She ~キミが最初でよかった~ — WEAVER

本当の気持ちを言葉にするのに
僕達は不器用で
愛する歯がゆさを知ったのはいつだろう
初めからあった訳じゃない

愛した人よ
遠い記憶の隅から
キミがそっと照らす光で
景色が色付いていくんだ

誰かを愛すこと
キミが教えてくれた
今でも僕は人を愛し
大切にできるよ
もしいつか会えたなら
言葉じゃ足りないから
心を込めるよ「ありがとう」
全部キミが最初でよかった

夜を朝焼けがゆっくり溶かすように
僕達は絡み合って
それぞれ違う心臓を持っていても
あの頃は一つだった

遠くの街の
新しいキミの恋も
今の僕と関係ないけど
感謝をしなきゃいけないな

抱き締め合う度に
幸せになれるんだと
あの時知ってから僕は
何度も何度でも
欲しがってしまうけど
抱き締め合うだけが
愛じゃないことを知ったのも
全部キミがくれたものだったよ

季節は繰り返し
キミの声もうすれて
それでも今も好きな街や
口ずさむメロディーに
キミがいる
いつまでもずっと

誰かを愛すこと
キミが教えてくれた
明日も僕は人を愛し
生きる力になる
もしいつか会えたなら
言葉じゃ足りないから
心を込めるよ「ありがとう」
全部キミが最初でよかった