ブンガワン ソロ 果しなき清き流れに 今日も祈らんブンガワン ソロ 夢多き幸の日たたえ 共に歌わん聖なる河よ わが心の母……祈りの歌のせ 流れ絶えず花は咲き 花は散れど愛の誓いは とわに変わらじ……聖なる河よ わが心の母……祈りの歌のせ 流れ絶えず花は咲き 花は散れど愛の誓いは とわに変わらじ……
楽し二人だけのタンゴ 貴方の腕の中であまい口づけするタンゴ 優しいこのリズム長い髪が揺れて 二人だけの夢に誘いかける今宵 踊り上手がリズムを忘れます楽し愛のタンゴ 貴方の甘い息が私の腕の中まで しみゆく楽しさよ若い頬すりよせ なやましいその瞳が笑いかけるときは 踊り上手な私が間違えるI cant tell a waltz from a tangoAnd I never knowWhat my feet
はじめてあった日の思い出のあの丘銀色の月の下腕くんで歩いた思い出の丘ただ一つ流れる星に祈ったのあなたといつまでもこのままでいたいのよ思い出の丘ただ一つ流れる星に祈ったのあなたといつまでもこのままでいたいのよ
泣いてるふりして逃げる言葉をさがしてる愛の奇跡も持ってる武器も もう役に立たないくちびるをギュッとかんで目を閉じた例えば 信じたくないその現実をイヤという程見せられたなら忘れた頃に心の花となるでしょう その日まであの時 嵐のような大歓声と力をくれた人達がいる少し待ってね 飛び立つその瞬間はとびきりに晴れてなきゃ傷ついてもまた懲りずに胸をときめかす努力がきかない はがゆくて幼い恋ばかり大きな空に尾を
恋のときの 楽しさを何時も胸に だきしめて静かに一人 私はいたいなによりそれが 幸せよあの日も事を 何時迄もいまのことと 思うていたいのあなたより ほかの誰にもひとときの 嬉しい顔はもはや出来ぬ あたしなのただひとつ ただひとつの恋あの夜のこと あの夜の夢をTherell be no-one unlessThat Someone is You;I intend to be independently
星も月もみんな消えて闇になったとて私は幸せなのあなたの愛があるくり返し読むあなたのラブ・レターあなたの愛を伝えるやさしい言葉今夜も胸に抱きしめ眠るあなたと私の心をつなぐ恋のレターあなたと私の心をつなぐ恋のレター
川に流すちぎれた恋二度と帰らない初恋のせつない思い出頬をぬらす熱い涙二度と帰らない初恋のせつない思い出いつかまた会うその日はもう知らぬ人それでいいのよいいのよ古い恋は消えて行くの胸にもえた恋の炎今はむなしくも消え果てて悲しい思い出……いつかまた会うその日はもう知らぬ人それでいいのよいいのよ古い恋は消えて行くの胸にもえた恋の炎今はむなしくも消え果てて悲しい思い出……
淋しい心のああ ザ・ロンリー・ワンそのひとみに 悲しみ秘めどこまでさまようああ ザ・ロンリー・ワンつめたい町のたそがれよ過ぎた恋が 心深く傷残して今でもなお 忘れられないのかむなしい心のああ ザ・ロンリー・ワンどこまで行く 果てない道……過ぎた恋が 心深く傷残して今でもなお 忘れられないのかむなしい心のああ ザ・ロンリー・ワンどこまで行く 果てない道……
白く輝く 花嫁衣装に心をかくした 美しいそのすがたその目にあふれる ひとすじの涙を私は知っている アヴェ・マリア祭壇の前に立ちいつわりの愛を誓い十字架にくちづけして神の許しを願うその目にあふれる ひとすじの涙を私は知っているアヴェ・マリア……祭壇の前に立ちいつわりの愛を誓い十字架にくちづけして神の許しを願うその目にあふれる ひとすじの涙を私は知っているアヴェ・マリア……
ふけゆく秋の夜 旅の空のわびしき思いに ひとりなやむ恋しやふるさと なつかし父母夢路にたどるは さとの家路窓うつ嵐に 夢もやぶれはるけきかなたに こころ迷う恋しやふるさと なつかし父母思いに浮かぶは 森のこずえ
夜毎にみる夢は虹の橋のデイトの夢きょうも祈る夢は虹の橋のデイトの夢お星さまおねがいわたしの小さな夢お星さまきっとね一度でいいから聞いてよわたしの好きな人とデイトしたいの虹の橋お星さまおねがいわたしの小さな夢お星さまきっとね一度でいいから聞いてよわたしの好きな人とデイトしたいの虹の橋
