Easy, Easy, Easy come, Easy right nowギリギリでまだ演じてんなウワサにもなれないエンタテイナー外ヅラでも本音でも地雷だ Easy, Easy, Easy come, Easy right now意地張ってるうちは超マイナー捨てるもん捨てて宙を舞いなEasy, Easy,
何であんな事を言ったんだ? 今となっては実感無いお前の事が好き過ぎて…ダメだ 離れよう 一旦な手出すみたいなダメになる 冷却期間? 為になるだって俺達は2人でひとつ さっきはゴメンね 言い過ぎた別にお前が良いなら良い 友達とかにも聞いたら良い結局決めんのは俺達だ 問題は男友達だ隙がある良くないな アイツ等切っても良くないか?お前をそういう目で見てる 男女の友情? 嘘臭いな確かに分かるよ
ポケットからきゅんです!え?何落としたの?きゅんです!君がくれた きゅんです!でも君にあげられなくてシュンです。 君と出会えたことは 奇跡じゃなくて運命だと思うんです。転んでも つまずいても君とふたりで進んでいくんです。いつも笑わせてくれてありがとう。あぁ、今こうしてバカ笑いしてる時間が幸せだと感じるんです。 君の奏でるメロディー 君の優しい声にきゅんです!ずっと聞いていられそうなくらい 君に惚れてい
ファースト・ダンスの夜は 少し朧げなメモリー危うい君の足どり 左の頬に残るぬくもりこんなときは なにを思えばいいんだっけ夢よ醒めないでと願うあまり つたわらない僕のリアリティ 泣かないでよ babyなんて言えるわけないけど溢れて 滲んで 仕方ないな今すぐ 君の手をとって連れ出してしまえたら なんて今夜も 眠れないや ‘Cause you get me best feelingFalling, falli
I’m thinking about you like a melody lineI’m thinking about … you are mineI’m thinking
ナンセンスな毎日を卑しめて慰めた切り取って貼り付ける繰り返しループする生活ワンテイクに込められた意味なんて無かったよ切り裂いて縫い合わせる繰り返しループする生活 憎悪に善がっては傷を増やすばかりあれもこれも駄目だな最低な気分でパーティーパーティー 君に善がっては引かれてばかりあれもこれも欲しいな最高な気分でパーティーパーティー 鏡に映った君は誰不適な笑み浮かべて毒に侵された襤褸人形今にも壊れそうだ 暗闇に
君を照らす光に憧れてあぁ 生きている もう 忘れないよ爪先まで僕が食べた心まで 僕が 君の手をとって 行こう未だ見ぬ海へ裸足のまま君と行こう 君を生かす術を得よう君を見よう君と笑おう青い空に嵐の夜に刹那の愛を誓い合うよ いつの間にか景色は色変えてあぁ 生きている もう 歩けないと泣きべそかいてそれでもまた踏み出すよ 僕が 君の手をとって 行こう未だ見ぬ海へ裸足のまま君と行こう 君を生かす術を得よう君を見よう君と
少し眠りすぎた 太陽が目にしみる昨日脱いだ服を着て コーヒーでも飲みに行く喫茶店の壁に 新しい映画のポスターわりと良いシュミしてるね これ観に行こう Thank you, thank you, thank you for today今日にありがとう 映画館のロビーに まさか君がいるなんて久しぶりだと言って 離れた席に座るグッとくるような台詞 ああ…良いモン観れたわ人生が潤うような 美しい時間 Thank you, tha
1945 after負け犬の遠吠え希望も無い、夢も無いそれじゃ寝れない、折れないメンタルここじゃ終われないビルに囲まれて裁判下された判決は有罪子供を投獄する大人これ、脱獄手伝う言葉 yeahweedに火を付けな葉巻なら任せろ、無駄にしねぇお利口さんならback to homeギャルちゃんだったらallnitelong繋がってる見えない鎖そこにはない嘘は偽りまだ見えないゲームの終わり一筋の光追う暗がり yea
味気ないアイスのラインナップなんか楽しいことしようよ苦しゅうない ゲームで惨敗次は絶対勝ってやる ちぐはぐ、私たちは思いつきで隣の星を目指す安物のサンダルを爛々と踏み鳴らし夏の虫さながら明かりを求めて夜のぬるい風浴びる ダボダボのTシャツ着て 今夜冒険しに行こうたらふく食ってやるぜ 長くて短い一瞬のきらめきだ 地道な狩りでレベルアップ千里の道も一歩からでしょ会えない日々はデジタル通信自律神経、ちゃんと整
