Tell me baby どんな君もひとつ残らずに教えてよBetter days どんな毎日も一秒だって見逃したくないよ 繰り返してる終わらないルーティン変わり映えしてたい君とならハミ出したいなYa ready? この手を取って Let your fears go哀しみには愛をSo let yourself go胸の夢中 燃やしたらStay wild and Be free! 新しい朝陽が昇るような笑顔僕に見せてよ
文明開化 人類退化このどうしようも無い僕を救って何かを削って 失いながら求めてる虚飾と 無個性なオリジナル 消えたい気持ち消えなくて Infection(ああ 無限スクロール 身勝手なカスタムインストール)見えないものに縋ってる Addiction(刹那的フェイク 傷舐め合って自己愛アウトブレイク) 止まらないバナー眠れない焼き尽くすまでばら撒く パラフィンおかしくない? 仲裁ぶって楽しんでんじゃんか?そ
高い空を見上げながら君のことを思いだした笑いあったそして励ましあった君と僕がここにいた 夢を求め奇跡を求め神戸の街で戦っていた全てを背負った君の後ろ姿に決意と覚悟を感じてた 桜の季節と共にやってくる君の笑顔と苦しんだ顔僕は忘れずとっておくのさあなたの残した全てのことを 高い空はとても晴れていて君を遠くに連れ去っていった僕がそちらにいったあかつきには酒でも一緒に飲もう カッコつけでプライドが高くそれでいて涙
希望と不安が交差する今日も感情線を握りしめて目を閉じていても浮かんでくる情景振り返らずに立ち止まらないでいこうビルの隙間を風が吹き抜けるように追いつけないほどの速さで 夢 叶えていきたい 照らしはじめる道をどこまでも走るんだ君がいて僕がいて 開ける未来スタートラインまだバラバラでいいから答えを見つけに 今 動き出した もしこの心が折れそうになっても君といれば駆け出せるの共に見た景色忘れないようにずっと
誰かの正しさのため心すり減らし生きてきた僕らは気づかないうちに疲れてしまっていたんだね Baby let me hold youBaby let me hold you tight涙を見せて 僕にだけ oh noBaby let
目覚めはいかがです?Ladyブランチは甘いパンプディングお客様が見えました新調したドレスを… 大きな花束はいらないそう ここで捨てて太陽の光を 浴びたら今が オープニング 貴腐ワイン 一口でどうぞ甘い味 溶ろけ 転がってAppetizer 何もいらないわ背徳は いかが? ようこそ 我が城へ(Please come in)誰も知らないでしょう(Take your time)仰せのままに I protect you永遠を
当たり前の日常さえ ああ 嫌気が刺すな夢に溺れて笑ってた 夢を見ることが楽しかった そうやって今日だって嫌になってさ きっといつか叶うなんて明日になれば晴れ渡るなんてそんなのどうだっていいさ土砂降りも駆け抜けんだよ いつからだろう 愛想笑いが上手になったな嫌々進んだ道の先に 何が待っているのか そうやって今日だって嫌になってさこんなんで腐っちゃってどうしちゃってんの? きっといつか叶うなんて明日になれば晴れ
Good morning, baby昼すぎて まだ寝てるキスで起こして出かける用意進まない oh oh ohゆっくりと oh oh 車に乗り込んで走らせて行く当てなんて決めずに好きな曲をかけて君の笑顔に酔っていたい そう Beautiful day別世界のよう君といるだけでもうそう Beautiful dayいつもより輝いて見える Sky 君となら怖くないどこへだって行ける気がするの二人なら君とならForever 日は沈み まだ
時がくるまで この道は続いてく時計の針は止まらね 神さまにも通じね空に飛んだJet 俺ら雲の上増えるPainとGain もっと愛とYen傷を癒やす巻いたJoint setきりがないたってI know人はそんな変わらないよ自分の気持ち大事だからそんな 心配はないよ俺の家族仲間最高 これ以上なんてないよ刺激的に遊ぶ毎夜夜に目を光らす ライオンキングかまう暇はない 友達とただ笑いステージの上歌歌い 俺ら金の
たくさん殴った意味も無い理由も無いけれどひたすらに殴って叱って飽きるまで殴って殴って 殴って 殴りました I miss you, I miss you腐っても笑っていよう 味気無いこんな夜の日は一人になろうねぇ 一緒に居る時はなんて話をしてた味気無い夜の色が濃くなると孤独が加速悲しみにあぶれた今日を救えるのは自分しか居ないんだ もう知らないよ もう知らないよ もう知らないよ 迷ってばかり意味も無い理由も無いけれどひ
