さよならをいう気もない — あさみちゆき

ハイヒールのかかとが折れて歩けない
ああ この先へは進めない 歩けない
はしゃぎ過ぎた子供がベソをかくように
ああ なんて私 ついてない 運がない
男と女はいつも悲しい手さぐりで
心のやすらぎ求め合うけれど
季節を見送る詩人のように
さよならをいう気もない 悲し過ぎて

ハイヒールを両手に下げて歩き出す
ああ この場所へはとまれない いたくない
ミュージカルの場面のようにおかしくて
ああ だけど私 歌えない 踊れない
男と女はみんな孤独に気がついて
不幸を忘れてしまいたくなるが
季節を見送る詩人のように
さよならをいう気もない 悲し過ぎて

男と女はみんな孤独に気がついて
不幸を忘れてしまいたくなるが
季節を見送る詩人のように
さよならをいう気もない 悲し過ぎて