さまよいながら探すのはすり抜ける様な風任せな君の心 突然なんかじゃないんだ 偶然でもなくてさ君の瞳 僕に向けてと願ってるあの“当たってはくだけろ”なんて言葉だって信じて今日も希望の糸 手繰り寄せるように 高嶺の花だって奇跡も起こせるんだって言い聞かせてまたくじけそうで負けそうな僕にBye Bye さまよいながら探すのはすり抜ける様な風任せな君の心 空染める残照は暮れる僕の胸を照らしてまた夜が明ける 運命だった
僕や君や家族はこの狂った世界に吐き気がするんだ本当に大事な事に触れず本当の笑顔を失ってるから 現実は濁ったグレー色の社会さだからカラフルな広告は何かを分けたがる そろそろゲームを終わりにしようか明日笑う為に今日の闇を超える “安全安心”という名のライフスタイルを選ばされて戦場に駆り出す“安全安心”だったはずの番犬のカードローンまで俺らがかかえて小さいブラウン管に大きな決断を任せて赤いポストをアメリカに赤
お腹に蝶が舞って約束をしましょう高飛びの計画書指で描いて 御守りは捨てましょう二人きりのフライト寝たふりは御法度 めくるめく旅に地図はないと云ったのにめくるめく旅に地図はないと云ったのにねえ 渚に日が落ちて置き去りのパラソルお似合いねわたしたちWhen doves cry 絡まり合って何かを忘れて見知らぬ街で壊して 「行こう」「The Strawberry Statementはきっと機内で」思い出すほどのキスはもう
ah don’t warm your heartこの胸の痛み初めて恋を知った会いたいんだ君に 願う 僕のストーリー 君で過密スケジュール完璧なビジョン 分刻みのスケジュール僕のストーリー 君で過密スケジュール完璧なビジョン 分刻みのスケジュール ねぇどこにいるの?会えないままでも oh呆れるほど募ってるdon’t’ warm your heart言葉にはしない好きだなんて1000回
拝啓未来の彼女さんへ私は前の彼女でしたきっといつかは忘れられてしまう過去の人となるでしょう 頭も良くて 料理もできて綺麗で品もあって私とは真逆の人なんだろうな 将来なんて考えられず楽しいだけでただよかったそんな子供みたいな2人はいつしかすれ違っていった 月日が経って何度も泣いて前に進むと決めたからこそ今になって分かったことが沢山あるのです 返事はいつも遅いし女心は分からなくてなんでも勝手に全部自分で決めて
道は続いていく終わり考えたくないわたしとにかく歩き続けるの 君に届けたい気持ち届けたいいますぐじゃなきゃだめです本当の思い嘘偽りなく言いたいです センセーションじゃないけど聞いて欲しいです 響け何よりもいつまでも一緒で君いてくれたから強くなったんですまだ弱いけどね 輝けあの時といつまでも変わらないわたしの夢・未来まだ途中なんですオワラナイ道を行くのです わたし届けたい気持ち届けたいどんなに険しいとしてもどう
抜けない棘 傷つけた頸動脈3mm気を抜いたら暴れ出す 僕の中の魔物 可愛いもんだと笑って済ませない いつしか僕の息の根を止めるだろう飼いならすことは未だにできてない それでも明日もこいつと生きてく 予想を超えた間違いや 手に負えない感情他人事に見えるほど 季節外れの雨みたい 可愛いもんだと笑って済ませない いつしか僕の息の根を止めるだろう飼いならすことは未だにできてない それでも明日もこいつと生きてく 解
今夜は散歩しようか用事も何もないけど海沿いに架かる橋を歩いて 遠くへ 家にいてもなんだか“帰りたい” “寝てたい” “眠れない”うず巻く不安のマーブル ほどきに出かけよう イヤホンを挿して真夜中の2時 ドアの鍵あけてピンと冷えた空気 肺に入れて軽い無重力 まるでなにかの主人公そんな気持ちで 世界をたゆたおう Flowing, walkingまばらに輝く 星の下でSwing by Twilight自由に伸びてく 道
ないて ないて ないてもいいよなきつかれたら ねむりましょうないて ないて ないてもいいよなきたいときは なきましょう なきたいきもち わかるからたくさんないて ねむりましょうなきたいだけの ときもあるないて ないて ねむりましょう ないて ないて ないてもいいよなきつかれたら ねむりましょうないて ないて ないてもいいよなきたいときは なきましょう いつかなみだは かわくからたくさんないて ねむりまし
焦燥まみれの諦観主義 懐疑心くすぐる情報過多決壊する感情を塞いだ Enough is enoughリアリティの偽装 イマジナリーの像 連なり合う禅問答 弱さと強さのスケールを 善悪に当て嵌めたい現実Noと抗うほどに指が 焼け付くように疼いた底の見えない悪意に 支配されてく瀬戸際で嘆く声に弾かれた 遠くても目を凝らせ 確かめた不確かな罪 捻じ曲がる淘汰の前に問いかけたい微かな愛 切り開く 起死回生 YesかN
