TSUZUKU – いきものがかり

さよなら さよなら
ぜんぶ忘れない
想いをつれていく
一緒に生きていく

うれしい 涙が
こぼれおちるまで
歩いてみるから
どこかで 笑っていて

君がいなくても春は来て
朝のバスにせわしく乗り込むよ
窓越しに見えたさくらは
あっけないほどきれいだった

さびしさなんて 気づかないまま
消えてくれたらいいのにな
強がりもうまくこなせない
僕はそれでも 生きたい

さよなら さよなら
思い出はいつも
となりにあるから
優しくて つらいな

うれしい 涙で
空がにじむまで
ちゃんと進むから
どこかで 笑っていて

かっこわるいことばかりさ
君に伝えた夢も かなえてない
笑顔になるのはまだだな
道を小さく蹴り上げた

時は流れて 街も変わって
僕なりに今日を暮らして
やかましい 君の笑い声
聴こえないけれど 生きたい

泣いても 泣いても
せつなさのなかに
さがしてしまうよ
ちっぽけな 望みを

だからね この手は
弱いままだけど
くじけたりもしない
あきらめは 悪くていい

きっとすべてが戻らない
悲しみは消えないよ
だからこそ 笑いたい

さよなら さよなら
春がきれいだね
泣かずにいれないよ
それでも 生きなくちゃ

さよなら さよなら
僕は先に行くよ
一緒にいた日々の
つづきを これからを

さよなら さよなら
ぜんぶ忘れない
想いをつれていく
一緒に生きていく

うれしい 涙が
こぼれおちるまで
歩いてみるから
どこかで 笑っていて