君がいた夏は遠い夢の中空に消えてった打ち上げ花火君の髪の香りはじけた浴衣姿がまぶしすぎてお祭りの夜は胸が騒いだよはぐれそうな人ごみの中「はなれないで」出しかけた手をポケットに入れて握りしめていた君がいた夏は遠い夢の中空に消えてった打ち上げ花火子供みたい金魚すくいに夢中になって袖がぬれてる無邪気な横顔がとても可愛いくて君は好きな綿菓子買ってご機嫌だけど 少し向うに友だち見つけて 離れて歩いた君がいた
ほら はぴはぴしてる止まらない自分がダイスキ!!笑顔盛れてる広がれもっともっと信じてる自分いなきゃ何を使ったってつぎつぎに あぁカベはあるの信じてマイアイテムいつもよりも上手いアクションまた一つ覚えて考えるだけじゃダメ真実は感じるものでしょせーの! 123456何が出たってダイジョウブ「上手くいかない」んじゃないよまだ途中ブレーキなんて使わない 今は楽しみやチャンスはもう待ってるんじゃなくて探すも