願ってすがりつくなら選ぶ苦悩をおしえたい「ココロガ シタヲ ダシテ イルヨ」そうさ、イカレてるいくつも見た 篩いにかけた風景消え入りそうな光を求めた腕遊離する 遊離する君へ消え入りそうな希望も渡した 君が裏切った 裏切った行方「サヨナラ」最初から 失って いた最後まで 失って いた消え入りそうな光を求めた腕遊離する 遊離する君へ消え入りそうな希望も渡した 君が裏切った 裏切った行方あらゆる可能性を
Lil Mama 良ければDance With Meまだ探しているの? 生きる意味それは早めに見つけてこっちに来てよたぶん分かり易いことさ Hit Meあれには特に意味ないあの発言 ニヤリでも自分と人の距離考えたら消えない勘繰りそうさ まあ人はまずつけたいケチ可哀想とかあの人変人ミスタービーンとかチャプリン 猿を遠くで馬鹿にするくらいがちょうど面白いちょうど面白い そうさそりゃそうだ 近くに寄って
命授かり十月十日 あなたのお腹の中生まれる時までずっと僕はあなたの体の一部でした時は流れ生意気になって あなたの心配癖が少し煙たくなったりして口も利かなくなったりしたこともあったけど当たり前のように家族みんなに尽くして見守ってくれたよね大人になった今あなたの心の大きさと 無限の愛に気づきましたありがとう生まれて初めての出会いがあなたで本当によかった僕にとって一人の かけがえない温もり今こそ胸の中に
あなたの何気ないしぐさあなたの遠いまなざしやあなたの小さなひとこと何もかも 心ときめく教えて愛しているからこんなに悲しくなるのつのる想いさえたぶんあなたは知らないあなたのうつむく横顔あなたのやさしい微笑あなたの囁く言葉に訳もなく 心揺れるの教えて愛しているからこんなに悲しくなるのつのる想いさえきっとあなたは知らない教えて愛しているからこんなに悲しくなるのつのる想いさえたぶんあなたは知らない涙があふ
どして なんでなんもないって えばるんじゃないぞそんな ヒゲそって 無理してイナタイ オールバックで 無理して背中で バイク乗ってんだやっと立っていったってやったってタマの中に ビュッビュッでビュー!明日のモーニングたっぷりついて いきがって 無理してあっという間に 終わって 気にしてナイスバディーって なんなのよ ったくどうもならんわね!じゃあねー その子を鍛え直して出直してこい!それから どう
今日はなんか不思議な気分さ大きなテーマを考えたいのさそう例えば 人類の夢とか想像は果てなく続くムーンライトが照らしたいつの日かクレーターに潜ってみたり惑星を眺めつつ花を植えたいさあ行こうか 大空ワープですり抜けて 飛び出して行こうムーンライトが照らしたいつの日かクレーターに潜ってみたり惑星を眺めつつ花を植えたい
毎日同じ場所 あなたを待ってる冷えたビルの壁 どしゃぶり雨でも恋する気持ちめげないもっと 激しく確かめたいだって Im in love 本気で好きあなたに会う その瞬間にIm in love この心が砕け散ってしまってもいいあいさつのようなキス 好奇心だけで誰かとかわしても 心動かないなのにあなたは ほんの一瞬笑顔で 私 泣かすそうよ Im in love どうかしてるみじめなほど 生きてる
Born in the EARTH 何億光年の時を超えて僕ら出逢えた この奇跡その背中には何を背負う? 君が託された未来風を求めている翼が 高く高く広がってゆくCan you hear voices of a dream?その夢が 僕らを繋(つな)ぐ絆だから 煌(きら)めいてBorn in the EARTH 何億光年の時を超えて僕ら出逢えた この奇跡Born in
世界じゅう ちらばる無限のStar…究極のネ申ゲー探しにStart!女神が ギガ テラマジになっちゃってどうしたの夢中! 熱中! Get you! I do!恋構想 熱暴走Here we go! Good to go! ネプテューヌわたしつよくてニューゲームHere we go!
