恋の花咲ち志し高くいちまでぃん互に変わる事ぬさみ昔言語れなままでぃん肝に西ぬ海思いかきてぃ東ぬ雲思い乗してぃ北ぬ空ニヌファ星南ぬ天星拝でぃ夏ぬ白浜太陽ぬ下うてぃ思い思てぃ互に別る事ぬえさみ昔言語れなままでぃん肝に西ぬ海思いかきてぃ東ぬ雲思い乗してぃ北ぬ空ニヌファ星南ぬ天星拝でぃ恋ぬ白浜うち変わてぃいちゅいかながなとぅ二人やいく世までぃん昔言語れなままでぃん肝に西ぬ海思いかきてぃ東ぬ雲思い乗してぃ北
落ち込む事があれば必ず聴いていた幼い頃に誰かが唄ったMELODYお金を出しても買えないネットで検索しても出てこない頭の中で繰り返す唄は下向く君へのMELODYつらい時でも励ましてくれた口ずさんだ歌を今度は君に伝えたいまた僕から始まる心のバトンはまだ見ぬ君の元に届いてくれたならまた君から繋がる心のバトンが僕も知らない誰かの背中を押すのかなCant find it on YouTube or mixi
何時もと同じく月に翳せば色放つ不幸の箱何時もと同じ儚さを抱えて闇の混じる息を吐く飾らない言葉で 問うのなれば人は何故に生まれ堕ち 死へ向かう絶え間なく流れてゆく 時間(とき)の螺旋の中うつむく僕の背中に 君から物憂(ものう)げな でも確かな ヌクモリの雫は心に滲みゆく 夢世界の終わりに何を求める…誰も皆考えてはまるで他人事のように笑顔で嬉しそうに語ってる絶望に侵され 凍えてたのは昔『愛』と呼ばれて
夏の冒険よ借りた車で真剣ドライヴ気分最高窓開けたら想い出したの今年も野外フェス楽しくなりそうだ初めての湾岸線走る高速の入り口で迷ってる場合じゃないHappy Life いいでしょ?何処へだって行けるんだHappy Days そうでしょ?うまくゆかない日だってあるけどDriving Happy Lifeガソリンスタンド探しているあの雲のようにふわり浮かんでたいのにI LOVED YESTERDAYか
どうしてここに来たの?どうして泣いてるの?叶わない事は いくつあるの?胸に問い掛けては掻き消す小さな窓開ければ東京の物憂げなむらさきの夜空他人のようでそらすたび どこかうしろめたくて一番遠い星に願いをかけるようにあの頃はただ果てぬほど 私は私の強さを信じてた二十歳前の、カノープス幼い頃にママに 聞いた冬の神話南の夜空に 瞬く星舟達を導いた カノープスどんな些細な事も 恋をなくした日もパジャマに毛布
I never cry やめたくもないけど やりたくもないI never cry 繰り返し何度も言ってるだろう“いい子”な顔に騙された 他人ほど私を語りだすもうこの胸の感情を殺さないLET IT BE “私らしく生きる”そう決めたの誰にも邪魔させないのLET IT BE 私の中に眠る その力をもう一度呼び覚ますからI wanna fly 笑いたくもないけど泣きたくもないI wanna fly 瞳の
こだまは響く 僕の胸にそして 伝える 誰かのことでも 今は きこえない子供が跳ねる 獏(ばく)の上でそして 伝える 今朝観た夢でも 今は わからない今でも 眠ろうとする耳の中 刺さってくるのは言葉なのか ノイズなのかそれとも 形のない何か?こだまは響く 誰のためにそして 伝える 最後の鍵でも 今は とどかない今でも 寝そべっている闇の中 震えているのは不安なのか 期待なのかそれとも 縛られた自由?