ブスな女が恋をした叶わない恋だと誰かが言ったあーあ、あーあそんな冷たいこと言わないで ブスな女が恋をしたその男は別にかっこよくないけどただ、ただとてもいい匂いがしたんです ドラマのような恋なんて別に望んでいないけどあの人の、あの人の匂いを隣で嗅ぎたいだけなんです 叶わない恋だと言わないで最初から勝手に決めつけないでかっこつけないあの人が好きですただ本当に好きなだけなんです ブスな女が努力した意味がないと誰
脈打つのは孤独な鼓動だけそぎ落とされる過去何を選び何を壊した答えが欲しいわけじゃない 遥か彼方で揺れる理想いつだって情熱感じても儚く消える無情他の誰かになぞられるより Blackout未知なる世界へ駆け出す身体もJust blackout now想いもBlackout nowまたZEROから始動してくMove何千回だって動き出して流れる闇が光を呼ぶ恐れを乗り越え君も(So you & me)始まる(Ju
新しくなれ! 動きだしたミライまたはじまるよ 準備できた? もうできてる! さあ、どこへ?見渡してみなよ たぶん呼ばれてるからセカイは広いってこと 知りたいんだ今は いっぱい せいいっぱい 手を伸ばそう僕らの夢が伝われば信じられないくらい 遠くへ飛べそうだから空だけ見てスタート!風に乗っちゃえ 一気に乗っちゃえ これからもっともっと 夢のカタチ変わるんだこれから水平線へと 想いをトキメキを元気? もっと
痛みを知る覚悟を晒そうか 死ぬか去るかここで突き付けろ 覚えた違和感の前哨戦 生身同士で仕舞えるか探した決着は平行線 いま賽は投げられた 耳貸すな 手を借りるな ピンと張ってしゃんと鳴る音口出すな 腰を折るな 喉も渇いて 頭湧いて 足掻いて 痛みを知る覚悟を晒そうか 死ぬか去るかここで突き付けろ最後に笑う奴の価値をよそ見するな 賞賛も要らないただ壊し続ける 魂は売らない 幕開けはこんな戦場で 空は突き破れ
I’ve scared to fall for someoneYou changed me allいますぐにPromise me right here気づいたらAlready on a
I want to know the defeat 戦う為に細胞が見抜く魂の結晶集いし覚悟と愛の鼓動は踏み込む領域 未熟と見たり 扉の向こうに今弱き心潜むブチ破れ今更 I want to know winner’s mind もっと自分の中のモンスターが叫ぶ喰らい尽くしてしまえ壊す! be free な欠落を滾る明日はコースターのように回れ dream
いたずらな言葉が 溢れるいつもの午後退屈な毎日に風が吹いた ありふれた世界で 君と過ごした時間は当たり前じゃない気がした 何度だって 笑いあって楽しい日々を重ね胸の奥にしまい込んだ 想いを探すよ ココロの扉を叩いてるひとつ ふたつ 鳴り響くノック誰にも聞こえないまま キモチは眠る 明るい陽射しのその裏でホントのコト 隠れんぼしてるいつかきっと見つけてね なんてね 意識してなくても 自然と追いかけてる君と自分
街が酷く冷える頃 交差点の角にある信号機に 花が置いてあった街が酷く冷える頃 何も知らない少女達は笑いながら 話をする 記憶遠く 儚い道の途中で輝く星に願いを込めた祈れば誓えば君を突き抜けて遥か彼方まで飛ばしていく 酷く照りつける頃 色のつかないアサガオにキテレツな色 なぞっていく酷く照りつける頃 帰り方も忘れたんだごめんなさい 迎えに行こう 記憶遠く 儚い道の途中で輝く星も見えなくなった何度も何度も君
一緒にいると Twinkle Twinkle Heart うれしくてキラリ世界が Twinkle Twinkle Life 瞬くの ドキドキの速度(おと) いつもよりも早いみたいはしゃぐように揺れる夏夢 光る恋模様 笑い声 溶ける それぞれの思いこのままいたいな ずーっと… 君が楽しそうだと ねえ Twinkle Twinkle Heart うれしくてギュッてしたくなる Twinkle Twinkle Life いつだっ