裸足でつくった 人間タワーそれぞれの場所で 根が生えた 一人では何も 生まれないむかし むかしから一つずつ息が 合わさって高い空へと 伸びていった 何かをつくって 誰かに伝える人と人で 人から人へ思いがつながる今 届けたい ものがある もういいかい もういいよそれだけでいいよ ここから飛んだ 言葉のかけらころころ転がり心を乗せて 風になり広い空へと 飛んでいった 重ねた積み木で できたタワーすぐに崩した何度
Woo baby everybody wanna be wanna be これくらいのお弁当箱中身に my life 詰め込み頭の中身ポポッポー 冗談じゃないね遊んでるだけムリムリ野暮用シカトで朝までどう? coming go go Once upon a
4枚の喜びと 1枚の悲しさを誰にも言わず飲み込んで僕らは永遠になったあの頃誓いを立てたこと覚えている?夜の森 コヨーテのアーチをくぐり僕らだけの秘密基地で手を合わせたこと 入り口は開けたままにしてあるんだいつでも手を差し伸べられるように 寂しさは新しい出会いのための処方箋いつも探しているんだよ 列車に乗り込む少年性 線路を響かす大人への足音 僕らは何者になれるだろう教えられるのはきっと僕だけ分かっている
夕立の匂いがして 街は騒がしくなって私は一人になってしまった貸したままの本と 借りたままの傘が帰る場所なくした 家路を急ぐ人 うるさい雨音前髪がうねるのをこんな時さえ気にしてる夕焼けの歩道が綺麗だったことを話す人がもういないんだな 歩き出した私の歩幅も 流れてるメロディーもすべてがあなたに繋がっていたよふと見上げたこの空は 何色と呼ぶのかな明日になったら私の心も晴れるかな 二人過ごした日々はグラデーショ
それより前を向けといま 声嗄らし胸が泣いた失くしたもの一度きりで 元には戻せないのでしょうか 横並びの雲が目をはなしたすきにどこかへ行ってしまうように何もかも 世界に求められる僕なんてどこにもいないと思ってたのに信じること 信じたときありのままの自分がいた ハローイエス 頷けばその一歩がハローイエス 見たことないあの地平を目指す それでも毎日は知らない場面で溢れつづけた不安な日々を解き明かす ありったけの
(Love is like a sweet lemonade) カサブタ剥がして また思い出して眠れぬ夜君が好きだったレモネード 2つを1人で星達はダンスして 慰められてる気分今は乗れないや そのリズム 華麗なステップに 苦味は全部 白い砂糖で掻き消せないかな溶かしてしまえば 忘れられるよね 今夜こそ 酸っぱい恋にかけてよシュガーいっそ甘いだけ 残してよ夢の中でいい 強引ハッピーエンド 塗り替えて癒えない傷がちょ
暗闇の中閉じ込められていた不安な日々だった 1人きりだった寂しい世の中に光になった これから私たち2人だけの世の中いつも君を守る準備ができている今から私だけ信じてついてこいそれなら私は何も怖くない Sayin’ louder louder louder louder今この瞬間君と一緒にI wanna say it louder louder louder全てを感じられたら You are my number
期待しないようにずっと生きるの、と決めて gone byWhy? 優しさでは越えられないものがあるさ いつだって悲しみや喜びの主人公は私だったのにね 空っぽにもなれない心から泣ける日が来たとしたら“take me faraway” ..ニヒルな月は見ている 俯瞰して冷めた顔で強がりの 要はbad girlWhy? 素直さではやりきれない日々があるさ いつだって心臓の音だけを頼りにして帰る場所なんて 無いと思ってい
君が置いていったウイスキーほろ苦くて喉の奥が燃えるように熱くなる ひとつふたつ数えて息を深く吸い込んで蝋燭の火を消して指を重ね体寄せ足りない何か埋め合ってもタイムリミットのベルが鳴ったの どんなに枕を濡らしたとしても意味なんてないのよそれじゃいっそ君の好きな香りの中眠るの 君が置いていったウイスキーほろ苦くて喉の奥が燃えるように熱くなる君が置いていったウイスキー最後のKissによく似てる胸の奥が熱くなる
さよなら 体温と唸るメロディーかすかに染みゆく風 どこまでも続く あなただけの世界何が描かれてゆくネットで探す答えに 載ってないよな世界目を眩ませてた 言葉の海を泳いで 流れ流されてきたのたどり着こうとする姿に 鮮やかな陽が差して さよなら 体温と唸るメロディーかすかに染みゆく風これから 軸を忘れぬように私、歌っている 誰かの答えは 聞こえないふりした涙 数えながら笑顔のふりして 踵を返して涙の意味を 声
