涙流すことすら無いまま過ごした日々の痕一つも残さずにさよならだ 一人で迎えた朝に鳴り響く誰かの音二人で過ごした部屋で目を閉じたまま考えてた 悪いのは誰だ分かんないよ誰のせいでもないたぶん 僕らは何回だってきっとそう何年だってきっとさよならと共に終わるだけなんだ仕方がないよきっと「おかえり」思わず零れた言葉は違うな 一人で迎えた朝にふと想う誰かのこと二人で過ごした日々の当たり前がまだ残っている 悪いのは君だそ
(パーティーもそろそろ終わりね、皆楽しめたかしら?)(最後にとっておきの話しをするわ) 彼女は海賊アマゾネス自由に黒い海をいく 錨をあげろ!(ドキドキしてきた。早く続きを聴かせて頂戴)宝石なんかは欲しくない 星の輝きにとてもかなわないだから さあ 行くぞ 冒険だ(わーっ一緒に連れてってー) WAHAWAHA毎日大暴れ竜が火を吹く魔峡抜けARIARI今夜は祝盃だ樽を開け肉を焼け朝まで踊れ (もっと続きが聞
お月さまが生まれたらあの星を撃ち抜こう年老いた小舟で肩がふれた頃君は昨日の夢を枕にすこし目を閉じた海辺をまくる戦車のいびきに安心していたんだね よそ見をしていたら秒速で君がいなくなってしまいそう告白したいけどできないんだいつか離れたこの夏を思い出すよ お月さまが生まれたらあの星を撃ち抜こう年老いた小舟で肩にふれた頃 君は間違えに気づいて答え合わせの僕に背を向けた日記をなぞる戦車の寝言に僕は破けてしまいそ
黄金の輝きの中で 君が振り返るたびに言葉を失うこの一瞬をなんて呼ぶのかさぁ今すぐベッドにもぐりこんで ロマンスはきっと (キザじゃない僕らにも)降り注ぐはず そんな気に君はさせてくれる 悪いことをしてると感じてもあぁ君とならそれすら美しくて(だめだ) みくびられてた (日陰に居続けて)ほんとうの自分 そんな気に君はさせてくれる 君の隣で目覚める時 ああどうか終わらないでずっとこうやって生きていたいって そ
楽しいがいっぱい お腹もいっぱい (なりたい!なりたい!)ドジしてドタバタ 騒がしいじゃない? (これ!これがいいの!)ぐるぐる回る グルメ de エブリデー (おかわり常識)ストップ駄目だね みんなといたら (ラッキーチャンス!) 太陽にっこり 弾けてSHINIG準備万端でしょ? 優勝☆365日まるごとぱくっとご一緒に思い出を重ねちゃおう!! SAI*KOU スタートダッシュ!君となら間違いないナイナイ
とびきりの笑顔で とびきりの嘘をついた太陽まぶしくて 帽子のなかに隠れた ありきたりな会話も ありふれた日常もこぼれないように全部 抱きしめていた 夢をみつけて 夢を追いかけ 夢にしがみついて 走る答えなんて まだ ないけど君といた夏 君とみた空 君といる未来は何色?帰る場所は いつも あの日 信じたい 信じてる守りたい 強くなりたいバカみたい 膝を抱えて祈ってる本当は ホントの心 ひらいて1人じゃない
カンパリソーダ片手 バルコニーに立って風にさらわれて グラス落としたあの晩の 夕陽の悪戯心はこんな色だった私はそれを恋だと思ったの 振り向かずにやさしい背中見せて私を両手で包んでくれた人私にはこんな冬の風が似合う 色をなくした口唇 あなたが忘れたシガレットくわえ 気付く指先の香りTalking About Fallin’Star少年の目をしていた話うわの空であなたを見つめたの 目を閉じれば耳もと
新しい気持ちが高まるのを感じてるのさただうれしくて楽しくてどうすれば落ちつくのでしょうか 笑いかける顔が、はにかんでて超素敵さ絡め取られた心の芯が君の目に映り込んでいそうさ レーザービームガール もっともがきそうなほど胸のビート刻みこんじゃうずっとずっと響き渡ってるレーザービームガール ちょっと嬉しそうだから腕のシートもたれかかってずっとずっとこのままステイしていたい 流れ星に誓えば二人でリング買いに行
花が開くように願いが叶うようにMANKAI!!!!!(MANKAI!!!!!)MANKAI!!!!!(MANKAI!!!!!)自分を好きになろうラララララ物語は続くよラララララみんなで笑顔になろうせーの!ブルブルbloomingMANKAI!!!!! 春の匂いが僕らを染める出逢いの数だけ感謝するストーリー咲也(咲也)真澄(真澄)綴(綴)至(至)シトロン(シトロン)いきますよ~は・る・ぐ・み!!(SP
Don’t stop, Look in my eyes,I’m gonna light it誰も知らない そう、小さな光One flame, Inside of me,It’s my