ウィスパー ささやけば愛ひとしれず燃える 愛の嵐よウィスパー 心なごむひとときを夢みてさすらう たたかいびとよLOVE IS MORE はてしなくLOVE IS MORE かぎりなく奪い奪われ めくるめくLOVE IS MORE 愛にめざめLOVE IS MORE 惜しみなく身をこがせ LOVE IS MORELOVE IS MORE ウィスパー やすらぎの愛ともにわかちあう 愛の吹雪よウィスパー 心みちるひとときを夢みて
記憶の片隅に声がまだ残ってる痛む胸 擦りながら見えてきた 道の先には光がある 正しさは知らない後悔は 何度したことだろうそれでも 信じた未来へ遮るものを越えて 欲しいのは見せかけの姿じゃなくてありのまま生きていく強さ移りゆく時の流れに心を見失ってしまわないよう 傷つけたこともある後悔は 何度したことだろうそれでも 信じた未来へ痛みを力に変えて 偽りの仮面をいくつも重ねて牙を剥いて咬み付いた弱さ吹きつけるど
Tell me whyどうして泡のように消えてった夜には花が咲く水になる Dance at the moonlightWhile thinkin bout youMy eyes don’t shed tears Dance at
堂々とした足取りで歩くゆっくり動く街並み feel so good我が道を行け自尊心のred carpet瞬く間にbreak through 最新のfashionインプットしたってwhat is your roots??もっと深いシーンに 眠っている感性不完全な いつかのフレーズ呼び覚ませ reload in this city this city唯一無二
Special request from the sunshine太陽と乾杯 じっとしてなんかいらんない 季節の到来 真夏のShow time Summer Vibes たまらん夏の始まりだ 一気にBurning Burning 燃え上がるSummer Vibes 止まらん夏を味わいな 一気にBurning Burningもっとホントにホットになっちゃってやっちゃってなんちゃって言っちゃったりしちゃって とびっきり熱す
眠りのゆりかご 揺り起こす電話明るいあなたで よかったけれどあの日の別れが この胸よぎってくちびるかんでる 真夜中あなたのためだけに 今日まで生きて来た想い出ひとつずつ 忘れたいのにgood-bye good-byegood-bye good-bye悲しみを終わらせて ふたたび私を 嵐にまき込む小さな誘惑 のこしたけれどあなたはなんにも 気づいていないのふたりの居場所は もうない私の生き方を わかっ
花びらのよう舞いながら髪をなびかせメロディー奏でようとても素敵ね風のコーラス幾重にも重なり 幾重にも重なり人生をつくっている 不思議な力が背中を押すのいつも前に進めるそんな気がする 風に向かう一輪の花可憐に強く咲いていたいあなたの愛が太陽となって命をくれたわ“ありがとう”って言わせて笑顔でいられること 花びらは散り種になり命が芽生え永遠が生まれる変わらぬ想いは奇跡ねまっすぐな気持ちは まっすぐな気持ちは
あーぁ推し肌恋しいなぁ 部屋から観る無観客ライブ夜9時のインスタライブ てかネットサイン会ってなんだったのなんだったの 料理とかもするようになったよくわからん家電も買ったもうなんでもいいから推しに貢がせて はぁーん!またイベント延期だってー (泣いたー)再開するって言ってたけど今はまだしょうがないよねぇ画面越しに拝めるってだけでありがとうだもん今はわがまま言わずに良い子で我慢 ソンナノムリ 推しの肌に触れたい (
All I can beHave what we needWhat you’ve got to do is to give
TOI ET MOI, DANS LES RUES DE TOKYO,DU BETON DANS LE SANG, LE COEUR
軋む青いフェンスの錆をかすめて沈む太陽の角度が東空の隅に刺さる頃に君とさようなら 遠ざかる街並みの中に薄くかかったソーダ色の歌が第二宇宙速度で光る頃に君とさようなら いつか僕が星になって地上照らす日が来たらアンドロメダの向こうにはきっとこの歌が響いて 玄関先の水たまり飛び越えるみたいに君のこと探しに行くから待っててよ僕ら星になれたなら