Blue Blue Bluetooth Love… Bluetooth is not deadBlue Blue Bluetooth Love… Bluetooth is not
君のいる今日と僕のいる今日を合わせてほんの一秒を永遠に変えよう僕らで どうしようもないほど散らかった部屋に今日も溜め息が散らばったもうほんとどうかなりそうに悩んじゃうのは夢がどんどんと膨らむからかも 強い人などいなくて強くあるためもがくけど同じ人などいなくてだからこそすれ違って 魔法もない世界の中で当たり前を取っ払って不自由に逆らってせめて君は君のままで You Are What You Are決まりも縛りもない
Broken wine glass, lonely nightToo much French Red, la, la, la, la, la, la…Cab
Now or never, please surrender, winner, loser, stand up, right now,fightersグランドマスター レジェンド スーパールーキー フェイバリッター往来に最強がうじゃうじゃ湧いて big fight 燎原烈火のファイティングスタイル 目玉くらくらしちゃってハイな気分どんでん返しは万事休すからの方がスリリングでエキサイティング ジーザス ヴィーナス 捕まえてほ
眠れば得意気に 鼾掻き毟るやつです食卓に並ぶは 焦茶色飯ばかりです そんな私にさえ 吸い込んでくれる眼で生活には稀の革命と 甘い恋が必要 必要 舞い降りるの天使天使ららららんららラブリー猫になって駆け寄りたい妄想のミサイル 上昇ない天井 表情張り付けてみます目が合いおはようと おやすみ呼応しています 感傷的浸るのは絶好の タイミングで仕事 仕事 膨らむのは瞑想瞑想ららららんららラブリー独り占めは禁物妄想のミ
午前三時半を過ぎた頃僕らを残して次の世界へ前を向けと言うかのように幸福のしっぽを掴ませた “好きなことをして 友を大切に自分の目で見て 母をよろしく”と歩くことがままならない中部屋に響いた“よくやった”の声が 眩しい朝焼けと重なりとまらない涙に good-bye半世紀燃えた命の灯火を忘れぬように五線譜に書き込んでいるいずれはみんな同じ何処へそれでも悲しいね good-byeまだどこかで信じられないけどまた
Let’s start a new life from the darknessUntil the light reveals the endSinister faces,
雨が降った次の朝で跳ねる泥も構わないただ、がむしゃらに走り出したワダカマル感情 一人一人違うことなんて産まれた時から知ってたそれでも同じ型にはめた良い子のラベルを欲しがっていた そんな時出逢ってしまった運命諦めようとも 諦め切れないたかまりそんなワガママを受け入れてくれたその手と手繋いで紡いだ 弦を弾いて笑い叫ぼう! ただ前を向いて歩いてるだけお互いの歩幅少し違ってても隣にいるのはずっとキミそれだけで誇れ
KILL IT! GO! Suck it upKILL IT! GO! Work it off阿呆どもが振り上げた賽吠え面かかせいKILL IT! GO! Suck
兎(うさぎ)追いし かの山小鮒(こぶな)釣りし かの川夢は今も めぐりて忘れがたき 故郷(ふるさと) 如何(いか)にいます 父母(ちちはは)恙(つつが)なしや 友がき雨に風に つけても思いいずる 故郷 志(こころざし)を はたしていつの日にか 帰らん山は青き 故郷水は清き 故郷
MIRROR MIRROR ON THE WALL CAN’T SHOW MEWHERE I BELONGIT’S BEEN KILLING ME FILLING
あぁ、僕らの運命は生まれた時から決まってるのかい?神様お願い教えてよ頑張る事に意味はあんのかい? こんなに冴えない僕だけどいっちょ前に夢だけは持っていてその夢が叶う日を夢みて今日もヨダレ垂らして夢を見る 意味が無いさと怠けるより意味なんていらないさと割り切って 少年漫画みたいな話です誰も予想できないような未来ですきっと神様も腰を抜かすよなそんな夢物語を描いてる ああ、僕らの人生も役柄やシナリオが決まってる
