海岸線 飛ばしてやって来た 2人きりいつものグループ抜け出して…顔馴じみ ダイナー席順も決まってるいつか ふり返るパッセージ風が吹く 海辺夏の日々の話し声砂の上で 踊るの…笑っちゃう きっかけね 思いきり肩を叩いて誰かの名を呼び手をつなぎ横顔を 確かめた時に気づいてごめんと 言った人半年以上だね君のこと 見つめるの恋しているってわからない生命さえ 忘れる愛し方 してないしいつか振り返るパッセージボ
パクスチョー/パクスチョー/パクスチョー/手を叩こう/パクスチョー/みんな clap your hands/どこにいても何してても/余計なものは捨てて clap your hands/さあ 手を高く上げな/鳴らした人が勝利者/2NE1 遊ぼうよ NOLZA/みんなを 早く集めよう/息苦しい都市から抜け出し/リズム合わせみんな/檻の外に抜け出したライオンさ/I wanna rock your
雪を見上げてたら 君を思い出したそうか今日が誕生日だね 指の缶ビール左に持ちかえて 時を止めたあの頃は特にね 僕は無口だった大事な日も忘れるほどに 夢を追っていたやさしくもできずに 愛していた時が経つたびに悔やむよなぜ君の気持ち こわしたかHappy, Oh Happy, Your Birthdayあの日 泣いていた君Happy, Oh Happy, Your Birthday雪にそっと口ずさむよ
まるかいて ちょん まるかいて ちょんお豆に根が出て うえ木ばち うえ木ばち6月6日に UFOが あっちいって こっちいって おっこちてお池が2つできましたお池にお舟を うかべたら おそらに三日月のぼってたひげをつけたら ドラえもん
気絶の手前で十二分に蓄えたら何も残さずに また煌めき始めるcondenser baby condenser baby condenser babyプラスマイナス大好物ほうばれ誰かの電源になれるもんなら幸せ力尽きるまで 繰り返し 熱さえあればcondenser baby condenser baby condenser babyしびれた睫毛がうるさくて目を堅く閉ざしなよ 見えるよ見てみたいよ エンプ
ポケットのなかにはビスケットがひとつポケットをたたくとビスケットはふたつもひとつたたくとビスケットはみっつたたいてみるたびビスケットはふえるそんなふしぎなポケットがほしいそんなふしぎなポケットがほしいポケットのなかにはビスケットがひとつポケットをたたくとビスケットはふたつもひとつたたくとビスケットはみっつたたいてみるたびビスケットはふえるそんなふしぎなポケットがほしいそんなふしぎなポケットがほしい
どこから見たって 誰よりもクールでとろけそうにイカすだろ?わがまま放題 やりたい放題で火傷する日も近いぜ優しさなんて 知りもしないだろう意地悪さは世界一世界中のラッキー 生まれつきのラッキー全て、彼だけのもんさ!願い事をすれば どんな風も“Yes”となびくご機嫌な日々は有り難い顔色はどうだい? お望みは何だい?気がきかない奴は おしまい(Whats his name?)(Kuzco) 最高さ!
Everybody twist Theyre twistin in ClevelandIn Kansas City, tooTheyre wailin in WaldenIn Pittsburgh and
幾千もの時を超えいにしえの民の知恵我が母 良子の かぐわしい おみおつけおあげ おねぎ わかめ なめこ お麩大根 たまねぎ じゃがいも 豆腐お出汁をとって 煮え端に味噌をとくどこのご家庭でもいただくソウルフード生きてることが辛いほどの二日酔いならばしじみ 広い琵琶湖の瀬田しじみだけど 僕は 本当は豆腐 絹ごし 喉ごし 最高絹ごし 喉ごし 熱い 絹ごし森山家は絹ごし 絹ごし豆腐木綿いれるヤツは 森山
夕暮れをまとった輝きは 人ごみに消えてく触れることなかったその頬は 違う手を温めるIts time to smileIts not the time to cry閉じ込めた言葉は お互いの胸の底 落ちてくIts time to smileIts not the
