すぐ終わっていく 消えていくの 恋なんてね今きみの中で 揺れる気持ちも それと同じ眩しくて美しくて傷だらけの日々に戻りたくない きみが好き そんなことは間違いだから抱きしめるなら 例え嘘でも永遠を約束してもう 私のこと一人にしないと言って 悲しい夜でも やりすごせると そう思うの?愛すること 失うこと 同じくらい 怖い信じたくない きみが好き 独り言じゃ我慢できない苦しいよ ねえ 世界中 全てがきみ
キミがいないだけの素晴らしい世界でキミがいないだけの物語は続いていつもの空の色 季節も自動で変わるテレビでは耳慣れない国のニュース 何も変わらない キミがいないだけで どこにいてもすぐに僕を見つけたキレイでまっすぐな眼差しで玩具箱みたいに きらきら輝いて無邪気に笑うキミが大好きだった 僕の知らなかったキミの涙とか僕の知らなかったキミの傷跡や抱きしめられなかった キミの弱さとか役立たずの言葉 キミをすり抜
越路(こしじ)の里に舞う風花はどこかしあわせ 薄い花あなたと別れた旅路の果ては耳をすませば瞽女うたがあゝ……聞こえます 明かりの帯をひきずりながら闇を流れる 汽車のふえあなたを怨めば涙もやせて飲めぬお酒も欲しくなるあゝ……未練です 鉛の空につぶされそうな北の町にも 春は来るあなたを忘れて今日からひとり生きてゆきます泣かないわあゝ……わかれ唄
<Little more…もう少しだけI wish…願っていたいLittle more…あと少しだけI wish…Let me stay at your side…> 風がそっと髪を揺らしたとき街も人も何故か止まってみえた(まるでフォトグラフ)思わずキレイだと伝えたくなる知らないフリが出来ない気持ち 不意に鼓動早くなる言葉交わすだけでひとみが合うだけで嬉しいだ
世界はこんなにベリー便利なのにご飯食べるのめんどくない?毎日朝昼晩と果てなく続く本能、ざわめきおとといと今日じゃ気分違うし雨は降るし充電ないし米はないし卵もないし乾く本能、ゆらめき 健康が1番だって誰かも言ってたっけ命あってのワンチャン夕暮れ迫って精神切羽詰まっちゃってオーイェ 君に会いたいな だから ベジタブルたべるたっぷりバリバリたべるベリーグッドにじっくりもっとたべるみどりいろもたべる あかいのも
CUTE×3 想い弾けるギュッと×3 抱きしめたいのそっとじっと待っていられないから CUTE×3 磨き続けてキラッ×3 輝きだすのもっと(もっと)もっと(もっと)ときめけ きゅんっ×4 夢の中で見ていたようなストーリー受けとった電波つなぐ 君のハート次元を超えて集まるヒカリ遠くから呼んでる声が聞こえた気がして (shining up!)本気で叶えたい(moving up!)見に行こうよ 一緒に(flyin
捨てたはずの足枷引きずったままでいたこれで本気出したなんてどんなツラ下げて言えるだろう 嗚呼あの時ああすればなーんて 自分勝手な思考で増す願いマグマの様燃え滾った かつてはでも今じゃ成れの果てのカルデラ忘れないって言ってた失敗もトラウマになって怖がる心配性なにがしたい なにが欲しい全部中途半端 自分が嫌になりだす このまま敗者の理論で誰かのせいにしたならもう二度と戻れなくなるこの場所で朽ちるだけ 何度で
見たくなくて 壊れるのが怖かった期待しちゃだめだ ハリボテの言葉誰か泣かせちゃった?誰か殺したっけ?まとわり付いて 泥みたいに取れない視野が狭くなった 沼に足を取られただ怯えてるだけの 無抵抗の亡骸声に出して誰かを呼んでみる?雨の音混じった 優しい声がした 夜が少し通り過ぎる頃小さくて優しくてちょっとだけ時間が足りないそれでもただ前を歩きたくてそんな君と笑い合いたい 平等に時間が回るこの世界で同じ物を
向かう先もないのに 走り抜けた薔薇の園悔やむはずもないのに 涙は溢れて飛んだ Where is wonderlandShe might Tell you if you wantIs it real, wonderlandEverywhere, if you
声を震わせながら 君は思い出の中二度と戻らない朝 行こう もう一度 忘れないで 今日だけは 見上げた星空 悲しい記憶に フタをするとね笑った あの人が 愛しい記憶まで 消えてしまうのよ
