It’s beautiful days… It’s crystal time…温もりと愛に包まれる日々は いつだって君が側にいたよねキツく抱きしめて 二度と離しはしない 満月の下でほら この手を掴んで君を忘れたような振りをして 歌を歌い続けてる どこか遠くの街だとしても届いてくれてたらいいな鏡の中に潜んでる 影を 心の隅に隠してどうして? いつまでも想っている
限りのない夢の道 今も前に続いてる歓声が突き抜ける 瞬く光超え遠くまで溢れるこのエナジー 背負い走る全力で未だ見ぬその栄光を 今みんなで掴むんだ 最強に自由なパッション強烈に残す印象ありきたりな日常そんなのどうでも良いっしょ!! さぁ 新たなステージを見て(わっしょいやー)さぁ 試練を駆け上がれ We make(わっしょいやー) あの光を追い求め あの光を追い越して涙は夢の代償 こぼれ落ちてほら 消えてゆく
心に流れた 悲しみはいつか刃となって刻まれた まだ張りつく裂傷 どれだけの日を足掻いてきたろう行方不明のイグジット ヒヨってなんかいられない 時は待ってくれないから胸の奥のかさぶた この手で引き剥がして未開の 大地へと ネクスト! つらみ 現在進行形 今も ズキズキ 痛いや逆らう風に 唇噛んで (全踏破!)限界突破地点 目指せ バクバク 脈拍消失点のその向こうへ開いた傷口が 獣みたいね 笑えた日なんてあん
「生きているだけで偉い」って自分で言うな現実逃避はそこらでやめてくれ自分がなにものかなんてもうとっくに気付いてるだろう? 『もうそういうの聞き飽きたわ』 責任感などありゃしない結局ありがちなメイビーいつまで待ったら変われるの?一生そこに立っていろ ずっとダラダラガタガタ吐かしたってやる気はないって 本心が筒抜けだ嗚呼 嫌な事全て投げ出して逃げ切れるほど 人生は楽じゃない 分かる? 「楽して上手に生きたいっ
ある日獰猛な一角獣が不意を突かれて どなたかに刺されましたまるで見事なそのツノも折られて全てを奪われてしまいました 暴れてしまいましょなりふり構わずにね行くとこまで行くだけなの時には傷つき傷つけ合ったりもしてそれでも人は忘れてしまうの 甘い罠に乗っかって迷いの森にいる何もかもを失ってひたすらに彷徨うあぁもうわかんないや どうせまた奪いに来るでしょうやいのやいのってお祭り騒ごうや 仮面を被ったヒトの群れに
ブスになる権利は  侵すことのできない 永久の権利として 国民に与へられると 憲法11条に書いてる美人の彼女は ジロジロ見られて 毎日告白されて 断って腱鞘炎になり 精神的な損害を受けた 彼女は美人でいる事の 被害に耐えられなくなって豊胸じゃなくて 乳房縮小 ブスになるほうに美容整形し太るが 乳がんリスクを減らす薬 プロゲステロンを手に入れてソクラテスのように潔く ブスになる毒杯を 飲み干した 美人は
It’s a crazy summer.That we can even melt.A sound of gun fireAnd over lap
世界中で隠れん坊 透明なアイツが襲うから隠されてるキミのクチビル ボクにだけ見せてよ だったらDance!!ジャンプして気持ちよくなっちゃお飛び出すシャワー 浴びながらキミとのダンス 濃密なディスタンス集団パワー高めちゃおUp & down Right to leftジャ ジャ ジャ ジャンプ! もう会えない そう思い込む 必要なんてあるのかなキミとボクを隔ててる壁 越えて抱きしめたい だったらDan
正直でいたいからありのまま生きてたいから性懲りもなく今日も胸の奥バカみたいに燃える真っ白な炎 さあ旗を揚げよう負けるもんか!意地を張ろうキズアトも勲章恐れないで 戦おう! Rise up!Fighting flag!!Rise up!Fighting flag!!Rise up!Fighting flag!! YeahRise up!Fighting flag!!Rise up!Fighting flag!!Rise up!
