アカシアの雨がやむとき – おおたか静流

アカシアの雨にうたれて
このまま死んでしまいたい
夜が明ける 日がのぼる
朝の光のその中で
冷たくなった わたしを見つけて
あの人は
涙を流して くれるでしょうか

アカシアの雨に泣いている
切ない胸はわかるまい
思い出の ペンダント
白い真珠のこの肌で
淋しく今日も あたためてるのに
あの人は
冷たい瞳をして 何処かへ消えた

アカシアの雨がやむとき
青空さして鳩がとぶ
むらさきの 羽の色
それはベンチの片隅で
冷たくなった わたしのぬけがら
あの人を
さがして遥(はる)かに 飛び立つ影よ