あなたがいる だから僕は飛び立てるんだよあなたがいる だから僕は踏み出せるんだよいつの日か辿り着いて抱きしめあう時今の僕らを誇れるから きっと 誰かの真似じゃなくって 言われたわけじゃなくって僕が僕の意思で選んだ 初めての本気の夢に 僕が見つけたものは 甘くない現実にそれでも憧れる気持ちと かけがえのない出会い 見せあった涙が 打ちあけあった弱さが今日も信じあえる理由になる あなたがいる だから僕は飛び立
空色カーテン Open! 海色ゲート Welcome!あ・そ・び・ま・しょう ゆらゆらゆれながら真珠の時計キミとわたしを夢に誘いこむの水槽でさわぐ さわいで跳ねるサカナたちのパーティー 呼ばれちゃった なんで水のなかでも息ができるの?たぶんさっき飲んだ熱いお茶のせいかなまあそんなことは 気にしないっ しないでっサカナたちのパーティー 楽しもうか とってもとっても楽しそう(ぷかぷか)だったら一緒に ぷかぷかし
例えば君に『居なくなって欲しくない人が出来たとしてもう出会えない こんな人は』なんていうのが君だと伝えたって 曲がっている言葉だから受け取りずらく思うかなやり直しだなんて笑われるな 好きになってく 君を好きになってく出会った日より手が馴染むのに気付く揺るぎなくて切なくなる胸が痛む場所と同じ場所で 君の名前を付けた人は その人は天才なのか何度呼んでも 愛着が擦り減るどころか増してくるから 似合っている言葉が
迷いの森の眠れぬ子羊遠い鐘の音に足を止め赤い月から落ちる花霧の中から火があがる 旅人の笛の音に踊る子供たち美しき羽の小鳥のように君は歌い飛び回る季節は燃えて 春はゆく Birds, birds, burning brightIn the forest of the nightBirds, birds, burning brightWhat immortal wing
ホームで電車を見送る これで2本目すれ違う車両は私たちみたいで 苦い こっちの電車は あなた行き乗ってしまったら さようならだらだらと傍にいてしまった いつだかあなたの肩を借りたこのベンチで あーあなたのこと考えてたもーそんな時間はいらないねぇ動かなくちゃ 決めたんだでも でも でも 言い出せない ホームで電車の到着を待ってないのは私くらい強がりは嘘つきのはじまり ため息白くて少し前がぼやけてくる あーこれじ
夏空 浮かれた Ladiesクリームソーダ みたいに Sweetie氷が カランと鳴ったら 一緒にShake Shake!!Shaking music baby ジリジリ Shiningより一層 あっちい!Everybody’s ビーチまで Here we goいつも俺たちは ハッピーファンキーフリースタイル Yes!!Shake Shake!!Shaking music baby キンキンに冷えた ボトルが打ち
MicroscopeMicroscope こんなに君を好きになるなんてまさかね(思いもよらずに)自分がなんだかおかしいようで不安になるよ(どうすればいいんだ?) ねえもっと 恋について研究を続けるべきだデータが足りなすぎるこんな風になったのは何のせいだろう? Microscope顕微鏡の中を覗くように細かく知りたい拡大しながら Baby君のことがわからなくなったそう(そう)なんか(なんか)いつもと違う だっ
弾かれた loser 波打ってすり抜けてく機体はどこまで流れるようなフライトどうかそのままで 伏せろ 伏せろ 伏せろ長い空洞揺れよう 揺れよう今はそれでいい渦巻く声を頼りにしてたら迷うわ 淀んできた夜の視界この先が未開の高峰よかった一人の僕の色 色 色 鳴り止まない明日の音色込み上げてくはずの gain とすり減った痕照らして不揃いの大人げもない本能とプライド揺れ動く僕らいい心地だわ たどり着いた妙な希少惑星誰
目を 閉じてごらん愛が 見えてくる遠く近くにあなたをとりまく優しいハーモニー感じたら目をあけて見て! だいじょうぶ マイ・フレンドだいじょうぶ マイ・フレンドあなたを 愛してる 人がいるだいじょうぶ マイ・フレンドだいじょうぶ マイ・フレンド決して 一人じゃない この世界だいじょうぶ マイ・フレンド 手を 出してごらん愛が 触れてくる友だちのまた友達の輪が広がるシンフォニー素敵でしょ勇気を出して! だい
ぐぐぐぐっときちゃう その声にって笑顔 待ってビジュ最高っずっと遠いあなたを見れるだけでめっちゃ!幸せなんです 朝からお強い顔面に寝癖までもが愛おしいまじで存在 神でしょ今日とて推しが尊いよ オフのギャップも全部まとめてご馳走様です! ぐぐぐぐっときちゃう その声にって笑顔 待ってビジュ最高っずっと遠いあなたを見れるだけでめっちゃ!幸せなんです スマホのホームも無論推し!!語彙力のないツイート愛を共有する