もういいよ I Don’t Need You今は一人がいいもういいよ I Don’t Need You出会いも別れも同じ訳周りから同情受けてもほっとく虚しくなるだけもういいよ I Don’t Need You 泣ける程好きだったあの子仲間に取られたのは It’s
何気ない泡に Up and downあくせく揺れる僕らは“Let’s swing” 掲げる Musicの主人公のように Back to back気分次第で頬張れば こぼれる LoveDo you wanna see that? Life
母ありき 野菊の人よ帰らない 帰らない 心の人よ夕やけ小径(こみち)を 歩いたね一緒に童謡(うた)を 歌ったね「おかあさん おかあさん…」そっと呼んでもあゝ…故郷(ふるさと)の 風にちぎれる 母ありき 涙の人よ会いたくて 会いたくて 悲しい人よふたりで東京へ 行ったよね一緒に汽車に 乗ったよね「おかあさん おかあさん…」そっと呼んでもあゝ…故郷(ふるさと)の 風にちぎれる 母ありき 瞼の人よいつまでも
Show me your love手と手重ね合い守りたい 君の笑顔一つずつ僕らは連鎖しながら明日を描いてく 見慣れた 街並みの中歩幅を揃えて歩いてる どこか少しだけ愛想を尽かしたりして 興味は無い 何となく合わせる為だけのLifeそんな繰り返しの日々ほら何も残らない大切な 誰かの為に僕たちは今一つになる事から We can do it Show me your love手と手重ね合い守りたい 君の笑顔一つずつ僕らは連鎖しな
叱(しか)られて 叱られてあの子は町までお使いにこの子は坊(ぼう)やをねんねしな夕べさみしい村はずれこんときつねがなきゃせぬか 叱られて 叱られて口には出さねど眼になみだ二人のお里はあの山を越えてあなたの花のむらほんに花見はいつのこと
ねえファンシー君の声が無性に聴きたくなる夜があるんだ倫理も法律も宗教も 届かないところで僕を見つめてねえファンシー ねえファンシー 僕の見とれた涙よねえファンシー 僕の部屋へおいで 街は人ごみと嫌な匂いがするぜ 地球儀の皮をむいて 待ち合わせをするのさドレスコードに弾かれた僕ら2人 似た者同士何も持ってこなくてもいい 何年遅れても構わない 僕の唇と君の唇があれば ねえファンシー君の声が無性に聴きたくな
クラスきってのプリマドンナ誘いたくって 五里霧中アップサイド ぶち破れ天井涙なんかは越えちまえばイイさ 大人ごっこで 夢を買って皆の視線 独り占めアッパーでもぶちかまして送る叱咤に 是非もないわ 退屈な日々に 舞い降りた Smokin’ Girlこっちを向いてBaby 愛を乗せて Rock ‘n’ Roll Wake up! 唸れヴィブラート本能で Go ラララ Round &#
真夜中すぎから熱がかなりあって うなされて起きた起き上がる力なくはないけど 今日は休もう 目覚ましがいまかいまかって顔で 叫ぶ準備してる今日は一体10月何日だっけ? どうでもいいか 白々と明けていく朝が 部屋を侵食してぼくの身体は粉になって消えてしまいそうです そうだ 今日はもしかして君のバースデー忘れないでよって よく言われたっけそうか 今日はやっぱり君のバースデーこんな 10月の日 君は生まれたんだ
秘密のタイムマシンに乗って会いに行くよ肝心な時 頼りないのは変わったつもりだよ17の夜に戻って お前の腕を引き止めてここにいろ 他に行くなって強く抱き締めに行こう 喧嘩して別れて俺らそのままTwitterは勢いでブロックしたまま互いに離れてから数年が過ぎたお前がInstaしてんのは知ってた 見てた あん時と変わらないその容姿Baby faceで飾らないピースサインはいチーズって誰が言ってんの?本当は俺が
兎(うさぎ)追いし かの山小鮒(こぶな)釣りし かの川夢は今も めぐりて忘れがたき 故郷(ふるさと) 如何(いか)にいます 父母(ちちはは)恙(つつが)なしや 友がき雨に風に つけても思い出(い)ずる 故郷 志(こころざし)を はたしていつの日にか 帰らん山は青き 故郷水は清き 故郷 忘れがたき 故郷
夏の日焼けの跡 君の妖艶なbody月夜に照らされて 絶妙なcontrastさ 抱き合う前の深呼吸 seven-starを吹かしてSaturday Sunday Monday 揉んでふくよかなその胸を 君としたいAh すぐにしたいAh硬くなる胸の先っぽまで 愛情を注ぎたいここでしたいAh 深くしたいAh中指じゃ届かない場所まで しっとりと濡れるまで黒いアロハシャツに飛び散る白い情熱の花火 火照る肌に付いた 砂
