モンテカルロ珈琲店 (小さな喫茶店) – あがた森魚

それは去年のことだった
星の綺麗な宵だった
二人で歩いた
思い出の小径だよ
なつかしいあの過ぎた日の
事が浮かぶよ
此の道を歩くとき 何かしら
悩ましくなる
春さきの 宵だったが

あの過ぎた日の事が浮かぶよ
此の道を歩くとき 何故かしら
心さみしい
秋ふかい 宵だったが

小さな喫茶店に入った時も
二人はお茶とお菓子を前にして
ひと言もしゃべらぬ
そばでラヂヲはあまい歌を
優しく唄ってたが
二人は ただだまって
むきあっていたっけね