遠ざかる想い出に 咲く花はただ美しく掌に咲く花は なぜかいつも儚い祭り太鼓に 笛の音騒ぐ心のゆくままに春も夏も秋も 白く染まる冬もあなたの知らない道を探して朝も昼も夜も 暁月夜(あかつきづくよる)ももう一度めぐり会う旅に出る遠ざかるあの夢に 舞う鳥はただ誇らしくもう一度やり直せたら もう一歩 歩けたら川を流れる彼岸花残る我が身の葉を知らず春も夏も秋も 白く染まる冬もあなたの知らない空を見上げて朝も