つれづれなる涙星になるまで好きでいてもいいよね?よく通ったこのcafe1番奥 この席で半年ぶりかなあなたは もう来ないけど無理矢理恋をしたりそれでもあなたを思う気持ちに変わりはなかったつれづれなる涙星になるまで好きでいてもいいよね?つれづれなる夜を いくつも越えていつしか花を そして恋を噂であなたが頑張ってるって聞いたんだよく語っていた夢叶うように願ってるサヨナラしてからずっとうつむいてばかりいた
nine to fivin 毎日仕事こなしてfeel forever 終わり見えない next 5 days繰り返されて行く日々こうやって切り抜いてきたから 今日は気が済むまで wanna dance all night long仲間と一緒に
赤き空よ!この空の下俺の全てがあるさ燃ゆる心 奮わせて今振り返らずに前を見るよ照らせムーンライトいつかの思い出 町に咲いている花ひとしきり涙を流したら さあ出かけてゆくぜ 暮らす世間へいつも感じてる俺の心には甘く切なく未来があって悲しくもないのに何故だか涙こぼれ落ちる夕暮れさ燃えろ心あの頃の俺は 町にまぎれて消えたされどルールない この空の下今の俺が暮らしているぜ Lets go 明日へされどル
Stamina [for your life] Stamina [for your love]最後は [そうさ] スタミナ [Goes men]Wonderful [for your dream] Oh,Wonderful [for
Just want your love,Want your love…but無意味な 期待なら heyさっさと 他へ行っちゃいたいのにまた今日も 釘付けで Ah 無理どんだけ 僕が想っているのか気づかないふりして また 帰るのか?Its not fair なんだってこんな夜に またヒトリ 震えて…置き去りの まだ冷めぬ ココロ開いたままの DoorからYour fast footsteps-もう
KISS TO KISS はじけるようにHEART TO HEART ふられて乱れてDANCE TO DANCE 壊れるようにふたりのバランスかけひきばかりでわかっちゃないよななんでも君の言うこときいたりしないいままでつきあった男(やつ)と比べないでくれよみすみすキスにのぼせていいなりになるなんて冗談じゃない好きだって思うから冷たくしてるKISS TO KISS 溶けあうようにHEART TO
「スリルのない恋に興味なんてわかない」COOLに濡れた瞳で気持ちそらして誘いかける揺れる僕の胸を 君は見透かしてる「上手に遊べれば失くすものないじゃない」年の差を数えて戸惑うためいきをからかう灼けて光る素肌 まるで罠のようだよOH 好きさ 後戻りできなくていいもうだめさ 君から逃げられやしない抱いたばかりでも すぐに抱きたくなる夜に消える君 嫉妬させるきっとさせる「ラストは涙よりKISSで別れてあ
何度も観たVIDEOかけてガランとした部屋でひとり好きな服選んで出かけた君の瞳誰と逢うかなんて怖くて訊けなかったよ爪を噛みたがるJEALOUSY抱きしめ…泣こうかそして後がないJEALOUSY許すよいつ帰るのかも わからない君の残酷なぬくもりこの腕が待ってる酔った声でくれた電話迎えに行く場所を決めて車のKEY握って階段を駈け降りるふたりを阻むもの僕は知りすぎたくないだめになりたがるJEALOUSY
Kissよりむずかしい究極のプロポーズ・タイミング首尾よくさらいたいきっと ずっと 待たせていたから愛だけじゃ マズイって思うだろう?君が試せばいい この両手Ah……惚れてる弱みにつけ込むJoke & Smile本気で可愛いい悪魔だね甘い束縛したい この先も今日よりも楽しく暮らそうすべてを許し合うホッとした空気も僕らが求め合う愛し方のひとつに出来るねそばにいて 君しかいないから心 近づくドアまた 
ほどいた髪 からめた指許されない夜にいるかくれた部屋 暮れゆく街こうなるしかない瞳細い雨を よけるように寄り添えば せつなくてあきらめきれない気持ちのままで迷うあなたを 抱き寄せる吐息にひそめた 哀しい願いわかるこころが つらい遅いと言う 不幸な顔その涙を信じてる嫁いでゆく あなたのこと苦しいほど 愛してた傷つかない想いなんてなにもない悲劇だけあきらめきれない気持ちが答え迷うことなど 何もない自分
