室積海岸 – あさみちゆき

何年ぶりでしょう バスに揺られて
ひとり訪ねた ふるさとの海
白い砂浜 松林
水平線に 夏の雲
思い出します あの夏休み
家族そろって 海の家
弟の 絵日記は
浮き輪 西瓜(すいか)に かき氷
室積海岸 光あふれて
あの日と同じ 風が吹いてます
室積海岸 ひとりたたずみ
あの日の私 探しています

あの日の自分に ふと会いたくなって
何が何でも 帰りたかった
都会暮らしに 心が折れて
誰かの温もり ほしかった
思い出します 花火の夜を
家族そろって 浴衣(ゆかた)に団扇(うちわ)
湯上りの 父と母
ビール 枝豆 笑い声
室積海岸 ひとり歩けば
あの日の声が 聴こえてきます
室積海岸 昔も今も
やさしく私を 迎えてくれる

室積海岸 光あふれて
あの日と同じ 風が吹いてます
室積海岸 昔も今も
やさしく私を 迎えてくれる

コメントを残す