ご機嫌さんよ 達者(たっしゃ)かねおらも父(とと)さも 変わりなく朝もはよから 畑仕事月のデッキで故郷(ふるさと)しのび 読み返す母の 母のたよりの あゝ なつかしさご機嫌さんよ 達者かねことしゃ実りも 豊作で村は祭りの 笛太鼓書いた手紙にあの娘(こ)の写真も 添えてある母の 母のやさしい あゝ 故郷(くに)だよりご機嫌さんよ 達者かねぼくも返事に 書いている幼なじみの 故郷(くに)だより波を枕に
今日も元気に1日を始めよう 深呼吸してお気に入りの真っ白スニーカー どっちへ行こうかなあたたかい笑顔につつまれて はじける時間は 最高の幸せ走り出すこと ちからにして向かい風でも 突き進んでく負けない強さをくれたから必ずゴールへ 飛び込むんだヤッホー ヤッホー いつも 君の空が 晴れますように
僕の大事な姉さん 明日お嫁に行ってしまうよ姉さん もうよその人いつかこの時が 来ると解っていたけどやっぱり涙こぼれて泣きたくなるよだから僕の姉さん 幸せになってね僕の新らしい兄さん どうぞよろしくたった一人の姉さんを 可愛がってねもしもけんかしたら 僕が承知しないよ二人で仲良くいつまでも暮して欲しいよだから新らしい兄さんこれからもずっと兄さん僕の父さん母さん 涙かくして一人娘が晴れて 嫁いで行く日
Lovin you is easy cause youre beautifulMakin love with you is all I wanna
yai yoi ya hayai yoi ya hajumala rupeama killhottumisenYon yli kuu pimeta Valituslauluye, Laulu
抱え込んできた沢山のReasonあなたとはただすれ違う Rhythm聴こえる? 私たちの音が歪む日が沈む そしてまた気付くWe look 互いを見ぬく分かり合えればしばられぬ自由I see you しかめっ面の理由あなたとは違う I can pretendBut I know deep down in my
ねぇ またそうやって 僕の顔色伺って傷付けない様にって言葉探してるでしょ「信じ合えないのは...?」君のせい?「信じられなかった...?」僕のせい。僕が笑う度に君は寂しそうな顔してる僕が辛い時君は笑えているかい?そう また僕は君の言葉から逃げて君の傷を深めて君の居場所 奪ってた「気付いてやれなかった?」そうじゃない「気付かない振りして」逃げてるだけ...何度も聞こえた僕を呼ぶ君の声僕はまた耳を塞ぎ
Someone told me “Dont lose yourself”I told you “Dont lose your mind”If you cant
幾度幾千 風雪耐えて今じゃ立派な 立ち姿これが生きると いうものさ次の時代を 盛り上げて若いいのちを 明日に繋げ年輪重ねた 千年桜目には見えない 根っこの強さ夢を叶える 力になれと春夏秋冬 大空に両手広げる 勇ましさ見れば涙も 吹っ飛ぶだろう年輪重ねて 千年桜歴史伝わる 両手に余る幹の傷あと 語る樹は負けちゃ駄目だと 叱るよにいつも見守り 励ましてくれる気がして ありがとう年輪重ねた 千年桜
No ghost owns all shellsNo ghost owns all shells, noNo ghost owns all shellsNo
疲れた夢を抱いて 最終のバスに乗る umm埋もれるように座り込んで 君からのメール読むよbaby E-mail from you思い出しては何度も 繰り返し見ていたら思わず my heart こぼれた umm 涙 yeah…どこまで行けば たどり着くのか不安ばかりで わからない時その笑顔 想うDear friend 誰だって弱くって うまくいかないけど明日に きっと届くからDear friend 
