Tell me whyどうして泡のように消えてった夜には花が咲く水になる Dance at the moonlightWhile thinkin bout youMy eyes don’t shed tears Dance at
堂々とした足取りで歩くゆっくり動く街並み feel so good我が道を行け自尊心のred carpet瞬く間にbreak through 最新のfashionインプットしたってwhat is your roots??もっと深いシーンに 眠っている感性不完全な いつかのフレーズ呼び覚ませ reload in this city this city唯一無二
Special request from the sunshine太陽と乾杯 じっとしてなんかいらんない 季節の到来 真夏のShow time Summer Vibes たまらん夏の始まりだ 一気にBurning Burning 燃え上がるSummer Vibes 止まらん夏を味わいな 一気にBurning Burningもっとホントにホットになっちゃってやっちゃってなんちゃって言っちゃったりしちゃって とびっきり熱す
眠りのゆりかご 揺り起こす電話明るいあなたで よかったけれどあの日の別れが この胸よぎってくちびるかんでる 真夜中あなたのためだけに 今日まで生きて来た想い出ひとつずつ 忘れたいのにgood-bye good-byegood-bye good-bye悲しみを終わらせて ふたたび私を 嵐にまき込む小さな誘惑 のこしたけれどあなたはなんにも 気づいていないのふたりの居場所は もうない私の生き方を わかっ
花びらのよう舞いながら髪をなびかせメロディー奏でようとても素敵ね風のコーラス幾重にも重なり 幾重にも重なり人生をつくっている 不思議な力が背中を押すのいつも前に進めるそんな気がする 風に向かう一輪の花可憐に強く咲いていたいあなたの愛が太陽となって命をくれたわ“ありがとう”って言わせて笑顔でいられること 花びらは散り種になり命が芽生え永遠が生まれる変わらぬ想いは奇跡ねまっすぐな気持ちは まっすぐな気持ちは
あーぁ推し肌恋しいなぁ 部屋から観る無観客ライブ夜9時のインスタライブ てかネットサイン会ってなんだったのなんだったの 料理とかもするようになったよくわからん家電も買ったもうなんでもいいから推しに貢がせて はぁーん!またイベント延期だってー (泣いたー)再開するって言ってたけど今はまだしょうがないよねぇ画面越しに拝めるってだけでありがとうだもん今はわがまま言わずに良い子で我慢 ソンナノムリ 推しの肌に触れたい (
All I can beHave what we needWhat you’ve got to do is to give
TOI ET MOI, DANS LES RUES DE TOKYO,DU BETON DANS LE SANG, LE COEUR
軋む青いフェンスの錆をかすめて沈む太陽の角度が東空の隅に刺さる頃に君とさようなら 遠ざかる街並みの中に薄くかかったソーダ色の歌が第二宇宙速度で光る頃に君とさようなら いつか僕が星になって地上照らす日が来たらアンドロメダの向こうにはきっとこの歌が響いて 玄関先の水たまり飛び越えるみたいに君のこと探しに行くから待っててよ僕ら星になれたなら
Listen to my heart beat ナミウテココロなりたい自分は きっと きっと まどろむまま バスタブの中 潜り込んでため息 ぷかり 浮かべたぶつかったり 重なったり 泡のような心の在り処は掴めないまま 一人きりじゃ このMoonlight優しすぎて痛いのさ だから今夜語りかけてみる Myself 耳をすませば Listen to my heart beat ナミウテココロなりたい自分はきっと 夜風の向こう
All around the worldThere is a new way now次はどこへ行こう望む方へ 重ねていく memory追い越していくようにDriving a new world聞こえてきた melodyまたいつもどおりLoosen
