シェルブールの雨傘 – いしだあゆみ

愛されることより 愛するほうが
女は幸せなのと
私は今頃やっと知りました

白い雨が 降りつづき
白い傘が 破れても
思い出住む 街角で
あの人を 待つのよ

誓いあった まなざしを
耳にふれた くちびるを
わたしの手に つかむまで
あの人を 待つのよ

どんなに月日が流れ
どんなに遠くはなれても
心に決めたあの人は 私のもの

時計台の 鐘の音が
歌うことに つかれても
涙しみた 道ばたで
あの人を 待つのよ

白い雨が 降りつづき
白い傘が 破れても
思い出住む 街角で
あの人を 待つのよ