キミが0歳だった頃 – あべりょう

生まれた瞬間から生存の確率を上げるための

戦いが始まり泣くことで呼吸の技術を磨き

生まれた瞬間から生存の確率を上げるために

力を合わせて抱き上げて「さあ泣いて!」と願った

か弱いしぐさで抱きつき顔をクシャクシャにして

ぎゅっと母性握って鬼さんこちら命の鳴る方へ

Happy baby birthday 0.1以下の視力で

音のする方へ光ある方へ子宮を抜け出し

Happy baby birthday 深い霧に霞む未来へ

命繋ぐため希望託すためキミを守るため

キミたちは神がまだ人類に絶望してないというメッセージ

毎日ママは キミが泣くたびにオムツを覗いて取り替えて

「これでもか」と叫び泣き止まない キミを赤い目であやし

お隣気にし痛い胸で母乳飲ませ続けても寝てくれない

もう無理って呟いた夜に「あ~う~」って 笑った

か弱い命を抱きしめママもくしゃくしゃに泣いた

それでも母になるため 幸せはこちらキミが笑う方へ

Happy baby birthday キミと同じだけ 泣いてたママを

寂しくない方へ 一人じゃない方へ みんなで寄り添い

Happy baby birthday キミが抱きしめられた分だけ

誕生日にはね誰か抱きしめて誰かを愛して

まだ人類は絶望なんかしちゃいないという神へのメッセージ

Happy baby birthday 生きる意味に悩む旅人よ

音のする方へ 光ある方へ子宮を抜け出し

Happy baby birthday 生きる意味を繋ぐ旅人よ

命運ぶため希望託すため キミを守るため

キミたちは神がまだ人類に絶望してないというメッセージ