太陽に向かって咲く花は誰よりも輝いてる花咲かずとも根を伸ばしゆけ名もなき奇麗な花昨日までの雨も上がり今日は晴れ渡り少し眠い目覚めぬ心 体はまた目をつむった夢を見た はしゃいでいた幼き頃の遠い記憶その瞳は輝いていた忘れかけていた太陽に向かって咲く花は誰よりも輝いてる花咲かずとも根を伸ばしゆけ名もなき奇麗な花誰かじゃないの あなた自身のその花を今 咲かせよう誰かじゃないの あなた自身のその花を今 育て
近すぎて見えない 奇蹟があるね広い宇宙(そら)の片隅ふたり愛し合えるこの時よ若すぎた恋に あぁ傷つくたびにあなただけはいつでも変わらずにいてくれたの流れ星たちが ほらこぼれてゆくよ願いかなえながら人の心へいつまでも Summer candles新しい明日を抱きしめて Summer candlesくちづけで灯(とも)すこんなに深い涙を知ったのあなたに愛されたから夏の切なさが あぁ黄昏つれて立ちどまれ
二人見てきた景色はそれぞれ違うけど同じ目線に立って歩いて行けるよ背伸びして強がって自分を飾ることしなくていいよね きっと…たったひとりの君だから自分を見失うのが恐かったあの頃背中向けていたのかな言い訳していたのかな確かに見えていたのは今日なんかじゃなくて過去だったんだね君と出逢った想いは偶然なんかじゃないから二人見てきた景色はそれぞれ違うけど同じ目線に立って歩いて行けるよ背伸びして強がって自分を飾
Slowly time is going fastTell me how long it will last?Oh well everything has
君が旅に出た それも突然こうして僕が旅から戻ってきたのにドアの向こうには もう誰もいない恋してたのは僕だけじゃなかったはずささやかで役に立つ インスタントでできた夢もコーヒーもすぐにさめなければいいなと僕は思うよそしてまた僕は 次の旅に出る例えば この空から雨が降るようにささやかで役に立つ レイモンドは語る青い空に白いシャツがあわないって事だってあるのさキミドリの庭の上 犬たちが飛び回るこんなによ
貴方の瞳が 誘ってる誘ってる 指を絡ませて貴方の吐息は 惑わせる 心までこのまま One Night Love そのまま One Night Love乱れはじめた 世界 みたい媚薬漂う 深い真紅の誘惑 奪われてShine Shine Shine My Love 胸の奥で今光る狂おしい時を この手で掴み取りたいShine Shine Shine
次のシグナル 右に折れたらあの暗い窓が 私の部屋寄っていってと もう何度も心の中では 話しかけてるけれど車は 走りつづけるあなたは ラジオに気をとられるせめて ブルーに変わらないでと願う シグナルはなんて意地悪ああ外はなんて深い霧 車の中にまでいっそ こんな車こわれてしまえばいいのにとりとめもない 冗談にならあなたはいつでも うなずくのにやっと言葉を 愛にかえればあなたの心は 急に霧もよう今夜とな
アイツなんか大キライ 大キライ もう絶対顔も見たくない もう知らない街で見かけるたびに 違う子連れてる嬉しそうに 呼び止めないで怒る私に「君って案外コンサバだ」なんてリベラルなつもりなの 無神経すぎるわアイツなんか大キライ 大キライもう絶対電話かけたりしてあげない 覚悟してねイヤな目つき ウソつき ヤミつき 開き直るその性格 いただけないいいかげん 誰かとまじめに付き合ったらどう仏の顔も 100回
送られてきた 画期的な研究のレポートに驚きそしてセンターは 送付者に賛辞の電話をすぐ掛けてみたがまさかのまさか 弱冠12歳の子供だったので何も聞かず電話をした者は 悪戯と処理をした昔先生から教えられた 辞書をとにかくひきなさいひくのが早ければ大人になった時 とても役に立つからね。とまさかのまさか その先生はスマホに依存しちゃって調べ物は全部ネットの未来を暮らすなんてね誰も責めちゃいけないよ わかん
PA・PA・PA・PA PARTY, PARTY NIGHTPA・PA・PA・PA,UNDER THE GROOVEPA・PA・PA・PA PARTY, PARTY NIGHTPA・PA・PA・PA,THE PLANET GROOVEヤツのEveryday ガンガン ラメ散らせたいならまずは自分 Youve Gotta Be Happyも一度だけ ドシテモ 振り向かせたいなら邪魔シマン Bye-by
思っていたよりは恋をするって難しくて君のこと知ろうとすればするほど分からない話しているときに見せてくれるその笑顔がかすかなこの願いを照らしているいつかは必ず…幸せはまぼろし想いは届きそうもないもしも なんて想像ばっかふくらんで理想に現実が追い付けずに置いてかれてゆく365の君を近くで感じたいだけど、臆病さが邪魔をする気まずくなればどうしようって考えてはまた日が沈んでゆく明日こそは!って繰り返し誓う