恋と似たり寄った思いが肌を震わせる愛とか聞き慣れた今日があぁ イケない実の様な 揺るがない思いだと信じ心を見届ける掌から伝う赤い跡が残る 私だけを呪う私だけが昇るあなただけはあなただけはわかる様に話してみるから 叶わない夢を見てる溺れられず踊れてる敵わない人が居る消えれずに浮かんでいる消えれずに浮かんでいる 犠牲にした心の声が今更聞こえてくるひとりに閉じこもりそうなあぁ 今すぐ逃げそうな 軽々突き刺せる刃物
美しい藍色の目で世界を見ているどこまでも澄み渡り白い朝がやってくる 削られて尖って困ることなんかないまだまだいけると思う 若い僕らは 満ち満ちしているよ芯を燃やし続け大体のことはいいじゃないかって笑ってしまおう 死んだりはしないから大丈夫だよいつも通りのいつもに胸張ってまっすぐ歩こう 美しい藍色の目で世界を見ているどこまでも澄み渡り白い朝がやってくる
せーの! パンパンパパパパパパパッパおに!パンパンパパパパパパパッパおに!パンパンパパパパパパパッパおに!パンパンパパパパパパパッパおに! いくよ! いないいないばあで睨めっこ初めましてのご挨拶(ハロー)お近づきの印にピーチでピース受けとってハートとハートを重ねればむすんでひらいて絆を確かめ合ってドキドキ始まる皆さん準備OK?? 鬼さんこちらに寄ってって人さんこちらに寄ってってあいうえおったまげてランデブ
仲間との絆を その胸に抱いて閃光のように一瞬に 全てを賭けてく 何度も 燃え上がる 宿命に立ち向かっていくんだと 覚悟を 決めたなら Oh 傷ついても Oh つまずいても進め この旅の果て 君の描く未来へ 何度もOh Oh 立ち上がれる You’re the bravestOh Oh 立ち上がれる You’re the bravest あの日の約束に 心が熱くなる夢見たこの場所は 今はどう見
ナゾナゾみたいに地球儀を解き明かしたらみんなでどこまでも行けるね ワクワクしたいと願いながら過ごしてたよかなえてくれたのは誰なの? 時間の果てまでBoooon!! ワープでループなこの想いは何もかもを巻き込んだ想像で遊ぼう アル晴レタ日ノ事魔法以上のユカイが限りなく降りそそぐ 不可能じゃないわ明日また会うとき 笑いながらハミング嬉しさを集めようカンタンなんだよ こ・ん・な・の追いかけてね つかまえてみてお
人をかき分け前に進み奪い合うのに疲れる日々椅子取りゲーム残されてる席は少ないぜ 甘ったれてるそのまにまに奪われていくもの横目に俺はあんたと同じように生きていけやしないぜ 嗚呼…息苦しいよな 呼吸を我慢して嗚呼…せめて叫ばせて このままじゃいられない 共に叫べよ 選んできた自分で 自分がないと嘆く君も取捨選択選んでるだろう積み重ねて作れる自分好きに選べばいいぜ 嗚呼…あざとく賢く風穴空けてやれ嗚呼…腹の底眠る 
代償なんかに払う価値は無いな狂う価値は無いな 笊勘定ばっかり払う価値は無いな喰らう価値も無いな ただ眼前抗えず此の奇天烈が痛いよ嗚呼残像が揺れている嗚呼揺れているみたいだ 灰色に重ねていった羽が白くはためく飛べる様に成るまで 足掻いていよう愛故に重ねていった羽が酷く震えている離れない様にさ 離れない様にさ乞う 同情なんかに惑う事は無いかい?慕う事は無いかい? そりゃ強情なんだよ笑う事もあって叶う事もあった ま
Rise of the empireMeaning of the startEnding of the endingAlliance shall be begun Shall lineThe
答えなんてみつからない考えても悲しいだけね解ってても繰り返して問いかけるの自分自身に 正しいと信じたくても後悔の気持ちだけ揺れる あの日の夜の冷たい雨は頬を流れる涙になった胸が痛むわ あなたを想い今夜も一人 空を見上げてみるの 優しかったどんな時も支え合って頑張っていたいつの間にかすれ違ったどうしてなの わからないのよ 大人とは言えなかったわ幼くて迷惑をかけた 春のあの日に出会った二人運命だって信じていたわ
あの壁越えるまで振り向けない 愛しき声に手を触れないあの日の光景忘れされる日など来ない天と地が入れ替わる日が来て 全て奪い去るその日まで心に貼り付けたアイデム重ねあわせ 決意の糸が切れないように 何度も結び直して 駆け出してゆく 大胆不敵に挑んでいくの それくらいしなきゃ敵わないわ 優しくて温かい愛を裏切れない前人未到の快挙たって 成し遂げなきゃ意味がないから深く息吸い込んでいざ1歩 空へ駆ける いまだに