愛し子よ いつまでも この胸に抱かれて 眠りなさい稚い あなたのことを もう二度と逃がしたりはしない彼女のことなら 忘れてしまいなさいざらついた猫撫で声が その耳を舐めないように咽を締めあげておいたからふたりだけでいい 他には誰もいらない私だけがあなたを満たせるわあなたの足に銀の足かせをはめましょう同じ過ちを犯さないように愛し子よ この胸に 脈打つ甘い蜜を吸いなさい稚い あなたから もう二度と目を
雨よ雨よ降らないで 雨よ雨よふらないで雨に咲いた 恋の花は静かに散ったあわずにいたかった 短い恋の命雨に咲いた 小さな恋は流れて消えた知らずにいたかった 二人の愛のさだめ雨よ雨よふらないで 雨よ雨よふらないで雨に咲いた 小さな恋は流れて消えた知らずにいたかった 二人の愛のさだめ雨よ雨よふらないで 雨よ雨よふらないでふらないで
寒すぎた冬の道 時計台も凍ってるキレかかった僕を見る 少し難しい顔で冷える朝外へ出て 君の帰り待とう足はもう動いてない 寒すぎた冬の道のせい悲しい日々は過ぎない 遠くまで行くのに降り止まない雪のせい キミはまだ帰らないどうしてここにいるの あるのはただ寒さだけ疲れてまた眠った 寒すぎた冬の道のせい寒すぎた冬の道 時計台も凍ってるキレかかった僕を見る 少し難しい顔で冷える朝外へ出て 君の帰り待とう足
Baby!Come Now 探り合う言葉Baby!Come Now 月夜にとかそうBaby!Come Now 言葉を捨ててBaby!Come Now 抱き合おう 今日はAh TonightAh UniteAh イエローのMoonlightAh Tonight愛の唄 癒えるのBaby!Come Nowヨゾラニナビク アゲハ蝶ユレルAh TonightAh UniteAh YellowのMoonlight
流行の唄も歌えなくて ダサイはずのこの俺おまえと離れ 一年が過ぎ いい男性になったつもりがそれでもこの年齢まで俺が 育てた裸の心はおシャレをしても 車替えても 結局変化もないまま早く忘れるはずの ありふれた別れをあの時のメロディーが思い出させるシングルベッドで夢とお前抱いてた頃くだらない事だって 二人で笑えたね今夜の風の香りは あの頃と同じで次の恋でもしてりゃ 辛くないのに寄り道みたいな始まりが 
Why oh why? ほっとけない振り回されてるだけなのに(Why oh why?)Why oh why? 抜け出せない超いい加減な男なのに(Why oh why?)They be like...カラダのあちこちにtattoo日サロでブロンズに焼く一番の遊びはクラブ昼と夜のサイクルが真逆使う金は湯水のようまるで Brown そう クリスの方今日もケンカして仲直り
Fu ha ha…週に一度だけ 二人だけの夜がくるかすかに残してる 彼女の匂いを無視してせつない心は 誰にも見せずにどんな無理な“かけひき”もやってのける私からは電話はしないCallが鳴っても すぐにはでないホントは 待ってたなんて言わない最後まで きっと…今もおびえてる いつか来るさよならに“ホンキ”を見せたなら それで負けなのを知ってて苦しい涙は 誰にも見せずに彼女のこと話しても 笑ってあげる
悔し涙 瞳に浮かべマジふざけんなって 叫んだ見上げた空 限りなくグレー抜け出さねばって 決めたんだ神様 オレに力くれ見返すんだって 変わるんだ過去にさよなら 全てを捨てて走り出した今が the brand new days心の奥まで 届くまでノックノックして細胞の先端まで リズムを感じShake bady最先端の服着て 鏡に映る姿見てもうひとりの自分に話しをかけそう勇気を出せ嬉し涙 瞼に浮かべやっ
だけど だけど だけど自分の気持ちを知らなきゃよかった Youre my friendこんな こんな こんな思いを誰かに聞いてほしいのに Youre My Friendいつもそばにいて 君の全部知ってるくせにこれ以上近づけないよ君と私はだって友達だから大きな声で叫んだこと 息を切らして走ったことこの街で出会って一緒に過ごしてる春も夏も秋も冬も夕焼けがまぶしかったこと 願っても届かなかったことい
まだ青くもない春の匂いがした君のフェイクファー十年くらい経った今のあなたは世界中で僕だけだよ 君の名前インターネットで未だに探してる奴はお別れ会で君にあげた粘土細工知り合い以上友達未満の精一杯だった言葉はいつも 後出しだから 涙が出るのかまだ青くもない春の匂いがした君のフェイクファー十年くらい経った今のあなたは どんな服を着てるんだろう君の声は柑橘色 茜の色夕方五時のチャイムみたいな切なくなる色計