ばかだね 君を失くすことが悔いだけでまたぼくは 夜を怖れてるおやすみと まだ言われたくないつまらない JOKEでつないでる君の笑顔 見ているだけでいいとついてる嘘に 泣けてくる好きだよ 抑えてる心が破けてしまいそうだよ なにも言えないほどばかだね 君を失くすことが怖いだけでまたぼくは 君から逃げてる気にしてる ほかの奴いるんだと眠れずに かけてしまう電話どうしたのと 訊かれるたびにいつも情けないほ
僕は何をしてきたのだろうどこか果てしない気持ちふいにひとり立ち尽くす街胸が締め付けられる過ぎてくだけの時に惑わされそう 夢にたしかなことなどなにもない抱きしめられていたいだけ心の弱さに ふれてしまうときやさしい瞳 みつめてるいつもそばに君がいたただの孤独怖れていたんだむりに強がるばかりで涙許す君の潔さなぜか僕にできない見上げた空に届く大きさでそう 愛の行方を信じてみたいのに抱きしめられていたいだけ
“i love u”伝えたいこの気持ちもう隠すこと出来ないから君の全てが愛しくて僕の心は躍るよ君以外 見えないどこにいてもall of my heart 君だけ想ってるよIm in luv この想いはずっと胸中響き渡る like an echou....u its all
おめでとう キミが生まれた この日 この時が特別な一日になって またキミは綺麗になる来年の今日も再来年も その先の今日も寄り添って変わらず二人で キミの誕生日迎えたいね去年まで僕にとって他愛ない一日だったよだけど今年から待ち遠しくて堪らない一日になったよだって一年に一度だけ キミの為だけに動きだす時計24時間じゃ足りないけど 一緒にキミと過ごす Birthday内緒で予約しに行ったケーキは キミが
ツメの先から君の温もりが消える不思議なほど冷めた別れも眠りがくれた夢は想い出を包む壊れるほど心抱きしめてFreeze My Love 「愛を凍らせて2度と目覚めない様に…」と「今も胸に残る愛 記憶を眠らせて…」古いベッドに濡れた身体投げ出して疲れはてた2人を浮かべた「確かなものは何も無い」と気づいた時君がひどく愛しい 彷徨う無力な言葉達Freeze My Love 「愛を凍らせて2度と目覚めない様
小指に絡む 絹糸は二人を結んで 切れた糸根よりの松さえ 寄り添うものをああ せつない ここは前橋 恋のまちむなしく廻る 糸ぐるま白衣の眼にさえ ひとすじの涙で散ります 面影もみじああ わびしい ここは高崎 ネオンまち夜霧に濡れる 乱れ帯せつない逢瀬の
昨日今日明日 喜びよオーライ この胸に咲け!oh please 風にまぎれている幸せよ、この指にとまれいくつもの後悔引きずり歩く 振り払えない昨日が道標かい?遠くへもっともっと遠くへ夢追い越してく目の前あの日の俺揺れて滲むけど雨のち晴れ 暮れゆく町の空に星が一つとまどう時を越えて届く明日の光oh please 風にまぎれている幸せよ、この指にとまれ道の端にちりばめてある喜び 高鳴る胸今すぐに咲き誇
その手伸ばして 眩い明日を掴み取れ無限の空 羽ばたけ BELIEVE IN NEXUS荒ぶるこの衝動 誰にも止めらんない手に汗にぎる 攻防 高まる この Heart Beatビビっちまいそうなバトル 避けられないここで終わらせたくない Go For It!!起ち上がれ 孤独に怯え震えないで仲間が待っている事 もう一度 思い出せ怖くはないさ 諦めはしない どんな凄いヤツにも負けはしない いつだって 
たとえばね、あなたとわたし出会ってなかったらどんな日々を送っていただろうね平凡でも ただ穏やかに過ぎてゆく毎日を愛おしいと思えるのはそばにいてくれるから永遠なんて ないけど明日も あさってもずっとふたり一緒にいれたならこんな幸せないと思うのあたりまえの優しさに慣れてしまわないように失ってから気づかないように“いてくれてありがとう”「愛してる」って 今さら恥ずかしくて言えないけどもしもあなたがいなく