街路樹を濡らす ピアニシモの雨歩道橋に たたずんであなたと綴った 夏の物語瞳閉じて 読み返す 失って 気が付いたそばにあなたがいる 暖かさ Just a rainy day’s dream 交差点にあなたと似てる 人影I want to be with you 追いかけたいだけど あなたに逢えても言葉が 涙になるだけ 私が選んだ グレーのジャケット人の波に 消えてゆく あの夜の さよならはまぶしすぎた愛の 悪戯
あの頃は何も無くてただ凍えてたBack in the daysそんな日もただ隣にお前がいたから超えて来れたぜ 止まない雨消えない影無かった金それさえバネ行き場を失ったあの夜もいつでも信じてたMy bro 今も歌ってるThis is my love変わりはしないだろThis is my loveいつまでも離れたく無いいつまでも離れたく無い今も歌ってるThis is my love変わりはしないだろThis
どんな言葉なら信じてくれるかなうつむくあなたに焦がれる思いどんな言葉なら言えるのかなあなたの笑顔がふいに切なくて 気づかないフリに私気づいてる恋の叫びは届かぬまま知らなかったでしょ私の視線はいつもあなたに向いてたこと 会いたいのあなたに伝えたいただ知って欲しい あなたへの想い夢見るのあなたのそばにはあの娘じゃなく私がいると 時に喧嘩してなぐさめを求められあなたのずるさに嫌になる日も淡い期待を抱かせながら
夢がかさなる歌が生まれる新しいステージへEnsemble Stars!! GO!! つながってはじめて歌だってわかった運命のフレーズ不揃いに瞬くリズムを蹴って星を掴もう 飛び込むんだ はじまりの空思うまま(Hey!)彩って(Hey!)Ensemble Stars!!(Yeah!!)無限の可能性で走り出す待ったナシの青春の鼓動 ひとりひとりが輝ける場所 見つけた色はオンリーワン(Shine on the stage)
blessin 渡した合鍵なら返さなくてそのままで変われないいつも気ままな俺、振り回してたsorry for ma lady時間稼ぎ適当並べ、結果ありがち離れ離れリーバイスみたく引きずるワケblessin 時間戻してくれ 昔の話になって、美化された思い出破った約束ならキリねぇでも待ち合わせは五分前とても身の丈合わない店食べログか一休、予約してシャツは上までボタン止めて見慣れないワインで箸休めあのときよく見
ずっと眼前で争って傷つけ合うから眠ったフリして逃げたきっと存在でトラブって居場所を失くして嘆いているだけ 心が燃え盛ってる喉元が焼けてく愛されたいだけなのに手段が違ってる言葉が燃え盛っている呼吸さえ歪んでく愛されたいだけなのに嘘みたい 同じ肢体で繋がれない甘い独占欲の下に不埒なまま濁った思い出すこともできない肺の燻ぶる気持ちを浅い夜攫って 心が燃え盛ってる喉元が焼けてく愛されたいだけなのに手段が違ってる
窓の外は落葉のメロディ木立つを駆けてく風が見えるラタンの椅子揺らして一人あなたの幻追いかけるの フランス映画のひとコマみたいにTell me … Je t’aime 恋に陥ちたとたんに 誰もがヒロイン夢の綴れ織りダイアリーあなたの愛だけが 欲しいの今はお願いよ… Look at me ため息だけカップに浮かべあなたの名前を呼んでみるの 愛してると云ってくれないクールな横顔… いじわるなの 淋しさ知るのが恋な
Do you hear the magic hour? 同志共闘でHEY BOY!その声でまた踏み出せるぜ同志共走でHEY GIRL!バカな人ねと抱いておくれ限界突破のRUN&RUN思い出だけじゃ戦えないぜ全身全霊を止めるないつだって胸で言ってんだぜ! この世に生まれて来たからにはおまえだけが持つ たった一つ持つ命の炎 燃やさなけりゃそんな人生つまんねぇだろ!暁を目指せ雷鳴は響く心はもうホラ 気づいてるぜホラごまか
血も涙もない人生なんて我が目指す道に上等分かんない訳ない心の声よ聴こえてきた戦え余りある汚れなき血潮fightin’ the life 収まり難し腹の虫なんて深く知るほど妄想もう明けても暮れてもままならぬ性ただ乱世を漂え限りある焦燥感 目もくれず“待った”入れないでアンタ知らないでしょう永久find myselfいい機会だから今リターンマッチ 絶頂シャウト闇切り裂いてIt’s alrig