見つめてた あなたのこと ずっと前からカオスさえ漂うほどfalling loveカーラジオの音が遠くなる100℃の鼓動に逆らえないDestiny真実の私だけ もっともっと見つめて二人だけの今は… 答えなんていらないただ、そばにいればいいリスク越えてLove with you剥がされたプルトップを指にからめて悪戯に笑ってみせるけど誰かの話などしないでよ胸の隙間に砂が零れてゆくわ真実のあなたなら そっ
Indy それは私の 大切な秘密の Oh Indy果てしなく 楽になるの Oh Indyみなさん Indyを知っていますか?果てしなさから 果てしなく あなたの意識を守る Indy外部からの情報を遮断する IndyYnos社がお送りする Indy インディワイイノウにaccessを
小麦色に灼けた素肌 波にさらわれるようにあなたの腕をわざとそらし 振り向きながら泳ぐわ真っ赤な水着がめじるしなの私のこと一秒でも見逃さないであなたへのこの想い嘘ひとつないけれどまだ私すこしだけ心ためしているからクロールクロールして 私をつかまえて空と海がいま 抱きあう沖の彼方でもっとクロールして どうか揺れる愛をその胸につつんで 光る Horizon好きときいた あなたの瞳が陽射しよりまぶしくてな
愛を込めてハビビのビ 恋の魔法アイアイアイアイアイ愛を込めてハビビのビ 恋の魔法アイアイアイアイアイビビビ!と来たからしょうがない 運命みたいな出会いだしうたた寝しかけた星空に 小さな夢がキラリあぁ ドキドキよ トキめいて 切なくって アチチもう ラブラブよ 今日も(明日も)ずっと 愛を込めてKi-la-li Ki-la-li Ki-La-la La-ki-ki スキキラリンChi-la-li Chi
たどりついたら 岬のはずれ赤い灯が点く ぽつりとひとついまでもあなたを 待ってるといとしいおまえの 呼ぶ声が俺の背中で 潮風(かぜ)になる夜の釧路は 雨になるだろうふるい酒場で 噂をきいた窓のむこうは 木枯まじり半年まえまで 居たという泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせどこへ去(い)ったか 細い影夜の函館 霧がつらすぎる空でちぎれる あの汽笛さえ泣いて別れる さい果て港いちどはこの手に 抱きしめて泣かせてや
無い物を ねだり出せばただ心が ブレるだけ憧れや 嫉妬だけじゃ超えられない。 解ってる満たされることの無い日々が疑心暗鬼 繰り返す進むべきか? 戻るべきか?この心 揺さぶる悩ましく 微笑んでこの俺を惑わせる力本当の敵は今自分自身と知った心に刃(やいば)華やかな 歓声(コール)の中陰が刺す 場所を見てた辞書にある 言葉だけが全てじゃない。 解るだろう負けてなお 残せるものが俺にあると するならば攻め
じゃぁナンで あんなコト言うの泣いちゃいそうだった ほんとうはもういいよって 言っちゃったけどけっこう後悔もしてるよ愛はいいねなんて言っちゃって大切そうにしてたからねそーゆートコ ムカついてねじれただけだよ逢いたい 逢いたい すぐに逢いたいシャンプーの香りだったり新品のシューズだったりそーゆーどーでも イイコトでカンタンに元気になるのにねぇ どーして ふたりには運命っていうのがないの?何100回も
I like the way you areきっと君も気付いてるはずおかしくなりそうで outta ma mindYoure nasty girl もっと近づいたならAll nite 激しく
好きよ好きなの 信じているのだからお願い すてないであなたなしでは 生きてはゆけぬ恋が女の いのちなのたとえこの身は うらぶれようと好きなあなたの ためならば死ねと云われりゃ 死んでもいいわそれがわたしの さだめなのあなたひとりが 生がいなのになんでわたしを 泣かせるの離れたくない いついつまでもせめて生命の 果てるまでせめて生命の 果てるまで
どんな言葉より 見つめ合えば愛星くずたちさえ 何も言わず 輝くわ夢の見取図を ふたりでかくのよしあわせに続く ステージが 待っていると信じてる見知らぬ町でも ついて行くわ 離れずに長い人生で めぐり逢えた人大切な人は ただひとり 世界中であなただけ
好きだよんよんよん とまんないやぁやぁやぁ らぶパンチシャイな君の笑顔はずるいよ ずっと見ちゃうのんのんのん 負けないぞもうめっちゃ大好きだからそっとずっとそばにいてよねちょっとやばいぞlove want you センセイションbaby love dont you ハジケイションスッキ スッキ だいスッキだいすっきス 君にキッスねぇ スカート ちょい短めあん こっち向いてよもう 乙女心 わかっち
(アッ ゴヤゴヤ アッ ゴヤゴヤ)グリグリグリ グリグリグリ ぐりぐりグリーンのゴーヤーマン沖縄生まれのウチナーンチュ(ゴヤゴヤ ハイハイ ハッハッ ゴヤゴヤ)天下無敵のゴーヤーマン 滋養強壮 ヌチグスイこの海 あの海 飛び越え 野菜嫌いをやっつけてやるさおなかすいたらチャンプルー