どんな時でも側にいたいアルヨ泣きたい時は ダキシメテネ いつもいつでも側にいたいアルヨアナタはワタシだけの王子様ヨ イーアールサンスー ニイハオ・ワンタンメン誰よりアナタがニイハオ・ワンタンメンずっと好きアルヨニイハオ・ワンタンメン小籠包より 回鍋肉より大好きウォーアイニー たまにケンカで 手が出ちゃうアルヨでもカワイイだから 許してチョーダイネ いつもワタシの事だけミテロアナタはワタシ専属王子様ヨ イーアー
白い世界の中では時間が止まってゆくような気がした いつも見せないような表情がその距離が 少しだけ愛しかった 巻き戻せないとはしゃいでいるその横顔抱えていた悩みもちっぽけだ 君に染まる視界がかじかんでく両手が心から願うよ 終わらせたくなどはないんだと 思い出の中にはいつも君の姿夢のまま 覚めないままその笑顔が忘れられないや 言葉では足りないようだ 大人になんてなれないよくだらない事ばっか それでも楽しかった ず
右へ行くか左行くか どうだいどうだい僕と違うならばここで さよならあっちの蜜こっちの蜜 うんざり味見してるような そんな暇はない 先へ急げ 未開の楽園 灼熱の衝動 どこにある掴みたけりゃ 手を伸ばせ枯れ果てた 楽園(ここ)にとどまるなら君だとしても 僕は牙を剥く からまって 紐解いて 飛び越えて 歪んだ世界終わって 始まって 這い上がって 願った時代 からまって 紐解いて 飛び越えて 歪んだ世界終わって 
君の嘘を解きかけて本能がまた溢れては惑わされている 僕らはまるで自由な獣のようにしなやかに絡みつく不条理を裂いて 今夜はネオンに染まるあの街の騒めきから遠く離れて闇に紛れてその喉を噛みきるまで息を殺している 君の瞳は誰も汚せない領域硝子の檻を砕いて 僕らは不意に滲んだ響きのように揺蕩ってじゃれつく蛇影を編んで 今夜も欺瞞を剥いで生のままに飲み込んだ果実の味が現を撃って焼きついて離れぬように目を光らせては ネオ
「いってきます」なんて恥らいながらも希望からめた声が玄関から聞こえてきたもんだからさ「いってらっしゃい」ってそれがあたかも日常だったように平静を装って返事したんだ、けれどもたったいま交わされたやりとり、なかったんだよ何年もお互いこの先訪れないってほんとうにほんとうにもつれて絡まった関係だったはずが戻ってきたんだ夜は「ただいま」「おかえり」っていうあたりまえの暮らしが きのうよりもっと唄う鳥も あつま
奴は小さな町から町へと旅を続けるどこもかしこも好奇の視線に満ち溢れてるそれは肉体ではなく 亡霊恐怖に駆られ 怯える 眼差し 誰も見ない 奴は移動を余儀なくされ 境界線をゆく誰もかれもが感謝のセリフを聞きたがってるどこから来たか 何者なのか寸断された履歴は宙を舞う 誰も見ない 轍を振り返る ブレーキ痕だけが残るかすかな記憶と踊る 奴は「存在しないこと」を強いられて生きてるいつの間にやら無数の名前を身に付けてい
Buster Bros!!! 滾んだよ自我よりも濃い血が間違いない荒ぶる bullshit最強の二親等 心拍数ハンパ無く何Verseでもブン殴る どんな顔して文句言うんだよ?凡夫は物狂う MAD TRIGGER CREW いい加減ダルい言い訳が散見ましてや詭弁脳が膿んで溶けたヤツの懺悔 ざーんねん 何遍だって断言官憲はしつこいぜ hmm不甲斐ない敵の頭蓋内破壊韻を装填バンカーバスター Fling Posse まるでチープなクレ
つかまえた タクシーは動かない眺めるサイネージ 渋滞の目抜き通り 気がつけば 苛立ってる 急いで向かって 最短距離さがして焦ると 決まって空回りとっくに過ぎてる 約束の時刻いつのまに消えたビル君の居場所がわからない 本当のこと 誰にも話せてない一人きりの寂しさ 閉じ込めてる 口ずさむ 場違いな love song 急いで向かって 最短距離さがして焦ると 決まって空回り耳塞ぐ 誰かの期待見逃した あの子のSOS