君や僕が一点を見続けることができたならばどれほど美しくなれるだろうかそれはわからない きっと僕が名もないこの気持ちを歌にのせきっと僕が名も知らぬ、あなたに想いを馳せる コバルトブルー色のその綺麗な瞳で何を見何を思うの そっと教えてくれ ハッピーラオコーンそのままでいこう世界は思うほど美しくないハッピーラオコーン気ままにやろう世界は思うほど捨てたもんじゃない 焼け落ちた家から見える空友とはしゃいで見上げる空
(う~、れっつごー!) がめんのなかで はりきってはいじゃんぷ(パッパッパヤ ちょうせんだ パッパッパヤ たのしいね!)変身だぜ いぇーす! かっこいいヒーローに(パッパッパヤ 決めポーズ パッパッパヤ たのしいね!)ミニチュアハウスで おままごとも(パッパッパヤ こんにちは パッパッパヤ たのしいね!)ぜんぶやっちゃお いぇーす! くたびれちゃうまで(パッパッパヤ まかせて パッパッパヤパ!) つみ
あきらめのドリンクバー 並んでいるのは君のためだった手をぽんとたたいて はい、このショーはおしまい人形をしまって 糸を切ってみても まだとけない魔法 あなたと気づかないで とけない魔法そのまま ひとつずつ 飽きがきて 輝きを失って 言葉をなくす手をぎゅっと握って 綴りを思い出して 何度でも言わせて 糸が切られても まだとけない魔法 あなたとタネあかしても とけない魔法そのまま 腕をあげて さぁショーを続け
雨降りでも気にしない 遅れてても気にしない笑われても気にしない 知らなくても気にしない 君は仏様のよう 広野に咲く花のよう だめな僕を気にしない ひげのびても気にしないうしろまえも気にしない 定食でも気にしない 君はまるで海のよう はるかなる太平洋たたずまいは母のよう さとりきっているかのよう げにこの世はせちがらい その点で君はえらい凡人にはわかるまい その点この僕にはわかるよ 君とランチをたべよう いっ
ダーリンマイベイベー ダーリンマイベイベーロックンロールは分からないけどあなたの歌なら歌えるよ 錆びたギター あなたの声 大好きだったの ほんと錆びたギター あなたのエレキ 大好きだったよ私を見て歌わないで 新宿駅 下北のライブハウスが あなたにはよく似合うガキのくせに可愛げないって 言われた歌舞伎町でマイクに口つける あなたは私の中の ロックスターしゃがれ声と アルタ前に映る売れてるミュージシャン切
愛というものは 心のドア 叩く事と いつしか気づいた愛というものは 全ての心 奪っていく事と 感じた 大好きな人が 隙間埋めて 忍び込んで 掴み取られてく二人の言葉 ぶつかって 時に儚く 崩れ壊れる 何が幸せ? 探すけど… 立ち止まり 振り返る涙が溢れる 朝日が眩しくて 強く願う夢 あなたとただ 弱い意思に 飲み込まれていく二人の気持ち すれ違い 流れて消える 夜のとばりに 何が人生? 見つからず 後悔を
ひとに言えない 苦労をだいて生きて来たのね ねえ あんた飲んで下さい 分かっています私も辛い 辛いけど飲んでるあんたは なお辛いいいの私は 女房です 背中を向けて 静かな寝息眠るふりして 泣いてたあんた知らぬ素振りも おんなの務め私は笑顔 心がけとことんあんたに ついてゆく強い絆の 女房です 正直者で 頑張り屋さん少し時代に はぐれたけれどそれはあんたの せいではないわ幸せくれる 神さまがあんたを忘れ
小手先だけじゃダメだって Oh-Babyだからって腕組みだけじゃとどまって出会えない未来 足踏みしてちゃ見えなくて Oh-Baby逆らって飛び越しちゃうと見過ごして遠回りだけど あとだしジャンケンの 勝ちゲームばかりじゃ着飾ったトロフィーが背をむけて苦笑い 止まらない 迷わない 戻らない信じたこの道止まれない 迷えない 戻れない 信じたい 伝えたい 届けたいここでさよならを掴むんだ Invitation 思い出だ
Breathe outDon’t changeFreaked outForgotten who you used to be?Breathe outKeep faithSo you can breathe
「ふたりで旅に行かないか?」私の時とおんなじセリフで可愛いあの娘を 口説いたそうね優しいあいつは 裏切り男覚悟していた この結末にうろたえたりは 絶対しない…でもね本気で惚れてた 本音は悔しい心うらはら あまのじゃく 心チリチリ あまのじゃく 浮気の上に 重ねる浮気お酒のワルサが 罪つくり遊びで始めた 恋の形は遊びで終わると 誰かが言った意外と深い 心の傷は女の小さな 勲章よ…でもね本気で惚れてた 
