ポプリの葉 – あいみょん

結局忘れられなかった
香りを買いに渋谷へ
簡単に自分の香りを
捨ててしまうような女です

普段はあまり行かないような
お店に入るのもいいね
この香りにたどり着くまでに
本当に色々あったな

馬鹿だって分かってる
懲りてないよな
まだだって 捨てきれない
思い出があるよな
もう一度 もう一度
あの日に戻ってやり直したいな
そしてこの香りとは
結びつきたくなかった

結局忘れられなかった
香りを抱いて家に帰る
こんなに小さな袋の中に
2年前の私がいます

ハサミで封を切る
溢れないように
ひとつ残らず受け止める
自分のために

ひとつずつ ひとつずつ
蘇る思い出がフワリ落ちてゆく
そうだった そうでした
こんなにも好きだったなぁ

涙は出ないけど
あからさまに揺れる胸の中
傷ついたくせに
あの日傷ついたくせに
もう一度 もう一度
あの日に戻ってやり直したいな
そしてこの香りとは
結びつきたくなかった
結局忘れられなかった
香りの中で今日も眠る

コメントを残す