命までもと 誓った恋を捨てに来ました 四十九里(しじゅうくり)越えて小木(おぎ)は夕凪 両津(りょうつ)は荒磯(しぶき)男ごころの 裏表…遠く聞こえる おけさの節にみれんあとひく 佐渡の海 涙ひとつぶ 手酌の酒に落ちて面影 ゆらして消える夢の昔と あきらめようか思うそばから 恋しがる…窓をあければ いさり火ひとつ燃えてせつない 佐渡の夜 あてはあるのか 寒くはないか群れにはぐれた 一羽の朱鷺(とき)よ
いつからか上手く笑えず愛想のない言葉さえ剥き出しになったまま近頃はこんな調子で I am always sober必要以上に考えるSummer time is over向日葵の咲かない夏に ぼやけた視界に君の姿を探してしまうの間違い探しもとうに飽き飽きしてるのに一人途方に暮れたまま I’ll be alright without youThere’s nothing to worry
気がついたら二人を見ている何を話してるんだろう 聞こえないよなんかつらいだって いつもよりも嬉しそうだよ目をそらしたくなった キレイな気持ちだけで生きていたいけれど誰かと比べて もやもやしちゃうよこんな自分 イヤなんだよ 空を白く舞う雪へ願いたいくなる 白く染めちゃってと私の恋凍らせて(叶わない恋なら)永遠の霧で眠れ好きって感情が ああ悲しいときめいた反動かな 切ないよ忘れてしまいたい でも忘れること
かえるが こんにちはケロケロケロ (ケロケロケロ)きょうも げんきに なきますよケロケロケロ (ケロケロケロ)あめが ふっても ふらなくてもケロケロケロ (ケロケロケロ)みんなで うたうよケロケロケロ (ケロケロケロ) かえるが こんにちはケコケコケコ (ケコケコケコ)きょうも げんきに なきますよゲロゲロゲロ (ゲロゲロゲロ)あめが ふっても ふらなくてもケッケロケー (ケッケロケー)みんなで う
321 Let’s GoBruuu raaa!!!Wellcome to my TOKYO CITYMake Money Make CITYCommon この地にKING=BIG CROWN だけ似合う【We
Hey… Now listen 初めてで一番のYou’re my dearest treasure記憶の中で 溢れる Love with you駆け足な Day by day手を繋いで Time goes
Dislike 窮屈な日々心 溺れかけてる Oh Oh 踊ってる骸骨の群れ俺も其れの端くれ Oh Oh 寂しさ騙し I don’t wanna get up.乱れた感受性アラームのせいI don’t wanna get along.地球儀の染みっぽい僻地で嘘くさいドラマみたいに堂々巡り 嫌いな未来 見えるアタマ痛いな全部なし、Fall into a dream… “Wonderful!! 虹のカーテ
最後どこまでいけばいいかなまだ会えないひとりでもつれ遊んでる 遠く遠く夢の中から落ちてきた君の手紙の返事を書くよ 嘘を並べて やっと覚えた言葉も捨てよう履き慣れた靴紐ほどいてみようか また遠のく夢を見てるよ 忘れてないよできない約束をごまかすように 笑って
聞きたく無い無いそんな言い訳は何も言わなくたってわかるもの私の“I”を見くびらないで!覚悟はいいかしら。 隠し通せるのなら別に怒りゃしないけど上手くやれないんならわかっているんでしょ? 悪いけれど容赦はできないわさあ、ワケを聞かせて! 絶えず飛び交う嘘は並んで此方を嘲笑って居るけれど、私を騙すなんて御門違い。逃しはしないわ 悪い事は言わないわ確信しているもの。全て吐き出しちゃえば楽になるモノよ 悪いけれど選
銃声 飛び交う街で流れる 赤い血と涙夏のざわめきは辺りに響いてる 四角い暗闇の中でカスタード色の月をみた夏のざわめきがそこにも響いてる 輪郭のない暗がりの底で 退廃していく枯れそうな紫陽花皮膚を焦がすには まだ早すぎて路地の向こうでは 誰か呼んでいる 名前のない夜に包まれて 海の底へやがて小さな光を集めて 帰っていくよ 銃声に怯え 春は足早に俺達の上を 駆け抜けていった夏のざわめきは 一段と強く肺に染みつ