(遠い街の 遠い星の 遠い時間(とき)の話問いかけて 解きかけて 通り抜けて 消えた) ほんのすこしだけ 目を閉じて思い出せはじまりのほう 暗がりのほう 懐かしいうたほんのすこしだけ 涙を拭え思い出せこの先でみた 暗がりでみた 消えそうなあかり なんで泣いてるの?どうしてここにいるの?物語は ぐしゃぐしゃに絡まってるの 時間(とき)はまるで 街はまるで 光り輝く 螺旋の球(たま)無限の星くず はじけて 
透視でヴィーナス 見えるジーザス 投げるヴィーナス光る閃光弾が照らすクロスはりつけのポニョ崖の上見えるジーザス 投げるヴィーナス受け止めるような振りしてまたお前を騙してる 今何時?また目の前にカラカラの野菜干からびた野菜狂う女子高生 見たくないスーサイド 愛、何にも知らずににゃんにゃんおお母さんにありがとうを お父さんにさようならを辞めるの人間ボーナスステージ二度と戻れないの海月の子 海の底 ゆらゆ
不自然色の空 見慣れすぎて狂わせるコンパス季節が見放したままこんな迷路 どこまでも迷路 窓辺に見えてるプラスティックの City lights I say missing my angelだまし絵なんて 破り捨てBlessing to my desireかすかに映る 約束の地キリキザマレテモ ツナギアワス日々I say missing my angelひずんでいく叫びI
Ocean OceanOcean Ocean 俺はWarship 傷だらけの砲身幾多の嵐で満身創痍ソツ無き理論武装も 君の前じゃ不毛零す涙一滴で化す 海の藻屑と 女は海 まるで一つの国堅固な憲法と言語 持つ無垢な海神(わだつみ) 恐ろしいが美しい 決して支配不可能愛おしい 狂おしいほどShe Is Sea 知りたい 記したい君のRias式海岸のカタチ 新大陸財宝の方へ帆を張れ パンパンに 甲板で喇叭に代わり鳴らすR
24時(じゅうにじ)を過ぎたころきみが見えたんだどうしても届かない虚空みたいだね 不可思議な存在だって誰かが言ってた積み上げられた INDEX読み解く術は どこに行けばわかるの?きみが残したありふれた響きたち手を伸ばして かき分けてもまだ届かない 愛 NO この世界で 滲む声の中歪に輝く 希望(かけら)のサインもう一方で真っ直ぐに きみを求めてる不器用な心情パレードここでいいの? それでいいの?わからないね
Hello, little starAre you doing fine?I’m lonely as everything in birth Sometimes in the darkWhen
あれは確か夏の星座遠い記憶プラネタリウムは夢の中 時がたって 目をさませば消えてしまう玉手箱の煙のみたいだ カルピス飲み干して夜空を見上げたら時間がほどけた 夏の流星は 思いがけないノスタルジーです思い出して 苦くて変な痛み続く冒険は 昔のままの遊覧船で忘れかけた あの場所へと向かう不思議なサマーデイ それはいつも 笑っている古い記憶フイルム写真は夏の色 幼き日の魔法はどこに消えてしまうタイムカプセルは土に
ウォオウォオ ウォオウォオ僕たちはここに来た何かをするために… 人と人の巡り合いとは何かしら意味があるもの一人きりじゃできないけれど力合わせればできるだから君にそう神様がちゃんと指を差してくれたんだ ウォオウォオ ウォオウォオ僕たちはここに来た願いを持ち寄ってウォオウォオ ウォオウォオ未来へのその途中一歩ずつ歩こう 巡り合って何を語ってどんな夢見てるのかって共に過ごし手探りしながらやっとわかり合えた日々
月が白く翳る朝顔を擦る小さな猫待ち合わせの街灯は青い光ぶら下げ佇むこの街を出て海が見える場所へ夏の匂いを嗅ぎに行こう 抱き上げて自転車のカゴの中君を乗せて旅に出るんだ汗ばむ季節に置いて行かれぬようにペダルを漕いだ鈴の音は凛と響く朝
それなりの経験積んで 年を重ねても間違えることは そりゃあるはずさそれなのになんでこんな 適当な言葉でわかりきったこと 繰り返してるだけ Oh No! 問題に しっかり向き合ってOh No! メモ読んで 終わりじゃないんだOh No! 未来のニッポン 見据えてくれよ信用もなくすぜ 大人の嘘は みんな幸せ願って 働いてるんだろ一所懸命も 理解してるさでもその幸せだって それぞれ違うはず決めつけるよりも 話を聞
It’s my life Don’t worry, Go ahead!どんな瞬間(とき)もIt’s my life, It’s my life, It’s my