穴の空いたそのときにどっか飛んでって僕は戻れなくなってここに浮いているここは窮屈な君のための理想郷僕はそれすら思い出すことができない 秋の香り、僕は既にこの世の人ではないけど君の香り、君が僕を思い出すことはないけど好きさ 君はなんでも知ってるみたい君はなんでも知ってるみたい君はあのこと知ってるのかな君はなんでも知ってるみたい ぶすな金魚が腹の中で退屈に絵を描いてたいいところになって余計な線を引いちゃった
冷めた眼 波打ち際 このままこの海に抱きしめられたいそう言う君は 波の隙間縫うように一つ 僕に息を吐いた そんな彼女を抱きしめてやれたら この冷たい海も消してしまえたのかこの愛ひとつで君を攫ってしまえるなら波に飲まれる前に伝えなくちゃ 伝えなくちゃ 伝えなくちゃ 真っ白な肌 浮かぶ青を 優しく撫でる君の横顔隣からずっと眺めていた 僕に気付きそっと微笑んだ そんな彼女を抱きしめてやれたら この冷たい海も消
Inspired, Yeah80s のアレコレに惹かれ中ディスタービアでだいぶスリップ、タイム・トリップ満ち潮のムーンライト 超常現象 気付きゃ あの時代 スタジャン、イカすじゃんケミカルウォッシュが Rock![I Want it, I Need it]「会いたい」カウントダウン度数がデジタルに減るテレフォンカード[In the Telephone Booth] 不自由な自由がそこら中に無数に浮遊 シンセサイザー響かせて 未
You pick up the phone, I pick up the bandsYou pick up the phone,
Big shotRun it Ok i got it 常に街は火事 we on a mollyてか俺の周りの仲間たちが初めに来たPartyThrow some more Blow
「ようこそ!バースデーパーティーへ!私はケーキの妖精!」「僕は紅茶の妖精!」「ああもうこんな時間!みんなも準備OK?安全バーをもう一回確認して、お誕生日を盛り上げていっちゃいましょー!」「いっくよー!」 カスタード 生クリームチョコレート ストロベリー今日だけは ゼロカロリーだって スイート バースデー! 好きなもの 全部全部乗せてあんま~い 私をさあ 召し上がれ!ハッピーバースデー!! 生まれてくれて
19時15分 現場へ 僕のやり方 決まってる得意の風呂掃除 息を止め洗剤を 15分待って一気に男の風呂掃除 毎日毎日磨くのよ 誰のためでもない繰り返してきた事だけが 生きた証 小さな事かな? あたり前かな? 生産性も何もない?ただ生きるだけ 安心して一日の 疲れをとる辛かった出来事もほら 僕が癒す 警察官も 宗教家も 政治家も役人も芸能人も ネットサーフィンもどっかの社長も 宇宙人も こんなに毎日君を癒さない
ハッ!! ソイヤッ!! ブラァ!! フンヌァ!! 恥は捨てろ恥は捨てろ お前らの恥は捨てろ恥は捨てろ お前らの狂わす正常 ぶっ壊す性能狂わす正常 ぶっ壊す性能 S(S!!)U(U!!) M(M!!) M(M!!) E(E!!) R(R!!)Summer夏★楽しんで行こう! Enjoy summer buddy buddyGo Let’s Go!!Enjoy summer ダーリンハニー超結合卍笑い合ってしぇけし
白と黒と真白lala lala lala lala la lalala涙 うずくまった 後は立つしかないだろ? 君には 聴こえるかい?lala lala lala lala la lalala白を黒に 変えられても真白に戻せ 時代が変わった ステージ変わった救われぬ涙 戻らないあの日どん底に生きて 生きて行けと私にくれたあなたの詩 憎むべきものは 憎むしかなくて叫ぶように生まれる このメロディは涙に寄り添うからAh 白と黒と
相も変わらず信じちゃいないね誰も彼も寄生虫みたいでされど耐えりゃ金がたらふく入ってこの暮らしから抜け出せる訳じゃない 僕は端から信じちゃいないねそう言える事に酔っていたいね時計の針が動かない僕を見てる 馬鹿に付ける薬などないね壊れたものは二度と戻んねえそれなのに匿名医師様は僕を治す気もない怠け者だって言うんだ 明日は我が身と思いたくないね神様のおやつにされるなんて真っ平御免だって叫ぶが頭上から手が伸びて