君がいるとさこの世界の全部が綺麗に綺麗に見えるんだ ベランダは海になって天井は夜空になって人混みは花になって 心は瞳になって街灯りは星になって日々はダイヤになって ずっとこのままでいよう二人だけの世界は二人で回していこうあとは全部置いて行こう好きな時間に寝て夢から覚めるのさ 今夜 君と手を繋いでこの街をそっと抜け出そうと思うんだ二度と戻れなくたっていい時も気にしなくたっていい誰にも会わなくたっていいこのま
さあGenie!Genius!お呼びです!よっGenie!Genius!まいどです!ねえGenie!Genius!ピンチです!ほら出番!急いで!早く!!! ピンクのハートのランプ 三回擦って どうだ?わたしの中のジーニアス 叶えてくれるよね「ねっ?」大どんでん返し展開プリーズ 渋谷サイフ落としてもオーライ月曜終電逃してもオーライ告る前に振られてもドンマイ魔法の呪文 Do Re Rally ニコニコしてれば福来
不安とそっと踏み込んでた東京のハトは目が赫い召されるこんなラプソディ君は聴いていない カチっと鳴るまで蓋をしめてポチっと押せば輝けるって察しのいい人ばかりで楽をしてしまうよ 水ん中で不発弾座右の銘は造語せめてあったかい風呂でずっと空虚ずっとジェット感受性が邪魔するんです もう終わっちゃえやめちゃえそれでも歌っている終焉のベル 誰もが近いみたい 後の祭りどうやら私 浴槽に顔を突っ込んでいる目的はない ライ
わけもなく涙がこぼれそうで 早足になるあくびしていつも通りやり過ごそう雨上がりの街 少しずつ忘れては軽くなるだけどかなしい僕の心はまだ傘をさしてる 春になったらかっこいい靴を探しに行こうどうでもいい話をきかせてよ 休みなく働く電車の音 光る街角春はすぐそこ 鼻先をくすぐる 春になったら かっこいい靴をさがしにいこう僕らの好きな曲を聴きながら 過ぎてゆく いくつもの風景になつかしい顔いつまでも大人になれないね
Tu tu tu…あなたは どこに いたの?Tu tu tu…きみこそ どこに いたの?Tu tu tu…隠れていたの ずっとTu tu tu…ふたりが出会うために Sha la la…運命の人夜が ふたりを包み こぼれた月明かりSha la la…やっと めぐり逢えたの夜は あっという間ね 明日の中で 微笑む
くだらない先入観なんて捨て去って集めた統計学ばっか気にしないで 引き戻さんと この先 屍早く引き戻さんと履き違えたヒーロータイム 黙れ フィーリング 印 埋葬振りかざした正義感黙れ フィーリング 印 埋葬君はよく語る語る黙れ フィーリング 印 埋葬振りかざして優越感黙れ フィーリング 印 埋葬君はよく語る語る 甘い蜜ばかり吸って何を学んだのこちとら守るべきものがあるんです見えますか 見えますか 唾を吐いて
西の空に赤い雨さんが降った時クジラのスーさんお空を泳いできた北の旅で風邪ひいたクジラのスーさん大きなくしゃみを2つ3つするとスモッグ灰色のお空は青い青いお空になりました 北の空にキラキラ星さん降った時クジラのスーさんお空を泳いできた南の旅でのどかわいたクジラのスーさん海のお水をゴクリと飲んだするとヘドロウヨウヨの海はきれいなきれいな海になりました 西の空に真っ赤なお日様沈んだ時クジラのスーさんお空に消
朝目が覚めて wake upCheck it 君からのDMたぶんこれ明け方また夜遊び Give a sigh(Haaaaaah)まぁ一応 you keep a promiseこれでも better than beforeまったく
長く続くトンネルを抜けた頃に冬が終わった 歩き慣れたアスファルト張り合うような硬い靴底 見上げた三日月は覆われている 遠い空から光はそそぐきっと きっと きっと いつかは指に触れるかな 鍵を開けた外窓の滑る音が響く真夜中 生きるために笑って死なないようにひとり泣いてた 見つめた星影がかすんで滲む 遠い空では光が灯るなんで なんで なんで 自分はここにいるのかな 暗い空へと手のひら伸ばすこんな こんな こんな 自分