わたしが蜉蝣 – いきものがかり

ふと目覚め何かにまた怯えて 過ぎ去って行った幾重の過去たち
答えなど分かってるつもりでも 冷めきったような孤独の人たち
ルルル
暗闇と明るさとの会話に戸惑っていったわたしが蜉蝣
息もせず水の流れを漂う 淀みがかった愛の流れに寄り添う

気がついた時には大人になってて 夢見ていた空がただ眩しくて

わたしが失ったものたちをただ見下ろして 背中に背負った翼で
一度風を受ける
水辺に残したままの夢のその塊は 太陽と共に爆ぜてそしてまた夢を見る
ルルル

空回り現実を繰り返し 薄汚れていった靴底を蹴れば
鈍いほど痛みは広がってて 霞みがかった空のはざまを羽ばたく

弾かれた指先 外れと願えど 放たれた扉はただ重たくて

わたしから育ったものだけをまた抱きしめて どこにも行かないように
この手握りしめる
子供の頃の記憶がふわりと蘇り 恐れを知らぬ強さを少しは懐かしむ

いつか憧れた陽の光 それは眩いほど綺麗で
たどり着けるはずもないくせに 心の中に宿る

わたしが失ったものたちをただ見下ろして 背中に背負った翼で
一度風を受ける
水辺に残したままの夢のその塊は 太陽と共に爆ぜてそしてまた夢を見る

コメントを残す