夢の続きを まだ見てるおいら夢の続きは 甘い匂いがした 夢の欠片を 拾い集めるおいら夢の形は 触る感覚がしねー 嗚呼 声が届いた先に 君と二人でいた指の間 こぼれ落ちた これも夢か 嗚呼 声が届いた先に 君と二人でいたそして僕らはここで 確かに歩いていた指の間 こぼれ落ちた砂が時を 切り刻んだ これも夢か
掠めた栄光の明 瞼の裏には一つ一つ積み上げた夢への路吸い込む息が揃った その瞬間、輝き眩い美しき声達から響く奇跡を…愛を知って(愛に賜う)支え合って(弱さ捨てて)降りみ降らずみな 揺らぐ日々も今ではもう 懐かしさ込み上げてく 広がる未来ぼやけた色の上に縁取られて今 彩りを見せる繋がる未来へ届け 私達から奏で合えた「私達の音」一歩ずつ進み 手にした場所そう、此処にある まっすぐ踏み出す勇気 聞こえたエー
いらないの 愛の人なんて 知らない聞かないの 僕は人だって いらないへこんだり 転んだり止まんない揚々と歩いて行く 世界 相性 愛憎 なんだって 嫌ったり終わんないよう 前を向こうなんて 言えない知らない 知らない悟んないよう 愛を歌っていこう 甚だし卑しい 揺れる 談笑会 談笑会求めてないのってそっと触れるように優しくしたいから全て 万々歳 万々歳一人じゃないのってきっと晴れるような背中を見たいから押
おかえり、ずっと待っていたよもう大丈夫だからおやすみ、君の明日はどうしたってやってくる 行け、行けその明日がきみを苦しめようと行け、行け痛み知る優しい人でありなさい 言葉よ、どうかいつも側にありこれからの奇跡に全部形を与えてください そうしてきみは小さな幸せ宝箱いっぱいに集めて世界を愛してください でっかい夢も綱渡りの不安も話してごらん未来を今、始めよう萌ゆる草木のように逞しく生きて傷ついたら泣きなさい 行
たとえば奇跡の起こる仕組みを勝利の因数を 知っているかレンズ越しの星空の組成式解き明かしたい当たり前だろう? 仕掛けに行くのさ俺が 策の渦を仕掛けに行くのさ俺が Round and roundRound and round曲線の行方 導いてRound and roundRound and roundこの掌(てのひら)の上で 閾値(しきいち)を突破加速度を上げてRound and roundRound and round描けよ 
高天原から参られし 島生みの神降り立って伊邪那岐と伊邪那美命 命を受け天の浮橋渡り降り 天の沼矛を託されて「こおろ こおろ」と掻き回し塩滴りて千畳敷 心に見える於能碁呂島天地に、天地に宿る生命を受け継ぎてはじめ生まれし国の名は 淡路之島の穂之狭別生きとし生ける大いなる 時を紡いで輝く生命かたじけなさに涙こぼるる
歪んだ世界と兄弟僕らはいつの間にか交わって「考えようよ、待って」なんて言葉はしまって始まってる 沈んだ世界にドラマ僕らはいつの間にか駆け出して愛してるんだガッテムとめどない情熱 今も渦巻いてる 未成年飲酒の常習犯やけにイケた街 うるせぇな高級車窓開けたら 叫べ こんにちわお前ん家の犬も 叫ぶこんにちワンってな 分かり合えた友がいる今日も当たり前じゃねぇなんて事が分かる先に大人になってゆくんだねぇ Def T
wowあー如何にもこうにも止まれないいつも残念期待交じり合う無理難題反対ぽっかり穴が邪念騒ぎの始まりです oh そうだ なんかな言われてらいつも全速力でスルーする日々毎日一日あっという間に溢れ返ってるキャパシティー 繰り返しだ わかってんだ自分を護りたいだから Don’t stop baby価値観down!心捻心捻攻勢求めてねぇだから Don’t stop baby孤独にcome on!心捻
twinkle spot is everything. Because I can relax in that place.If I drove you here
あなたが私を抱く手が好き小舟を岸に結ぶようです不安に揺れ動く心をつないでて今日まではあなたに逢うため生きてた気がします 肩寄せて歩きましょう季節のふちどりを愛は結びあう指先に静かに揺れます 私がくじけそうになったらあなたは叱りながら支えて一人で生きるには淋しい街だから風の中 人のあたたかさ不思議にしみますね 頬寄せて話しましょう心の扉(と)をあけて愛は信じあう事だよと教えて下さい 肩寄せて歩きましょう果て