天気予報によると 「降水確率は低く 曇りのち時々雨」待ちわびてたあの人とのデートに 申し分ないほどのお天気雨が降ると いいことがあるのわたしだけのジンクス30%の恋の雨模様お気に入りの傘 手にして出かけるの30%のあの人の心模様この思い叶えて 雨の神様出かける前はいつも慌ててばかりいるけど今朝はアラーム要らずで少し背伸びして着飾って ハートにピュアな願いを そっと重ねて雨に声がかき消されたなら も
エイヨー THIS IS A LOVE SONG FOR YOU ALL THE PEOPLEあなたを見つめてしまう そのワケ ヘイヨー マツリルカ コーミン!アイエルオーブイイーワイオーユー言いたい ウォンチュー THIS MIC FOR YOUI CATCH
てるてる坊主 てる坊主あした天気に しておくれいつかの夢の 空のよに晴れたら金の 鈴あげよてるてる坊主 てる坊主あした天気に しておくれ私の願いを 聞いたならあまいお酒を たんと飲ましょてるてる坊主 てる坊主あした天気に しておくれそれでも曇って 泣いてたらそなたの首を チョンと切るぞ
スタンドアップ!×3 スタンドアップ!×3オレ様ライド! わくわくする強敵にオレ様ライド! この力を見せつけてやるぜ応援してくれる女神のためにも一歩も引かない!負けられないぜ!かならずキメてみせる!向かうところ敵ナシ どんなヤツもチョロイもんだコテンパンにされたきゃ いつでも相手してやるぜ最強のオレと最高の仲間 世界一も夢じゃない!オレ様ライド! メラメラして腕がなるオレ様ライド! 格の違いわから
遠くへ逝くのが私のせいなら毎日だってあやまるわ飼えなくなった猫のように私は月夜に放り投げられたそれからはもう無我夢中で仕事でもほめられるほどでもまだ忘れてはいないショックと痛みにはいつも時差があるほんとに哀しくなるのは日常に戻る49日すぎからだと友達は言ったなんていい天気なの今日は立ち止まり胸を押さえたあぁ息をするのが苦しい今はまだ未定涙をみせずに決められたことこなすだけで振り回される日々に自分を
同じ服 似たような恋 着かざってうかれて誰のため 何のためなの 一人で泣いた夜信じるより疑うほうが楽で愛するよりも愛されたい誰もが寂しすぎて涙は流すもんじゃないグッとこらえてから溢れるEmotion未来は待ってるもんじゃないその足で歩かなきゃいつの日か本当の笑顔君だけのTomorrow知らんぷり 楽な選択 ぬるま湯の中で気にしてる 他人のことは 覗いたり貶したりどんなウソでも ごまかせやしない金や
はりつめた弓の ふるえる弦よ月の光にざわめく おまえの心とぎすまされた刃の美しいそのきっさきによく似た そなたの横顔悲しみと怒りにひそむ まことの心を知るは森の精 もののけ達だけ もののけ達だけUh… Uh… Uh… Uh… Uh…Ah… Ah… Ah… Ah…
“ぐぐうっ”と 心が騒ぎ出す…で、 cant fly どこまでも遠く描いたイメージと違いすぎ…ください。矯正のアプリIts my mind 止まんない鼓動はもう cant stop ここからどうするの?「地球が廻り続けるから」って吹いて、会いにゆこうかな汚れた画面に(たったひとりの特別な君)汚してごめんね(慌てて拭くトコは観せられない)溢れ出すヒカリがきっと 想い届けてくれるよフラッシュバッ
きみの中の商店街を きみがひとり歩いていたらきみの中の駅前の きみの中のキオスクのかげでとんでもない不吉なものが きみをじっとねらっていたそれは三日月 暗い目つきの月ほんとにいやな目つきのきみのあとをついてくる きみの中の路地から路地へとさてきみはついに袋小路 どこへももう逃げられないほら、いやな気分だね ほら、月が憑いてしまった暴れてももう遅いよ きみは今夜ヨコシマな月の女神になったヨコシマな月
午前二時 夜空に浮かんだ星達ふわり待宵 三五夜 照らした横顔ため息混じりの 瞳が揺らいだ君の指先触れたら 波紋が広がる探していたんだ誰も見たコトのない宇宙(ソラ)かさなる星図広げてここから連れ出して真夜中 加速してく目指す場所は君の夢の中もう迷わない「サヨナラ」答えにしないで過ぎた不安に 今矢を放て夢追い憂鬱 不穏な理由はひとり眠たい足踏み 呼吸と耳鳴り交錯する電波 サテライト飛び立つ駆け巡る惑星