝日のあたる家) – おかゆ

あたしが着いたのは ニューオリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった

愛した男が 帰らなかった
あんとき私は 故郷(くに)を出たのさ

汽車に乗って また汽車に乗って
まずしいあたしに 変わりはないが

ときどき思うのは ふるさとの
あのプラットホームの 薄暗さ

誰か言っとくれ 妹に
こんなになったら おしまいだってね

あたしが着いたのは ニューオリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった