わめき合う猫と犬を見て笑った寂しいのになぜ素直に泣けないのあきらめたあなたのため息をたぐり寄せるI wish you had stayed here for 5 more minutesI was about to say
I was the one who had it allI was the master of my fateI
のどが渇いてる 愛が渇いてる やけにムシ熱い何もしたくない 会えない心が やけをおこしそうはしゃいでも 誰と会っていても 胸はみたされちゃいないまぶしく光る夏も 青い空も ひとりきりじゃ 通りすぎてくこれ以上隠せない 熱い想い誰にもわたしたくない その眼差しを素直になりたい 困らせたくない 心 見失う何をすればいい 声さえ聞けない ベルを鳴らそうか少しでもそばにいられたなら 君をもっと知れるのに弱
Oh! No! No! No!ちょっと魔がさしたんだそう、僕は君だけが全てさねえ、情状酌量をください僕独りじゃ生きてけないOh! Jesus!そんな眼で見ないでもう、金輪際 心入れ替えるよねえ、だから執行猶予で一度だけ見逃して計画的な犯行のこのアリバイ工作も君だけは騙せない小手先の手品じゃ No! No! No!まさに恋愛裁判君は僕にどれくらいの罪を問う?最終弁論 涙の後に君から告げられた僕は「有
最後のキスはタバコの flavor がしたニガくてせつない香り明日の今頃にはあなたはどこにいるんだろう誰を思ってるんだろうYou are always gonna be my loveいつか誰かとまた恋に落ちてもIll remember to loveYou taught me
bunca buncaとか言ってる シワが言ってる てか見てるbunca buncaとか言ってる シワが言ってる てか見てるなんだかんだとか言ってる シミが言ってる てか見てるあーだこうだとか言ってる シミが言ってる てか見てるこれから命をどうすんの そうよこれだから退屈はbunca buncaとか言ってる だから知ってる過去を知ってるbunca buncabunca buncaとか言ってる シワ
なぜこんなに不安な気分なんだ?知らない男(ヤツ)の話をしてるオマエなぜこんなに弱気な自分なんだ?空の雲さえ笑っているみたいだI wanna say I love you曖昧はダメだ 今日はココロの絆を 確かめよう今 今 今Give me a chance手のひらに爪の跡力入り過ぎ 瞳を見たら近くてドキッとしたよついて来て欲しいんだだから打ち明けよう勇気を出して オマエだけにそうさ 手のひらへと隠し
ぼくのなかのRockn Roll口づさむMelody帰り道はいつも華やいでとがったココロいやしてくれるきみに出会うため生まれたきたんだと想うのさI dont cry any moreI dont cry any more研ぎ澄まされた二人の気持こわしたくないTo the sky, to the
切なさといとしさの 糸が絡む夜明けの窓あの日のように 寄り添ってみたの行く先も告げぬまま 扉を出たあなたよりも揺さぶるものは 見つけられなくて忘れようと決めて だましだまし生きてきたそうバラもユリも 枯れておしまいと吐いて捨てたあなたに抱かれ幸せだと 涙で昨日を取り戻すの酔わせて抱えてくちづけして あなたの破片よ 私錆びついて色あせた 合鍵でも使えるよう形は元のまま残してある行く先も決めかねて 迷
瞳を閉じて君を思うの優しい声シガーの香り隣で眠る私の髪をいつも撫でてくれてたね2人には限られた時間しかないこと分かっていてもそばにいたくてずっと一緒にいられたら口には出せないこの想いまた出会うことできたなら今度はそばにいたいずっと今だけは私をみてone last kissone last kiss...幸せな時間がつづくほど本当はすごく怖くて運命がもしあるのならば2人はなぜ出会ったの?I cant
太陽が眩しくてまた一つ嘘をついたの上手く行くよと日々は過ぎ去って吸ってる煙草も変わったけどその気持ちはどう?もうここにいることはないよ会いたくなったら手紙を書こうよDont careMove onIts so hardBut boys, dont cry!Dont careMove onBe yourselfCause boys dont cry愛をなくしたと怖くなる夜は途端誰にも会え
となりでいつも 笑いかけてくれた君はもう 今はいない泣かせた事を 心に残るほど 悔やんでいるから交わした約束が 守れなかった僕が 今できる 全て君の幸せ祈る 遠くから想ってるいつまでも この気持ち 大事にしたい寂しくなったら いつでも 会いに行くよ愛する気持ち 変わらぬ想い...目には見えない 愛の形を彩るように 包んでくれた君の存在 なくした事全て 悔やんでいるからつないだ手と手が今 離れようと
ニーナちゃんは、ウリウリ王国のお姫さまズッキー君は、売れない釣り具屋さんそんな、ふたりを取り巻く物語…こんがらがった ココロの ニーナ恋かもしれない♪ キ・モ・チ恋心って ズキズキ ズッキーニYES! ワンダーランドむかしむかしの話あるとき 起こったニーナ 湖主(みずうみぬし)がガオっと 襲ったいまは売れない釣り具屋突然 登場!!助けられたドキドキはこれって なあ~に?だって ズッキー 会いにいき
長靴の中の感覚も無いのに まだ遊んで日は暮れても また明日だって同じ無限の自由が広がるのにべた雪の丹前にくるまって仰いだ空が あまりに広くて吸い込まれそうで怖くて べそかいたのはいつの日かあっと言う間にこんな風に僕らは大人になっていたよ「イヤだイヤだ」と駄々をこねて戻りたいと眠るだけさ屋根にぶら下がる氷の剣を取り合って無我夢中で闘って折れたら 舐めて かじって不味くて ただ笑ってふとした時そんな風
Mama,Do you remember the old straw hat you gave to meI lost the hat
愛は灼熱の律動運命より激しくゴールドの胸に抱きしめて溶けるような amore mio情熱のDANCE ジリジリと熱くそれはじれったいくらい強く固く抱きしめ合って飲み込まれてゆくのもいい赤裸裸なキスを 熱く高鳴る場所へ息が詰まるほどに汗ばむこの肌に もっともっと近づいてねえ、本能のままに燃えて 燃え上がればいい染めて 染められればいい体 預ければいい心 奪われればいい愛は灼熱の律動運命より激しくゴー
今日はどんな物語始まるかな? 最高級にハッピネスがいいよねドキドキもほんのちょっと体験したい きっと全部かなっちゃうハズだよ!Bless! (Bless!) 信じて (Bless!) それがとっても大事なルールだよSing! (Sing!) 歌おう (Sing!) 忘れずにそっと願いごとかけてそう、どんな日でも天使さまは見てるまっすぐに祈ってみよう 届くまで音符にかさなったキミのメッセージ ちゃん
アンタ誰? 「あたし死体」何がしたい? 「恋がしたい」何のため? 「子供のため」なんて嘘だよーんここは何処? 「ここ地獄」学校は? 「すでに遅刻」何のため? 「子供のため」なんて嘘だよーん僕は産婦人科建てて毎日お産をしている女たちは妊娠告げるたび毎日嫌な顔をする(やめろ)(やめろ)僕は賽の河原で毎晩人を殺してる子供たちは堕胎告げるたび毎晩嫌な顔をする(やめろ)(やめろ)悪かったな 俺のせいお前のせ
DJ play that music louder, お願い二人でいるのに I miss you近くにいても Boy I miss you少しだけbaby (the
そっとゆれるBloomin your eyes風のようなGroovin your voiceいままでとは なにかが違うちぐはぐだよHeart Beat心の意味が わからない迷いそうで かなわないいまの気持ち 言えるはずないこれはなに?どこまで好きになるのこの先になにかがあるの二人はTipping Tipping pointそうTipping Tipping point wow wow夢までShake
ふと気付けば 君の事 目で追いかけてるふとした仕草に ココロを奪われるオサエキレナイ!スキもキライも全部ゴチャ混ぜで転げ落ちるように恋に溺れてくのさあー どうして僕は君じゃなくちゃダメなんだろうI WANT YOU 君の瞳が 僕の世界を乱すよ胸を振るわすeverydayそうさ もっと もっと もっと…君を もっと もっと
お気に入りのモノはぜんぶ 知っといてソンはないでしょ?あたま~つま先まで Baby ロックオン★キュンっとする仕種に胸が フル回転 遠心力で異次元の妄想へと Oh ワープなう★突っ走るのが 恋する乙女なのだゆえに 涙もみせる 手段は無視無視♪おえかき大好き 思い込みじゃないんだからね!時代がきっと後からついてくるんだ…ってば!あなたが大好き 思い込みじゃないんだからね!いまのじゃ 全然足りない ま
ねぇ、ねぇ、いいじゃないチョットだけなら いいでしょう酔ったふりして からみつく好きな貴方に 甘えたいどうぞこのまま 抱きしめて夢も咲きます ねぇ 恋の花帰りたくても 帰れない胸についてる キスマークどうせ帰れぬ ものならば夜も溶けます ねぇ 腕の中ねぇ、ねぇ、いいじゃないチョットだけなら いいでしょう飲んで心を だましてもいつか貴方が
夜行列車おりて ただひとり夜明け真近の オホーツクこんな別離(わかれ)を するためにおまえ愛した わけじゃない…風の風の風の 風の北斗岬へ一生一度の 恋を恋を 捨てに来た赤く錆びた錨 その陰に咲いた夕顔 見て想うあんなせつない 瞳(め)をしてたおまえ残して 来たけれど…風の風の風の 風の北斗岬に一生消せない 恋が恋が 吹きぬける遠い汽笛聞けば また浮かぶ抱いてやりたい うしろ影二度と逢う日は ない
誰かを好きになったら 心はときめき相手も答えてくれたら なるようになったら例えばね それがうまくいったならそれが幸せと言える感じなのかなあれからボンヤリして 心と話がない少しも自分らしくない時間が過ぎてく今でもね たまに思い出すけれどあなたのせいにはもうすることはない例えばね 恋に似た始まり方ならそれで幸せな気分になれるのかな多分 あなただけを愛してる例えばね それがうまくいったならそれが幸せと言
唄者達ぬ夜が更け 踊者達ぬ夜が更け太陽ぬ上がるまでぃ舞い遊ばイラヨイマーヌ 舞い遊ば月夜浜には花が咲く ゆりのような花が咲く青く白くもえてよイラヨイマーヌ 花が咲くイラヨイマーヌ 桃の花 イラヨイマーヌ キビの花イラヨイマーヌ 木綿花 イラヨイマーヌ 花が咲く月ん灯ん波に受け 戻し戻されくぬ浮世大和夜までぃ照らし給りイラヨイマーヌ照らし給りイラヨイマーヌ 波にぬれ イラヨイマーヌながされてイラヨイ
喰らってばっかり貪ってばっかり欲望の果て行きの急行に乗る祈ってばっかりねだってばっかり怠慢の果て行きの急行に乗る行方知れずのままでいいだろう矛盾してばっかりゴリ押してばっかり傲慢の果て行きの急行に乗る身の程知らずは 地獄へgo on the road天井知らずの 俺でいいだろう心配しないで安心しないで予想通りで脱力EVERYDAY混乱の果て行きの急行に乗る願望の果て行きの急行に乗る欲望の果て行きの
まとわりついてくる空気 から回りツイてない扇風機君がさえないのなら缶コーヒーをグッと飲みほして かんかん照りへバッと今飛び出してすぐに迎えに行くよ退屈とからくりばっかの毎日で への字な顔さガラスの心くすんでるから光のような僕はキカイダー 世界の果てまで連れてゆく泣き出すなんて赤裸々だって誰もがそっとこらえてるのさだからサイドカー 君を乗せて不味そうなまんまるのクッキー大層な缶カラとあのクーピー君が
(Love song for me)(Love song for you)(Love song for my life)誰かに貸したまま戻らない大事なものもあったけど今ではどうだっていいと思う君がそこにいれば手に負えそうもない手に負えそうもない夢中になればなるほど手に負えそうもない手に負えそうもない抱きしめれば抱きしめるほどあんなにイヤでキライだったはずのあいつはどうしてるだろ変わってく街や時代、
もう愛が溢れてしょーがないあんたと生涯を共にしたいねん別に何もかもが理想じゃないけどずっと一緒にいたいねん(Hear weh mi sey!)「一生一緒にいてくれや」 嬉しいよあたしを選んでくれて「愛を持って俺を見てくれや」もちろん今のあたしにとっちゃあなたが全て「一生 一緒にいてくれや」 どっちかが死ぬまで、一緒にいたい「ちゃんと俺を愛してくれや」 うーめちゃめちゃ愛したいいつもあんたちょっと仕