ワンルーム — yonige

あげっぱなしの便器がやけにリアルで恥ずかしくなった
君を泊まらせた後の誰もいないワンルーム
こんな気持ちになるのは今だけなんだけどな
やけにずっと待ちわびてる0.2秒の振動を

綺麗に畳んだ寝巻きと
少しずれてるこの気持ち
君が悲しく笑うから
それでもいいって思った

そんなのやっぱ忘れさして
今は君を想いたいよ
明日なんてどうだっていいよ
ずっとこのままいれるように

ずぶ濡れになった洗濯物
じめっとした夏の匂い
数だけ増えてく約束が
倒れて潰されそうだ
懐かしいドラマ再放送
あれって独り言が響く
ねえ、今何考えてる?

君が悲しく笑うから
それでもいいって思った
君の一番になれないけど
君もわたしの一番じゃないよ

そんなんやっぱ忘れさして
今は君を想いたいよ
絶対なんて嘘だった
今は君に優しくしたい