恋に落ちる夢それは夢甘い夢すぐにさめる夢すぐに終わる夢夜を喰い散らかして朝をなくしてお前を壊すのはお前を汚すのは毒でも水銀でも放射能でもないもの白でも黒でも灰色でもないもの恋に至る病それは病ヒドイ病ずっともどらないずっと帰らない闇を引っ掻き回して光にまみれてお前を狂わすのはお前を殺すのはクスリでもいのりでもブラックジャックでも治せない赤でも青でも黄色でもとまらない信じてあげるよとお前に近づいて愛し
愛の名の下に犯された少女の血少女の目に映るのは誰の顔知らない顔知らない手平和の名の下 落とされた光の矢飛び散る手足くちびる音もない痛みもない地獄え落下する飛行機の中で鳴り止まぬサイレンを聞いたむせかえるガス室の中で泣き止まぬ悲鳴を聞いたインザネームオブラブラブインザネームオブラブインザネームオブラブ&ピース&エトセトラ×4大停電の東京の片隅で決して消えぬ光をみた砕け散る街のはずれで新しい産声を聞い
上手に踊れない踊れない夜は毛布にくるまって十人十色の夢に遊べば音楽は流れ出す朝はまだかと問いかける声にま~だまだだよ闇が呼ぶ雨はこの街を溶かしていつか虹の川になる首をもたげて人の群れは影をなくして流れてく夜はこれからわななく命朝はまだだよま~だだよ十人十色の夢に遊べば音楽は流れ出す夜はこれからのたうつ手足朝はまだだよま~だだよ
生活よ しあわせな生活よ四角い墓の下で知らない男が骨になる四角い墓の下で知らない男が灰になるあいつは昔一旗あげて順風満帆暮らしたらしいあいつは昔一発当てて順風満帆暮らしたらしい生活よ しあわせな生活よ冷たい橋の下で裸足の女が泣いているチベタイ橋の下で裸の女が笑ってる私はずっとひとりだった一生合掌ひとりだった私はずっとひとりだった一切合切ひとりだったキレイな毛布にくるまって人生なんてやめちまえ一生合
虹のむこうから月の裏側まで僕は見てきたこの目で見てきた空の天井から海の切端まで僕は旅したこの足で旅した千の焼け落ちる屋根を切り裂かれる人々を僕は焼きつけたこの目に焼きつけた死ぬほどの痛みを息が止まる苦しみを僕は味わったこの身で味わった静かに僕は席につき光の羅列を眺めてる隣で君は眠そうに欠伸を噛んで目をこすってる こすってる君は見たことあるかい?変わる季節の色を君は聞いたことがあるかい?巡る風の音を
ブラックホールあなたのブラックホールわたしのブラックホールあの娘のブラックホールあいつのブラックホールブラックホールまあるいブラックホール四角いブラックホール斜め後ろのブラックホールとなりのブラックホールブラックホール
朝と夜のおっかけっこ月と太陽のランデブー解けない謎飛び交うウソ色のない街の音やまない雨のびる影開かない落下傘夢と現の鬼ごっこ過去と未来とリグレット飛び散る手でのたうつ足戦いのにじむ青間違えなく間違ってもいつかまた会えたら光と影のかくれんぼ(コントラストコントラスト)風と波のサラウンド
HEY MANスピードおとせよそのままじゃいつか事故るぜHEY MANブレーキを踏めよニュースになっちまうぜHEY GIRL今夜どうだい?見たことない景色見せてやるHEY GIRLあんな奴らとつるんでるとダメになるぜ高架下の月をたどり海の手線東京をなぞる夢HEY BOY調子どうだい?時にお前はいくつになった?HEY BOYところでキズはいくつ増えたどうかしたの?影をなくして雨に濡れ人の群れ沈む街街
台所でははらわたを出された魚が跳ねるのを笑ったという食卓ではまだ動くその肉を笑ったというナチの収容所では足を切った人間が切られた人間を笑ったという切った足に竹を突き刺し歩かせてころんだら笑ったというある療養所では義眼を入れかつらをかむり義足をはいてやっと人の形にもどる欠落の悲哀を笑ったという笑われた悲哀を世間はまた笑ったという笑うことに苦痛も感ぜず嘔吐ももよおさず焚き火をしながらごく自然に笑ったと
こんな世界にサヨナラをあんたが世界一ですわあんたに全部まかせますあんたが世界一ですわこんなわたしに救いの手をせめてもの自由な死をお与えくださいお願いだわかってんだろそれだけで××××全部まるっとウソでしたあたしはとんだバカでしたダサいオチをつけられて勝手な理由で片づけられゴミのように捨てられて虫けらのように踏み潰されかわいそうに嘆かれて意識がどんどん遠くなっていくこんな世界にサヨナラをあんたが世界
朝には遠くから風が鳴き終わりはマジ力だと知らされるディスイズジエンド空に大きな穴が空き空洞から虹の雨が降り注ぐ時計は役目を終え自ら針を止め機会じかけの子ども達は通りに火をつけるディスイズジエンド
風の中で話したことは聞こえなかったことにしてくれ光の中で見ていたものは見なかったことにしておくれお願いだから忘れておくれ忘れておくれたとえば僕が売れなかったら言わんこっちゃないよくある話明日は我が身だぜそれみたことか!お願いだからおぼえてろよなおぼえとけよなたとえば僕が売れなかったらお願いだから教えておくれ聞かせておくれあんたんとこから見える景色を