りりりりした街で もじもじしないように死んだらどうなるかとか 自分を脅してるきっと死ぬ時痛いから ちょっと元気な今ならあるあるおまじないで 自分を歩かせようあーでもないこーでもない 人間はめんどくさいパーでもないグーでもない 悩んでばかりいますあーでもないうちにほら 人間はあっさり死ぬとんでもない事だけど 人間はいつか死ぬりりりりした街で 閉鎖された心はカーテンすら開かない だからこじ開けるんです
空を翔る光の翼 時を越えてゆく遙かな思い失くせないよこの温もりを ずっと未来まで伝えてゆこう指先に絡みつく 赤く燃える運命今こそ 解き放とう 二人の為に描いてゆきたい明日を その胸に強く秘めて今はただ 自分だけを 信じ戦おう永遠に成れなくていい 掌の中の愛を抱きしめあい 紡ぎ合おう いつでも隣にいるから叫ぶ心痛みに震え だけど絶対に離さないから心を捕えてゆく 旧き日の戒め今こそ打ち破るよ 真実の強
ドミノ倒し この状況には お似合いな言葉狂い出した 日々の歯車に 首を傾げた転がる地の玉の上 ピエロは笑う陽の当たる場所まで どうか君よ そのままでいて零れかけてた夢 探し求め この刹那の 先まであの日きみは 暮れる空仰ぎ 涙を見せたねいつも強い きみの弱音に 胸が痛んだ転がる地の玉の上 僕は生きよう天幕に抱かれた サーカスには 終わりが有るけどきみと僕の歌は 終わりの無い 連鎖だと 信じてA certain
泣かないで…なんて言わないけれど寒い夜ほど優しい朝は来る泣き顔を膝の上に乗せ 失くした恋を悔むけど傷を負うくらいに人を愛せた君は誰よりも素晴らしい淋しさを手にしてる口笛吹いたら君も分かるよ明日はきっといい日にきまってる踵の下のこの星も 遠くから見れば光ってるそんなに辛いのも優しい証拠なんだ痛んでるその場所が君の魅力のすべて泣かないで…なんて言わないけれど夜明けは長い夜ほどまぶしい口笛吹いたら君も分
They are born to die[They are born to die]Gonna beat him up,Gonna beat him
I know happy holiday,happy holidayいつもの場所にて集まれっI say happy holiday,happy holiday話して今日はなんでも Happy time噂のチョコレート (おーいしい!)並んでみたよ (とろけるね)ほろ苦さと恋と (いっしょ)だから だから 甘くせつなくいまが全てそれなのに過去が軽く気になったヘンだ そうだ 私らしくないよヘンだよちょ
年甲斐ない 関係ない 限界なんてない今夜 どこから聞こえてくる いかしたビートがいたたまれない気持ちは ここにぶちまけな!今夜 どうにか変えてみたい ちっぽけな世界現実なら 変えられるさ 腰を揺らせ!自分に叫べ All right!駆け引きなど必要ない今宵 その夜 Rockn
もう 時代に期待しない人々はメランコリックなベールにくるまる気持ちだけ先にride onライオンだって独りじゃ狩りはしない群れているよ 知らぬまにもう 地上は無情 探求するべきシーンはないミュータントワールド Im so tired nowしかしさよならはまだ早いかもしれないこの先何があるかなんてまた 想像して終わりが欲しいからかたちが欲しいからたてがみ燃やして 夜を駆け抜け終わりが欲しいからか
あんなにも夜更かしをしていたのに繰り返し朝は早いものですアパートのそばにあるキンモクセイこの街も秋の香りなんでも かんでも 好きにできます迷惑なんてかけていないと思っていました本当は変わっていくことで 変われずいることで心配かけていることも気付いていました気休めみたいに言う“大丈夫”黄昏の窓際に寄り添えば広いグラウンドが見える部屋ですはしゃぐような子どもたちの笑い声心地よく思ったりしてなんとか か
ずっと探してたものがどこにあるか 見つけられるわけない風が吹き上げるずっと愛してるっていう君の瞳の 光る色が少しずつ変わり始めてた信じられてたもの全てウソでも時計の針は容赦なく進み続ける優しい声 空のもっと 向こうから 響いていた消えかかった 想いの中 その声は笑っていた探してた 忘れかけてた 遠くから 光ひかるその光 強くできるの 自分だけ 僕だけ望み託して託されて取りあえず誰かのせいにしたりや