Neighbor — TOKIO

何時か忘れる 昨日の夢みたいに
揺れているの
こうして僕は 遠い複雑な世界へ
溺れてくの

これからどのくらい
傍に居たいと泣いてくの

ずっと隣で唄っていたいよ
声がかれるまでは
聞こえてるのかいこの声は…

何時か二人で 未来を語りたい
愛して急がず

例えばどのくらい
僕の為に失える

何時だって僕は強がるんだよ
素直にもの云えない
こんな僕を笑ってくれよ そこで…
ずっと隣で座っていたいよ
夢見る時までは
どんな事だって覚悟して…

その赤い目(ひとみ)は
涙を流したの CLOSE YOUR EYES

ずっと君だけ信じていたいよ
涙かれるまでは
こんな僕に笑ってくれよ ここで…
ずっと君だけ見つめていたいよ
何も見えなくなれば
全部君のせいなんじゃない…
そうなんじゃない