SOLDIER SONG — THE WILLARD

いつの間にか消え去る影を探して走り続け、
訳も分からず戦いの中
敵に後は見せられないよ

おまえによく似た兵士は囁く
幻の戦場で敬礼をかわすさ

飼い慣らされた時の流れに
我を忘れて しがみ続け
気が付いたなら そこは 墓場さ
手筈ず通りに 生きてきたのさ
おまえにふさわしいのたれ死にの場所に
犬のようにさえも死ねることはない
もう一度 立ち上がることも出来ない今
おまえは 消え行く
幻影を 狙い撃つ 最後の戦士へ