雪のアスタリスク — TRIPLANE

オリオン座が最近綺麗に見えて
東京にも冬がやって来た
天気予報じゃ まだ癖が抜けなくて
地図の端っこの雪だるまを見てしまうんだ

生まれた街の風は冷たくて
君の手はきっとかじかんでいるだろう
それなのに僕らの距離は遠くて
何も出来ず ただ空を見上げるよ

君に逢うだけで世界が晴れて
君に逢うだけで温かくて
冬の寒さの意味を
二人の距離の意味を
君がいつも教えてくれるよ
当たり前の言葉に笑えて
当たり前の景色で泣けるのは
君とだから 君とだから
僕は僕のままで居られる事に気付いた

手稲山に白い雪を冠せて
北風は僕まで届くんだろうか
膝丈まで埋まった赤いテレビ塔
イルミネーションの光
アイスバーンの匂い

空から降りてくる雪を手ですくって
指先に乗った小さなアスタリスクを見付けて
「二人を繋ぐ星になれば良いのにね」って
泣きたいのに笑う君を抱き締めた

24時間君を想い続けて
それでも距離は変わらなくて
信じて すれ違って
挫けそうになった時も
その笑顔が僕を支えてる
当たり前の言葉に笑えて
当たり前の景色で泣けるように
君とだったら 君とだったら
僕は どんな現実も
乗り越えて行ける気がするんだ

僕は譲れないものを抱えて
それでも君を守りたくて
埋もれそうになりながら
もつれた糸を手繰って
幸せの光を探してる

君に逢うだけで世界が晴れて
君に逢うだけで温かくて
冬の寒さの意味を
二人の距離の意味を
君がいつも教えてくれるよ
当たり前の言葉に笑えて
当たり前の景色で泣けるのは
君とだから 君とだから
僕はこの距離を越えて
迎えに行こう
ほら 未来はすぐそこに