幕間 舞台の袖 深呼吸心を通さず 体でときめき つかむ一瞬
35℃に届きそうな初夏の気温でも piece of cake強がりを美学に変えながら俺は考えた 昔に戻れたらどうする?もう少し甘えた方が良かったそしたら努力も運も味方に付いたかもな 夏の向日葵 向日葵白球がフェンスを越えるPM5:00のサイレンが BGM取り戻せなくなった眼差しが見守る秋の陽だまり 陽だまりあんなに尖ってた熱さは全てを包み込んで歩き続ける俺の胸を温める 夏の向日葵 向日葵熱狂の中にはもうちょっと
そうだ、僕らがヒーロー そうだ、僕らがヒーローだそうだ、アースグランナーだそう、ライドオン! そう、 ライドオン!さぁ、準備はいいかい? Let’s GO! キズナレベル 上昇中今日も イイね (チビるなよ)フルスロットル かましちゃおうアクセル 踏んで (マッハすげぇ) Gya-Wow-Wo GA-Wow-Wo百獣の王者Jya-Wow-On Sya-Wow-On華麗に 舞うようにキズナ合体だ
半歩後ろを付いていく社会に見つからないように千鳥足がもつれてもあなたは気付かない 3度目の今夜は少し刹那的な気分だわ次はないと分かってても切なくなる あの子には出来ないことなんでもして欲しいのあの子とは出来ないことわたしなら出来るから 愛もないのにラブホテル抱き合いたくて止むを得ずどうせ朝にはいなくなるから今は何でもありの夢の中へ 乱暴に使い切る時間退屈しのぎのお遊びだから1人帰る淡い朝は昨日の続きみたい
もういっか君が居れば何も要らないってベタな言葉明日何時 近くの町で君とランチ夜まで遊ぼうOh! Oh! Come with meおしゃれして Go もう良い感じの今日今何時か忘れちゃうくらい楽しいんだよ もう今朝は友達と居て 今は君と居る明日は君と一緒に起きて 友達を待つ大事なこと忘れないようメモに書いておやすみなかなか寝付けない夜はYoutubeでサーフィンまた会う時まで距離はこのままでまた電話しよう俺か
時を刻む音 鳴り続けてる鼓動割れてしまった夢 シャボン玉のよう 散らかったままの薄暗い部屋にもそよ風は歌うよ 窓を開けたら 生まれたての空気を吸い込んで今なら街がすべてが僕のものだよ 外では光が踊っているからきっと昨日よりも暑くなるなこれからなんだかいいことがある気がするよ予感がしてるんだ テレビの中では魚が泳いでいる思い出せそうな夢 浮かんでは消え いつかの記憶か まぼろしを見たのかまた逢えると思った 逢
混じり気の無い青色でこの街を塗り潰したいな要らないものが増えすぎやしないか?飾り気の無い青色でこの街を塗り潰したいな必要なものが埋もれてはいないか? 干からびた海のように心ががらんどうにならぬため歌にしなくちゃいけないんだ まだ微かに聴こえる青い音色の記憶が僕の中 美しく燃えているんだよただ確かに鳴り響くこの鼓動と混ぜ合わせ紡ぐから メロディよ そこにいてこの感情 まだ消えないでいてくれないか 青い音色
オールOK! 絶対大丈夫夢は何度だって叶うからあの青空の向こう側へと全力スマイルで走り出そう 今日のテストは×× (ペケペケ)落ち込みたくもなるけど帰りにいつものとこで 甘いケーキ頬張ってやる! SNSでSOSを出しても既読はスルー誰か魔法の呪文をなげてください オールOK! 絶対大丈夫夢は何度だって叶うから無数の壁をクリアしてゆこう 傷ついたってへっちゃら 準備OK!きっと大丈夫風は何度だって吹くはずさ
Ayo, this shit is all jokes so likeShut the fuck up Ayo, tell Eminem to
ひとの前では 馬鹿ばかりにぎやかだけが とりえの私好きだとまじめに 言いだせなくて友達にされちゃう 俺の女に なりなよあいつ酔ったいきおいで言ったひやかされただけ 傷ついただけあいつはあの娘と 出来てるくせに 赤い涙 赤い涙好きになるほど つらくなる笑いながら 言ってあげたのあの娘を大事にしてあげて 私の気持ちも 知らずにあいつあの娘を ほめてばっかりドライブしたとか ケンカしたとかうれしそうに話す 私だ