びわの実パレード – あがた森魚

びわの実とあじさいの頃の僕と君とは
びわの実とあじさいの街で僕と君とは

ねぼけてこごえながら
夏だよって 笑ったら
おどけてこごえながら
夏だねって 笑ってた

かぼそい小枝の
びわの実 もいでは
窓辺の木陰で
びわの実 ほおばった
おぼえているだろうか

深みどりの色の
波の上でねむった日
ゆれて あなたにくちづけ
なみだで 海も潮風も
不思議だな あなたの言葉だけは おぼえてる
何故だろう あなたの声だけは 潮騒の上

ねぼけてこごえながら
夏だよって 笑ったら
おどけてこごえながら
夏だねって 笑ってた

まばたく路地裏
はばたくしあわせ
しわくちゃ 夜明けに
あじさいが首振る朝焼け
おぼえているだろうか

深みどりの色の
波の上でねむった日
ゆれて あなたにくちづけ
なみだで 海も潮風も
不思議だな あなたの言葉だけは おぼえてる
何故だろう あなたの声だけは 潮騒の上

夏の絵ハガキかけば
あなたがそばで寝息たて
不思議だな遠い銀河(そら)
びわの実パレードがゆくよ

不思議だな あなたの言葉だけは おぼえてる
何故だろう あなたの声だけは 潮騒の上

夏の絵ハガキかけば
あなたがそばで寝息たて
不思議だな遠い銀河
びわの実パレードがゆくよ