12時 鳴り響いた教会 気づけば 通り過ぎてる見つけた 摩訶不思議の正体 逃げたら おしおきするぞ ほらほら さあお菓子を頂戴「お菓子をちょーだい♪」くれなきゃ イタズラするぞ「イタズラするぞー!」いつでも ほら準備は万端 まだまだ 夜は長いぞ 「Trick or Treat! お菓子をちょーだい♪」君は全然なってない それじゃ真っ逆さまじゃん fall in Nightああ「くれない子には、イタズラしちゃうぞ
私が生まれてきた訳は父と母とに出会うため私が生まれてきた訳はきょうだいたちに出会うため私が生まれてきた訳は友達みんなに出会うため私が生まれてきた訳は愛しいあなたに出会うため 春来れば 花自ずから咲くように秋くれば 葉は自ずから散るようにしあわせになるために 誰もが生まれてきたんだよ悲しみの花の後からは 喜びの実が実るように 私が生まれてきた訳は何処かの誰かを傷つけて私が生まれてきた訳は何処かの誰かに傷
i私はどこへいってしまったの雨上がりに触れたの君に綻ぶ 挙動身体中の細胞が蒸発して戻らない君だけになる世界 泣きたいほど好きなのに君を前に嘘つきだなんでもないフリなんかしてまたね、と音が鳴る 愛記憶を消して叶わないのならこのまま誰に気付かれることもなく 反射水溜まりに映った情けない顔の私に誰か傘をさして 誤魔化しても好きだから強がってるよ、見抜かないで偽った視線で願うんだただ君の側にいたい どうしてこんなに嬉
Ah 純金製の翼?美しいだけじゃ 脆いのよ女神に要るのは 豊かな木の葉の強さ My determination まだ遠いわUnsatisfaction 燃えてくるの幾千億の星の向こう目指しても果てが無いなんて 研ぎ澄ませていたい誇る Heart & Body華々しさもしたたかさも熱く 鮮やかなカクテルのように吐息も残らず 注いだPassion見せてあげるわ 贅沢ね ペガサス空も大地も 譲らないそんな
絵の具で顔汚す これ少し心地いい誰にもなれやしないさ分かっているけど劣等感まやかしにまやかされてばかりちっぽけ 本当の私 でも嘘で食べて 生きてる世界 走り抜ける 行かなくちゃ 今何が本当? わからないねノートに今日の失敗かいたってつまづく明日もそうきっとあるけど 抜け出そうあぁ ワタシハココニイマス 雨に打たれ踊る これ少し心地いい星綺麗に見えるかなって地べた寝転び 第六感寂れたステップで立ち上がる猫
都会のインディアン 捧げる祈り流れついたこの街で 始めるのさ MEDICINE浮世のGYPSY 孤独に遊ぶSOULなりきれない夜にはFAKEなDIXIEその場しのぎで目がくらみ心を売っちまったらもう二度と買い戻すことはできない 追われ追われの都会のインディアン続ける祈りこのビルの谷間 この街角に 響きわたれ 煙とインディアン 静かなる祈りはじかれた魂たちに 捧げるセレナーデ痛みよ鎮め 苦しみよ去れ流れ
私はいつ完成するのかなとりあえずみたいな自分で誤魔化してる完成した私で恋とか仕事とかお茶とか自撮りとかしたいのに 誰かに選ばれたいわけじゃない私が私を選びたいありふれたかわいいとか無意味突き抜けてかわいくなりたいんだ ダウンタウン歩けないダウンタイムやるせない性 警戒しないでBOY整形 指差されGIRL 2ヶ月 恋愛できないし元の私には戻らない世界を愛してしまいたいから自分に愛着持ちたいな かわいいは正義
表象内とは全然違う表情でとても困るんだ平常心でと念頭に健闘祈っても見当違いで I don’t understandまだ理解できないI don’t understandまだ信じていたい もうI’m no moreあなたの中に私はまだ生きているの?ねぇどう? もう藍色の涙が出るとあなたへの想いが嘘みたいに終わるよ あの頃のことなんてもう思い出せないけれど I don’t unde
無いものねだりが過ぎる俺たちは だけど手に入れたもん全てに感謝要らないもの何もない 邪道 王道 道に名前なんてないぜ踊りだす心 それが合図 ただ1つだけ HA-HA-HAPPYで 愛×3な俺らじゃんしぶとく恋せ 乙女らかっこつけてよろしけりゃあの世でもよろしくいいだろ?ヤンヤンヤンチャな人生行くぜ ふたたびの誕生言わせて 誇らしくそう 君がいるだけで最高 山越え谷を越えてここまで来たんだ逆に攻めの極みで
その漠然とした恐怖とは恐れていたものとは何か怖がる必要は何もない見方を変えろ 闇から溢れるへどろが足元をすくおうとするのならただひたすらに 走り抜けろ get out from the darknesskeep going don’t look back よく見てみろ 輪郭が見える大したことはないだろうさあ見えたぞ 4とは何か正体を突き止めろ change your mind 遠く離れても心繋いで乗り越えて ay a