さて明日はどうしようか なんていう選択は自由にも程があるこの世に果てる身として その事実を受け入れてみんなただ異理乱れてしまうよ 要は漫画のような世界さいや 漫画さ 完全に超悪 ケセらっせらなるようになる蹴散らせらっせら スキトキ ケセラセ らっせらっせらケセラセ らっせらっせらケセラセラセラ らっせら メトキス 明日の風が吹くように祈り守るような領域罪の意識を儀式に変えたパレードに雨を降らせないで 当たれば
すれ違いは結局運命で 全ては筋書き通りだって悲しみを紛らわせるほど 僕は強くないから弾き出した答えの全てが 一つ二つ犠牲を伴ってまた一歩踏み出す勇気を奪い取ってゆく いつか君に捧げた歌 今じゃ哀しいだけの愛の歌風に吹かれ飛んでゆけ 僕らが出会えたあの夏の日まで 巡り会いも結局運命で 全ては筋書き通りだって都合良く考えられたら 寂しくはないのかな弾き出した答えの全てが 一つ二つ矛盾を伴って向こう側へと続
あの日叫んだ声は どこまで届いていたの閉め忘れたままのドアの向こうには何が待っていたのか 結局知らないけれど君が今も 張ってるのは知っている 歪に輝く水面に浮かんだままの想い出上手く伝えられなかった あの日々も明日の幸せになる 見上げた空を 今君も見ているの重なり合う声 胸かかえて走り出すよ新しい季節が巡る度に願う君の代わりなんていないよ忘れたくないAlways 知らない誰かの指先から放たれる言葉に怯え
一息吸って 一歩踏み込め一つ一つやがて実を結ぶよ 使い古した道具を くたびれたリュックに詰める「まだ 終わるには早い」往生際は 少し悪くて昔から見てる夢は変わらない 誰も知らない 君と僕のストーリー靴の跡は 見向きさえされないけど この舞台は 僕が主人公きっと 最後にはエンドロールで笑ってみせよう ぬかるみに足を取られ 転ぶ時もあるけど立ち上がる度 想い増すんだ『諦め』だけは 苦手だから積み重ねたものは捨
ここで目を覚ませば 僕は君が見える遠回りして やっとね 気づけた 君となら大丈夫 いつからか愛想笑いが上手くなった傷付かぬように頭では違うことばかり 考えていて OH LAST CHANCE 周りは皆そう言う「羨やむナニカとツテはありますか?平気?あなたは平気?」ってそれより何よりも浮かぶは 君のこと OH 飽きられちゃうほど 君を愛して愛して 愛して 果てたいよこれからの内緒話だけれどI LOVE YOU, L
Juiceの未来はこの私にかかってる カモン!広島大好きサブリーダー暴れます カモン!実はバイオリンも弾けちゃうし、英語もペラペラなんですこれまでの経験があればもう「怖い物なし」でしょう……ちょっぴりウソGIRLS BE AMBITIOUS!… 最年少の私の武器は「ハスキーボイス」 カモン!クールビューティーでこの時代を牽引 カモン!和太鼓がたたけるアイドルでメディアに引っ張りだこタコの足は足じゃなく全
君がドなら僕はレだ上手く和音になれないから君がドなら僕はレだそれでも隣に居たいから君の隣で背は少し高くて交われなくても手は離さないでいつか僕らに子供ができて君がドならその子はミだそしたら僕ら響き合えるさもっともっともっと笑い合おう ずっと 君がドなら僕はレだ同じ歩幅で同じリズムで君がドなら僕はレだあなたを基準に生きていたいから交われなくても複雑だとしても世界で一番好きな響だいつか僕らに子供が出来て君
ゆらり揺れて 走る電車感情と傘を置き忘れた問い合わせ電話の声は抑揚のない アナウンスだけ 僕の中にある正解は まだわからない急がなきゃいけないの?それさえもわからない 大きな声で 泣きじゃくって吐き出しちゃえ 全部全部ねぇいいよ ねぇいいよ押さえ込んで 隠してたってパンクしちゃうよ いつかいつかねぇいいよ ねぇいいよ 隣り町に続く回線ここにはないものがあると知ってるフリをするのはもう居心地が すこぶる悪
僕ら引き合った出会(でくわ)した運命だ一体何処に向かってんのかは誰だって知らない正解だってきっとないだから心躍るんだ 今この街がつぶやく未来聞こえたなら待ってなんていらんないよ Ain’t no stoppin’ us We are the oneAin’t no stoppin’ us We are the
行き先を迷う者へ星斗(せいと)のひかりを耕した土の声生命(いのち)のはじまりに 荒野の憂いも 流す雨を給う 大地の一粒に捧げよ 感謝と祈りを この身を永久(とこしえ)に委ねた現世(うつしよ)の悲しみも憎しみも全て無駄にはならず 大地の一粒に捧げよ 感謝と祈りを 生きとし生けるものよ御霊の遺産たちよ僅かな糧と望み分かち合う誓い 大地の一粒に捧げよ 祈りを 大地の一粒に捧げよ 感謝と祈りを