初めてのクリスマス — TRIPLANE

暖かくて乾いてる部屋と
慣れてないキャンドルの灯が
不思議な世界を創り出して
ついさっきまで繋いでいた手も
何となく照れちゃって
もう元には戻せないんだ

窓の外は雪が降って
「出来過ぎだね」ってはにかむ君
初めてのクリスマスを
その笑顔が彩って行く

今日なら君との距離が縮まりそうで
想いは壊れる手前まで膨らんでるから

明日はきっと元に戻るんだろう
刻む音もリアルに
生々しい時の流れ

何かを待つ お互いを
静寂がより煽ってる
鼓動にも手が届きそうな
君の肩を抱き寄せるんだ

柔らかな温もり
震えてる手で確かめて
いつまでも消えない
大切な日になりそうだね

こんなに君との距離が縮まるなんて
いつまでも消えない
大切な日になるだろう
今日なら言えるさ
恥ずかしいどんな言葉も
いつまでも僕らの
大切な日にしたいから