命の値段は500万円 – あべりょう

キミの1年分の命の値段を厚労省が決めました
キミの1年分の命の値段はざっくり言って500万円
医者がキミに余命宣告をした「あなたの命は残り1年」
「いくらかかってもいいから助けて」とすがるキミに医者がうなずく猿芝居

延命治療は毎年1000万円の費用がかかるけど
キミの負担はたったの100万円だから
残りの900万円は健康保険が負担してくれるから
我々の知ったことではない

助かりたいキミと儲けたい医者と払いたくないキミの物語
「ヒトの命は 地球より重い」と脅してくる
キミの延命に使える公費は500万円が上限なのに
医者と患者達がコスパの悪い命を救ってる
国民健康保険金詐欺事件

医者がホントは5年の余命を1年と偽りキミに告げた
短く言えば医療過誤もバレず延命するたび感謝される心理的トリック
練習がてらに手術繰り返し高価な新薬で暴利貪り
「いくらかかってもいいから助けて」とすがるキミに医者がうなずく猿芝居

余命に怯えた患者は奴隷で高額医療も売りたい放題
手術失敗でも「手遅れでした!」と言い逃れできて
ホントの余命までキミが生きれば医者は名医の評判も立ち
金と名誉の一石二鳥

助かりたいキミで儲けたい医者を名医と祀る情熱大陸
「ヒトの命は 地球より重い」と決めゼリフ!
患者のタダ乗り延命治療に利益を乗せた余命宣告詐欺
裏も取らずに今夜もテレビが誤報を垂れ流す
今年もみんなが医療費垂れ流す