翼よ、暁を渡る誓いの中で。 — Zahre

全てを包みこむ闇が優しいと
いつから考えるようになってしまったのか

やがては消える痛みならば
自ら傷を付けて
あの日の嘆き思い出そう それが生きる意味と

生まれることで
ひとは悲しみの中を 歩き続ける
長く道は途切れない
だからせめて強く 誰かを守れるように
だからせめて強く 大きな翼で守りたい

希望が揺らめいた空が暁へ
見つめる私たち 離れる定めも知らずに

始まりかけた幸せにも
時間の刃が降りて
あの日の嘆き繰り返すよ それが生きる意味と

願いのために
ひとは苦しみの中で もがき続ける
熱い涙そのままに
ならばせめて強く 誰かを守れるように
ならばせめて強く 崩れぬ誓いで守りたい

冷たかった 身体も心も
凍りそうだ 肩を自分で抱いてても

生まれることで
ひとは悲しみの中を 歩き続ける
長く道は途切れない
だからせめて強く 誰かを守れるように
だからせめて強く 大きな翼で守りたい