きらめいた星見上げて 君の名前を口ずさんだひとひらの切なさならもういらないと願ったから いつからか芽生えた希望 本当は持ってたいその理想巡り巡る時の鼓動 その中で君からもらった言葉 震えるこの掌に愛の意味を教えてくれた 今 歩き出すたび 伝えたい愛と 溢れ出す想いのその中であのときに出会えた それは奇跡にも似たような色彩(いろ)喜びと優しさに包まれて満ち溢れてく そしてこの先 あの場所で僕ら 始まりの鐘
ええじゃないか Boon! Boon! Boon!変えちゃおうぜ Doon! Doon! Doon!イジけたこの世界を GARARI GURARI愛をさけべ 自由(あそび)にいくぞじれったいな 歌舞(かぶ)いちゃえよ嗚呼 嗚呼 嗚呼 YEAH嗚呼 嗚呼 嗚呼 YEAHあっかんべーして踊れ A HA HA HA HAふるえろ 夜がくるぞ 七七七 七七七 七七七七七七 七七七 七七七 キミなら唄えるはずさ大事な誰かを泣かせるな
今日から ここからこの世界 かわってゆくように今日から ここから願い こめて優しい 風の中で Lalala… 朝がくるまで ひとり泣いてた懐かしい歩幅で どこへいこういつもの日々と 愛しい今がやさしく溶け合っていくよ 今日から ここからこの世界 かわってゆくように今日から ここから歩きはじめよう今日から ここから風がまた かわってゆくように今日から ここから日々を重ねよう愛しい 空の下で つま
肝心なことが言えない 真夜中になっても肝心なことが言えない 口が裂けても 弱さの塊みたいな自分がキライチキンよりもチキンな自分がキライコトコトに煮込んで スープに溶けちゃったかたちない なさけない 大好きだとか 大嫌いだとかあっちいけ あっちいけ大好きだとか 大嫌いだとか愛してる 愛してる 振り払っても 払いきれない肝心なこといつか伝えたい 伝えられない肝心なこと 肝心なことが言えない 真夜中になっても肝
「そんな風に 泣かないで ダーリン」 首筋でこもる声長めの 睫毛には雫 萎れた 襟をつたう許されることなら 今宵の うたたね 夢の続き余すところなく あなたと 眺められたら 素敵 言葉になれば すべてまぼろし 忌忌しき 恋の運命寂びた視線も 褪せた台詞も そう いらない だから つないだ手を 離さないで あなたの前に 星が降るから恋のからくり 密めくあなたは 焦れ込む 夜更けを嫌うささいな傷も こころ
さよなら さよならぜんぶ忘れない想いをつれていく一緒に生きていく うれしい 涙がこぼれおちるまで歩いてみるからどこかで 笑っていて 君がいなくても春は来て朝のバスにせわしく乗り込むよ窓越しに見えたさくらはあっけないほどきれいだった さびしさなんて 気づかないまま消えてくれたらいいのにな強がりもうまくこなせない僕はそれでも 生きたい さよなら さよなら思い出はいつもとなりにあるから優しくて つらいな うれしい
ふと目覚め何かにまた怯えて 過ぎ去って行った幾重の過去たち答えなど分かってるつもりでも 冷めきったような孤独の人たちルルル暗闇と明るさとの会話に戸惑っていったわたしが蜉蝣息もせず水の流れを漂う 淀みがかった愛の流れに寄り添う 気がついた時には大人になってて 夢見ていた空がただ眩しくて わたしが失ったものたちをただ見下ろして 背中に背負った翼で一度風を受ける水辺に残したままの夢のその塊は 太陽と共に爆ぜ
なんども僕らは 夢に魅せられて熱い息を乱して 駆け出すのどこまでいけるか 果てまで見たくて新しい空に告ぐ カクゴハイイデショウカヨアケハコレカラこころ 喰らうのは 未来だけ 感情揺らしていいじゃん 怒りを愛に混ぜてゼロかイチじゃないんだ 混沌で僕らは生きてる 正解(こたえ)に溺れた世界でキミは自分に問いかけるホントウニ タノシイノ胸がざわめくよ なんども僕らは 壊したくなるのもう渇いた大地に夢はないこの手
忘れないでいて悲しみのなかでひとりでいないで誰か抱きよせて きらきらにひかるあなたのなみだはつながれていくから言葉に願いを 手を添えたって消えない痛みがあるわかりあえないから 覚悟がいるんだ心はきっとひとつにはなれなくてだからそばにいると決めるの それだけ 見上げた夜空に星が舞ういくつの 願いが 消えたの いつかその声が誰かをたすけて優しさになって明日を変えるまで きらきらにひかるあなたのなみだはつながれて
もうすぐ 春だねさくらは 咲くかな君の笑顔 思い浮かべたらなぜかな 泣けてきたよ いつの間にか 朝が来てた雨上がりは気持ちいいな読みかけの本があるでもしまわなくちゃ僕はいくから ひとりで 言えなかった気持ちばかり 胸に残るたいせつなひとたちにもう一度 手を振って笑いたいな もうすぐ 春だねさくらは 咲くかな君の笑顔 思い浮かべたらなぜかな 泣けてきたよ あいつのこと嫌いじゃないでも傷つけてしまった大勢とす